占い暦420 ミクロでありマクロな存在

丁酉年 壬寅月 辛巳日 曇り 「ペンタクルスのエース・逆位置」

 

2月も、あと1週間で終わり…

 

まだまだ外は寒いとはいえ、少しずつですが、確実に暖かくなってきているのを感じます。

 

時が過ぎるのがあっという間で、本当、この分だと、人生もあっという間に終わってしまいかねないと思う、今日この頃です。

 

例え、長生きした所で、人の一生なんて100年前後ですから…

 

とはいえ、例え自分の人生が100年後には終わっていたとしても、この世界も宇宙も永久にそこに存在し続ける…

 

現代の宇宙論では、宇宙はビッグバンで誕生して現在まで、約13,799,000,000年の年月が経過しているとの事です。

 

我々が体験できるのは、生まれ変わりを考えずに人の一生が一度きりだと仮定するならば、この138億年の中のほんのわずかの100年足らずです。

 

人の人生なんて、地球や宇宙の歴史なんかに比べれば、刹那の中の刹那という事になります。

 

話は変わりますが、我々一人の人間の身長は、だいたいの人が、1m~2mの間ぐらいだと思います。

 

それと比べて、地球の直径は、12,742,000mです。

 

宇宙の直径(今現在、観測可能な…)ともなると、93,000,000,000光年となります。当然ですが、もうmでは表わせません(笑)

 

地球と宇宙を、さらっと2つ並べて書いてしまうと、何だかよくわからないのですが、地球は、宇宙の中では、本当に本当にゴマ粒みたいな存在です。(詳しくはこちら

 

本当、人間ってミクロだなあと思います。

 

でも、考え方を変えてみたら、我々はこの大きな地球や宇宙の一部である事も、事実です。

 

「自分」というものに縛られると、ゴマ粒でも、パッと周りを見渡したら、マクロな存在にもなれる…

 

まあ、そんな理屈を言った所で、何かが変わる訳ではありませんが…

 

昔、僕もふとした瞬間、自分がこの目の前の景色とつながっているみたいに感じた時、すごく幸せに満たされた記憶があるんです。

 

あれはパリにいた時に感じた、初めての経験でした。

(2012/4/22ブログ 「パリに行って変わった事」 参照)

 

もちろん、その時の感覚が、これまでずっと続いている訳ではなく、またいつもの現実に引き戻されてしまったりしている時の方が多いのですけど(笑)

 

でも、頑張って、時々思い出してみる事にします。

 

ミクロであってマクロな存在…

 

みんながそんな自分に気づいた時、自然とこの世界も素敵に変わっていくのかも知れません。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年2月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi