占い暦417 良書は、古の叡智を授ける

丁酉年 壬寅月 戊寅日 雨 「ペンタクルスのキング・逆位置」

 

ここの所毎日、四柱推命講座の準備の他に、鑑定が立て続いていて、時間に終われるように過ごしています。

 

僕は本を読むのが大好きなのですが、ここ最近はじっくりと本を読む時間も作れずにいます。

 

少し言い訳すると、いろいろな文章の直しがたくさんありまして、このブログ自体も、問題や間違いがあると、後から訂正したりとかしていますし、これに講座や鑑定が重なると、少なくとものんびり遊ぶ時間というのは、ありません。

 

それでも、全く本のページをめくらない日というのは、多分ゼロと思います。

 

僕は夜眠る時に、本のページをめくって、そのまま眠ってしまうという生活を繰り返していますから…

 

こういう時は、小難しい本が良いですね。

 

すぐに眠くなりますから(笑)

 

隙間なくぎっしりと小さな字が詰め込まれているような本は最高です。

 

僕の持っている本は、占いの専門書から、歴史の本から、ハウツー本まで幅広いのですが、結構高価な本も多いんですよ。

 

一番高い本は、板橋十条の鴨書店さんで、3万円で買った本ですね。

 

とはいえ、それだけのお金を出しても、買って良かったと思う良書というのもあります。

 

逆に、800円でも高いと思ってしまう本もあります。

 

まあ、これは人の価値観によって、良書の定義も違ってきますから、何とも言えないのですが…

 

良書というものには、古の叡智がたくさん詰まっています。

 

なるべく時間を作って、たくさん本を読もうと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年2月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi