占い暦574 暑中お見舞い申し上げます

丁酉年 丁未月 乙卯日 曇り 「カップの7・逆位置」

 

四柱推命講座の受講生のYさんから暑中お見舞いのはがきが届いたので、僕も暑中見舞いのはがきを買おうと、郵便局に行くと、なんと、机の前面で大きく売り出されていたのは、残暑見舞いのはがきでした。

 

これからさらに暑くなるはずなのに、もう残暑見舞いとは、いくらなんでも早すぎます。

 

郵便局の人に、「今、出すべきはがきは、もしかして残暑お見舞いなんでしょうか…」と尋ねると…

 

「暑中お見舞いの印字がされたはがきが売り切れてしまったので、ディスプレーを残暑見舞いのはがきにしていますが、まだ、暑中お見舞いで大丈夫ですよ」と、教えてくれました。

 

いろいろとネットで調べてみると、暑中お見舞いと残暑お見舞いの切り替えは、どうやら立秋(おおよそ8月7日)からというのが、一般的なようです。

 

なるほど、立秋を迎えて、月支が「申」の金の十二支になってしまったら、どんなに暑かろうが「残暑お見舞い」という訳なのですね。

 

秋なんてまだまだ先の事だと思いきや、よく考えてみたら、もう10日余りで立秋…

 

本当に早いものです。

 

このままでは、一年もあっという間ですね。

 

まずは、3日後の「浅野太志 in 山梨 タロット☆セミナー」の準備を急がなくては…

 

時間において行かれないように、頑張ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年7月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi