占い暦387 成長しない人なんていない

丙申年 辛丑月 戊申日 晴れ 「恋人・正位置」

 

冬、まっさかり…

 

朝、鷺宮の自宅から、中野坂上のサロン ド シルフィーユに向かう道のり、たくさん着こんでいるにもかかわらず、凍えそうになりました(笑)

 

今日は、サロン ド シルフィーユにこもって、お弁当を食べながら、明日からの「四柱推命講座・中級編」の構想を、ひたすら練っていました。

 

その合間に、毎週木曜日更新の、インターネットラジオ「赤裸々にさせて♡」の最新の放送(#62)を聞いてみると、お二人から、僕の事をすごくほめて頂いていて、なんか照れ臭くなりました。

 

高天麗舟先生美倭古さん、本当にありがとうございました(^^)

 

あれはちょっと、ほめ過ぎですね。

ちょっと、調子にのってしまいます。

 

でも、やっぱり嬉しいですね。

(ちなみに、今回の放送の「確かめあうのなら、ただ抱きあいましょう」も、僕の大好きな曲の一つです。)

 

僕も今でこそ、こんな風に、何となく宙に浮いているような生き方をしていますが、昔は、ものすごく利己的と言いますか、狡猾で、悪知恵を巡らすような性格だったりしたんですよ。

 

多分、僕の生年月日時を見ると、やっぱりそういう感じの性格が、導き出されると思います。

 

四柱推命でも、水の五行の比劫大過ですし(笑)

 

占い師さんで、僕のような命式を見ると、「この人は、見かけにはわからないけど、本当は腹黒いんだ」みたいに決めつけてしまう人も、きっといると思います。

 

でも、それは違うと思うし、僕はやっぱり、生年月日時だけを見て、人を決めつけるような占い師にはなりたくないと思う…

 

もちろん、生年月日時の中で、その人の生まれながらの性質が出せる事も確かです。

 

それでも必ずしも、「その生年月日時の性格=その人」とはならないと思うんですね。

だって、人というのは、どんどん成長していくのですから…

 

もちろんそれでも、生まれながらのその人の特性というものはありますが、それはだんだん、昇華した性質のものに変わっていくはずです。

 

それで、人間が手っとり早く、自分を成長させる方法は何かと言ったら、ちょっとキツイ方法ですけど、自分の中にある、認めたくない醜い自分の存在を、受け入れる事ではないか… という気がするんです。

 

僕も以前、ちょっとやってみたのですけど…

(2012/7/20ブログ 「いざ、内面の旅へ」 参照)

 

これができないでいると、その自分の醜い部分が、ずっと心の中の深い部分に潜んだまま、幅をきかせる事になります。

 

そして、「自分の心には、そういう醜い部分は存在しないのだ」と思い込むようになってしまうと、もう大変なんですね。

 

例えば、狡猾な自分の存在を、認める事ができないで、「自分の心には、狡猾な部分は一切存在しないんだ」などと思いこんでしまったなら、無意識のうちに、本当に、狡猾な自分に支配されてしまうようになります。

 

だいたいこういう状態の時には、狡猾な行為をする人間を目にした途端、異常なくらいに怒りがこみあげてきて、ずっと頭の中から離れなくなったり、時が過ぎてもいつまでも、その相手を憎しみ続けてしまうような事にもなりかねません。

 

もちろん、誰だって、狡猾な行為をしている人間を見れば、怒りがこみ上げてきます。

むしろ、そうでなければなりません。

 

でも、その腹立たしい気持ちがいつまでたっても続いて、心から離れなくなるような場合には、自分の心の中にも、そういう部分があって、それを認められないで心が葛藤している可能性を疑ってみる必要があります。

 

こういう時というのは、皮肉にも、自分で知らず知らず、周りから見たら狡猾だと思われるような事を、平気で人にやってしまいかねない危険があるんですね。

 

「うそつきは、絶対に許せないんだ」と主張する人ほど、うそつきだったりする… みたいな事は、世の中に良くある事ですけど、まさにそんな感じなのかも知れません。

 

こんな状態に陥れば、人はどんどん離れていくし、間違いなく運気は停滞してしまいます。

 

僕もこんな経験を何度も繰り返したので、良く分かるのですが、こういう状態の時は、ほんの些細な事で、腹が立ったり、打ちのめされたりします。

 

それにこんな風に、自分の心の中に潜んでいる醜い部分を、どんなに否定した所で、嫌悪した所で、それが消えてなくなってしまうという事はないんですね。

人の心というのは、深い部分でみんなつながっていますから…

 

だから、解決の方法としては、そういう醜い部分が自分にある事を、素直に認めて受け入れる事だったりします。

 

勇気を出して、「ああ、自分の中にこういう醜い部分もあるんだな…」と認めて、その感情を許せるようになると、人に対しても寛容になれるし、いつまでも誰かの悪口を言い続けて、時間を無駄に過ごすような事もなくなります。

 

もちろん、自分の中に醜い部分があるという事を認めたからといって、開き直って、その感情に振り回されてしまえばいい、という意味ではありません。

 

自分の醜い部分の存在を認めた上で、「そんな自分に、絶対に振り回されるものか」という、強い決意で、自分の行動を決める事こそが本当に大切になってきます。

 

そうやっていると、以前はすごく気になっていた、自分の中に存在するその醜い部分が、だんだん小さくなって目立たなくなっていくんですね。

 

ところが、「最初から、そんな醜い部分は自分には無いんだ」などと無理やり思い込もうとすれば、自分自身も相当苦しいし、知らず知らずに抑え込まれた醜い部分を、外の世界の誰かに投影させてしまう事で、人の悪口を言い続けるような人生になりかねません。

 

とはいえそうやって、悶々と心を葛藤させながら、誰もが成長していくのかなあ… なんて、僕もちょっと、いい気になりながら、何となく悟ったような気になっています。

 

成長しない人なんていない…

 

誰もが、どこでどう化けるかなんて、まるでわからないし、誰もが、無限の可能性を秘めているから、今の状態だけで、目の前の人を決めつける事なんてできない…

 

まあ、あんまり考え過ぎないで、気楽に自分を成長させようと思います(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦386 久しぶりの二黒土星会

丙申年 辛丑月 丁未 曇り 「女帝・正位置」

 

今日の夕方、サロン ド シルフィーユで、笹木龍一先生とお会いして、仕事の打ち合わせをしてから、二人で、笹木先生があらかじめ予約してくださった四谷にある居酒屋「のどくろ」に向かいました。

 

 

ここで、アニキも交えて、「二黒土星会」を、開催する事になっているのです。

 

「二黒土星会」… それは、今から2年前の2月28日に、僕が初めてお二人からご招待いただいた会合です。

(2014/3/1ブログ 「出過ぎたクイは打たれない」 参照)

 

参加資格はただ一つ、本命星が二黒土星であるという事。

 

その後も何度か、この二黒土星会は開催されたのですが…

 

とはいえ、別にこの会合に、特別な目的や趣旨があるという訳ではなく、3人でお酒を飲むという事以外は、とりわけ何も決まりはありません(笑)

 

という事で、「飲み放題コース」で、久しぶりに盛り上がりました。

 

例のごとく、アニキはシャイなので、写真にうつりたがりません♪

 

2年の間に、お互いの環境が本当に変わりました。

 

笹木先生は、その間に出版もされて、押しも押されぬ方位学の権威になっていました。

 

僕は生活がすっかり安定して、2年前の状況とは、まるで違ってしまいました。

 

アニキは、中々勇気を出して、最初の一歩を踏み出せないでいるのですが、かもし出している雰囲気が、とても素敵になりました。

 

これも、笹木先生の十干十二支気学の方位効果のお陰かも知れません。

 

本当に久しぶりに、楽しい息抜きになりました(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦385 みんなで一緒に分かち合えたら

丙申年 辛丑月 丙午日 曇り 「世界・逆位置」

 

今日は、新たなプロジェクトに向けて、お世話になっている何人かの占い師の方とコンタクトを取りました。

 

まずお昼は、サロン ド シルフィーユで、Robin先生とお会いしました。

 

Robin先生は、丁度、北海道の網走に、十干十二支気学の吉方位旅行に行った帰りで、網走の入浴剤をおみやげに頂きました。

 

このパワーがすごいです。

 

普通、よりによってこの真冬の1年で最も寒い時期に、よりによって日本で最も寒い場所であろう網走の地に、こんな旅行を敢行する人はいません(笑)

 

きっと、その分の大きな運気をつかまれたはずです。

 

Robin先生とお会いした後、今度は久しぶりに、更紗らさ先生とお会いしました。

 

更紗らさ先生は、いわず知れた大人気の有名占い師ですが、今回、その場のお話のなりゆきで、そこにいる人達の数秘術をやって頂ける事になりました。

 

数秘術は生年月日の数字を簡単な計算をしてナンバーを算出するのですが、更紗先生の扱う数秘術は、よく知られているようなありきたりの数秘術ではなく、本当に細かくその人の性格や思考傾向、過去に持っていた考え方やトラウマ、その人の体の特徴さえも当ててしまいます。

 

たまたま、そこに居合わせた僕を合わせた3人の事はもちろん、実際にそこにはいなかった人達の事までも、見事に百発百中でした。

 

あまりの細かい描写と的中率に、思わず驚愕しました!

 

更紗先生が帰られた後、今度はしばらくして、長野のみずぽんさんから、電話がつながりました。

 

といっても、もう、みずぽんさんは「長野在住」ではないのですね。

 

東京在住です。

 

1月7日に、東京に引越してこられたのですが、ブログも「近所の集会所」から「大部屋のストーリーテーラー 」になっていました。

 

やっぱり、占い師関連のお仕事で成功させるとしたら、上京するのが最も手っとり早いです。

 

みずぽんさんの声は、元気いっぱいで、これは間違いなく東京で成功するに違いない… と直感で感じました。

 

縁のある人が、みんなで、お互いに高め合って協力し合って、幸せを分かち合えたなら、本当にいい事だと思います。

 

そこには、利害関係の駆け引きも、下心もなくて、ただ純粋にお世話になった人が幸せになってくれたらいい… そんな気持ちの人が集まったなら、きっと、お互いが高め合っていく事ができると思うんですね。

 

僕の回りにいる人は、みんな、そういう人ばかりだから、一緒に話していてとても楽しいです。

 

さあ、明日からもまた頑張ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦384 自己評価と人からの評価は全然違う

丙申年 辛丑月 乙巳日 晴れ 「ペンタクルスの10・逆位置」

 

今日は、四柱推命の音声講座の収録の為に、真藤昌瑳熙先生が、素敵なお客様を連れて、サロン ド シルフィーユにお越しになりました。

 

それで今回、収録する詳しい講座の内容は固まっていなかったのですが、とりあえず練習も兼ねて、固まった所だけ試しに収録してみようという流れになりました。

 

練習も兼ねて… という事ではあったのですが、「本番スタート」と言われると、やっぱり緊張しますね。

 

何回も取り直してみたのですが、「やっぱり、今回の収録はダメですね」という事で、ボツになりました(笑)

 

真藤先生がおっしゃるには、自分でうまく話せたと思うような時は、きちんとしゃべれてはいるものの、面白みがなくて収録としては使えない事もあるし、自分では全然うまくいっていないと思っている時でも、かえって臨場感があって面白い収録になっていたりするという事…

 

つまり、自己評価と人からの評価は全然違う…

 

前回・前々回の「赤裸々にさせて♡」の収録の時も、案外そうだったのかも知れません。

 

福岡で活躍する「踊る占い師」ソフィさんも、この放送を聞いてくださっていたのですが、今日のソフィさんのブログの感想を読んで、改めてそう感じました。

 

踊る占い師ソフィ 1/18ブログ「赤裸々にさせて♡。」

http://ameblo.jp/odoru88uranaisi/entry-12239097790.html

 

僕自身は、「自分がモゴモゴしゃべっていた」とか、「調子にのりすぎた」とか、自分のしゃべりの事ばかり気にして、ひたすら後悔していたのですが、それでも放送そのものは、まるで「ジェットコースターに乗ったみたいで、ワクワクする」という事にもなる訳で、僕がモゴモゴしゃべろうが調子に乗ろうが、聞いている人からしたら、そこはあまり重要ではない…

 

なんだか、自分のちっぽけな観念が破れた気がしました。

 

今回の音声講座の収録にしても、「赤裸々にさせて♡」の収録にしても、僕は自分自身のしゃべりの事ばかりとらわれ過ぎて、全体の事が見えていなかったな… と改めて思いました。

 

まあ、収録だけに限らず、自分が手がける仕事の全てにおいて、これはいえるような気がします。

 

主観を捨てて、自分の事をちゃんと客観的に見られるようになったなら、もっといろいろと見えてくるのかも知れませんね(^^;;

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦383 人に何かを与える人生

丙申年 辛丑月 甲辰日 晴れ 「運命の輪・逆位置」

 

今日も、外はとても寒いです。

 

サロン ド シルフィーユで、お一人の素敵なお客様を鑑定させて頂いてから、溜まった仕事をこなしました。

 

千葉県のHさんから、素敵なプレゼントが届いていました。

 

 

なんと、ビールの詰め合わせ24缶セット…

 

これは、とっても嬉しいです。

 

4種類のビールが合わさっていて、これなら、その日の気分で好きなビールを選んで飲めます。

 

仕事が終わってから、家でする晩酌が楽しみです。

 

Hさん、本当にありがとうございました。

 

それにしても、僕はいつも周囲の人から、たくさんの物を頂いたり、たくさんのお仕事のチャンスを与えられたりして、その結果今の自分があります。

 

だから、本当に心から感謝しています。

 

でも、最近思ったのは、ただ感謝しているだけでは足りないな… という事…

 

こんなにもたくさんのものを与えて頂いているのに、僕はいったいどれだけの事を与えられているか… と思うと、まだまだ全然足りないような気がします。

 

とはいえ、人に何かを与えるというのは、そんなに簡単な事ではなかったりもします。

 

自分では善意のつもりが、知らず知らず親切の押し売りになっていたり、一生懸命、誰かの為に骨折っているつもりが、あんまり喜んでもらえないばかりか、かえって仇になって憎まれる事もあったり…

 

そんな事が続くと、人に何かを与えようとする事自体に、臆病になってしまうかも知れません。

 

確かに、自分が親切のつもりでやっている事が、有難迷惑なものだったり、かえって負い目をおわせるものだったりすれば、相手にとっても迷惑な話です。

 

そうならない為には、相手がプレッシャーにならないくらいの、さりげない何かにするか、もしくは、相手が本当に心から望んでいるものを、与えてあげるしかありません。

 

とはいえ、自分にそれを与えられるような実力やお金がなければ、それ自体が不可能です。

 

だから、急がば回れではありませんが、無理くりに誰かに何かを与えようとするよりも、自分自身が成長して、もっと大きな何かを与えられる人間になるのも、一つの方法なのかも知れません。

 

それができるようになったなら、手間を惜しまず、決して見返りを求めず、さりげなく誰かの為に骨を折る…

 

いつか、自分がここまで来る事ができた恩返しに、そんな生き方ができたならいいな… と思っています。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦382 寒い冬に感謝

丙申年 辛丑月 癸卯日 晴れ 「棒の3・逆位置」

 

今日も、本当に寒い一日でした。

 

鷺宮の自宅から、中野坂上のサロン ド シルフィーユまで、出勤する道すがらに吹く風が冷たくて、改めて、冬だなあ… と思いました。

 

僕は昔から、冬が大嫌いだったのですが、それでも今は、冬というもの良さに気づいたというか、昔ほど嫌いでもなくなりました。

 

この冬という季節は、全ての季節の中で、一番、気持ちががとぎ澄まされる気がするんです。

 

あんまり、だらけないと言いますか…

 

そういった意味においては、実は、最も喜ぶべき季節なのではないか、という気もしてきました。

 

最近、僕も随分と頭が柔らかくなったと言いますか…

 

これまでだったら、「何でこんな状況なんだ」と不満に思っていた事さえ、今では、「こういう状況だからこそ、本当に自分は幸せだ」と思えるようになりました。

 

結局、人の幸せというものは、その人が与えられた環境で決まるのではなく、その人がどれだけ今に満足できるかによって決まるものなのかも知れません。

 

もちろん、無理やり、今を幸せだと思い込もうとする必要なんてなくて、少しずつ少しずつ、それに気づいていければいいんじゃないかと思います。

 

今があまり幸せだと思えないからこそ、ハングリー精神だって出てくる訳ですし、逆にそれがラッキーにつながる事もあります。

 

幸せになりすぎてしまうと、やっぱり、ハングリー精神を持っている人に、いろいろな意味で叶わなくなります。

 

だから、今が幸せではない状況も、寒い冬と同じで、何気にありがたかったりもするんですよね。

 

寒い冬に感謝…

 

そう思うと、この肌をさす痛みも、妙に心地良くなってきました。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦381 新宿の隠れ家的ラーメン

丙申年 辛丑月 壬寅日 晴れ 「カップの6・逆位置」

 

今日の東京の最高気温は5度、最低気温は-2度です。

 

エアコンをつけてはいるのですが、十分に効きません。

 

寒くて凍え死にそうです(^^;;

 

こんな寒い夜は、ラーメンに限るという事で、以前から一回行ってみたいと思っていた、ラーメン店「」に行ってみる事にしました。

 

地下鉄にある広告看板に「煮干が苦手な方は、ご遠慮ください」という、とにかく気になる看板があって、一体どんな煮干なんだろう… という事で、ネットの住所を元にそこに向かったのですが…

 

どうやら場所は、歌舞伎町の新宿ゴールデン街のようです。

 

 

ここは、新宿歌舞伎町の裏通りにあたる場所で、哀愁に満ちた昭和ムード満載の通りです。

 

ラーメン店を探しているのに、ちょっと場違いな所に迷い込んでしまったかな… と不安になってきました。

 

しかも、今日のこの寒さ…

 

通りの向こうから、半端なく冷たい向かい風が吹きつけてきます。

 

本当に、この住所であっているのかな… と自信がなくしそうになった時、思わず看板を見つけました。

 

 

わが煮干に一片の悔いなし…

 

この防犯扉を開けて階段を上った2Fに、そのラーメン店はありました。

 

しかも満席です。

 

10分程待って、店内に案内して頂きました。

 

お酢の中にも煮干が…

 

 

煮干に対するこだわりが、半端ないです。

 

870円のつけ麺の大盛りを頼んでみました。(大盛は無料です)

 

 

つけ麺の麺が、ラーメンどんぶりに盛られていて、さらにその上に、ワンタンの生地とチャーシューが乗っています!!

 

さすがに、この量は食べられるかな… と思ったのですが、意外にも楽々食べられました。

 

「本物の煮干」というだけあって、味が濃厚で、食べ応えがありました。

 

新宿の隠れ家的ラーメン…

 

向かい風の中、大変な思いをして行ったかいはありました。

 

この味は、ハマると案外、癖になってしまうかも知れません。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦380 うまい棒談義

丙申年 辛丑月 辛丑日 曇り 「カップの8・逆位置」

 

今日は、本当に寒い一日でした。

 

外を少し歩いてみると、凍えそうなくらいの冷たい風が吹いてきました。

 

夜は、日本海側では、記録的な大雪となるおそれがあり、太平洋側でも大雪に警戒が必要との事…

 

とにかく部屋を暖かくして、そして外出の時は、スリップなどの事故に遭わないように、くれぐれも注意してください。

 

こんな寒い日は、買い物に行くのもついつい億劫になるものですが、サロン ド シルフィーユは歩いて10秒の所にセブンイレブンがありますから、万一、小腹がすいた時でも安心です(^^)

 

僕は、コンビニに行って買い物をする時、うまい棒を2~3本一緒に買ってしまう癖があります。

 

このお菓子の何がすごいかと言えば、21世紀に入ったというのに、未だ10円で販売しているという事です。

 

うまい棒は、僕が小学生の頃から、この世に存在していましたね。

 

あのドラえもんに似た不思議なキャラクターも、その頃から健在でした。

 

10円というのは大変魅力的なのですが、逆に、コンビニでうまい棒だけを持ってレジに行くのは、ちょっと気が引けます。

 

それでも、うまい棒が欲しい時は、仕方ないので、100円ぐらいのなんかのドリンクを一緒に買って、レジに行きます(笑)

 

セブンイレブンにあるのは、だいたい「めんたい味」「チーズ味」「コーンポタージュ味」の3種類のようです。

 

いつもそれぞれ1本ずつ3本買って、これをかじりながらメールの返信をやっています♪

 

たまに、別のコンビニに行くと、「野菜サラダ味」や「たこ焼き味」なんかもありますね。

 

ちなみに、噂によると、「たこ焼き味」は2度味付けをするので、最もコストがかかっているとか…

 

今日の朝、サロン ド シルフィーユに泊まって、溜まった仕事をしていると、嫁さんがこれを持ってきてくれました。

 

 

トリコロールのうまい棒…

 

たっぴり80gのシュガーラスク味です。

 

うまい棒とフランスという、どうにも結びつかない組み合わせがコラボしている事に、思わず驚嘆しました。

 

さすがに、これは10円ではないですよね。

 

味もうまいです。

 

しばらくは、コンビニに買いにいかず済みそうです(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦379 「赤裸々にさせて♡」2回目の出演を終えて

丙申年 辛丑月 庚子日 晴れ 「剣のキング・逆位置」

 

早速、昨日の「赤裸々にさせて♡#61」の放送を、しっかりと聞こうと、ユーチューブの再生ボタンを押したのですが…

 

自分のしゃべっている言葉に、顔から火が出るくらい恥ずかしくなってしまい、途中で止めてしまいました(^^;;

 

前回の時は、多少緊張していたせいもあって、僕はあんまりしゃべってなかったのですが、今回2回目の放送という事もあって、かなり調子に乗ってしまっています。

 

今回の放送の最初の部分を聞いていると「このオッサン、調子にのって何バカな事を言ってるの…」と、怒りがこみ上げてくると思うので、今回に限って、冒頭の4分の1はとばしてから聞いてください(笑)

 

それにしても、今回も改めて、高天麗舟先生の占術を深く駆使している姿に、感銘を受けました。

 

ちなみに、前回の放送で出てきた「三元九運」のお話ですが、高天先生のブログの中で紹介されています。

 

これからの時代に合う生き方#01

http://reishu-takama.sakura.ne.jp/blog/?p=987

 

これは、こと北半球の国々や社会における、これから先の時代の流れを読んでいく上で、非常に役に立つ内容だと思います。

 

そして、今回の「秘密がばれ手相」のコーナーも、高天先生の鋭い鑑定の切り口と人間洞察力が発揮された内容になっていました。

 

今回は、僕の手相まで、このコーナーで鑑定をしてもらっています。

 

それで、結構鋭い感じに、的をついた事を言われるんですね。

 

僕は、あまり人に見せる事はないのですが、この性格描写が見事に当たっています。

 

この「秘密がばれ手相」のコーナー、去年の10月27日に始まった「赤裸々にさせて♡」の50回目の放送から、もう11回にわたって続いています。

 

占いを勉強している方… 中でも、手相に興味を持っている人は、よろしかったら、この11回分の放送を一通りお聞きになってみてください。

 

必ずや勉強になる事、請け合いです。

 

そして、「赤裸々にさせて♡」が、こうして成立しているのは、美倭古さん率いる「ミス・ゴブリン」の存在がある事を、忘れてはならないでしょう。

 

ミス・ゴブリンと言えば、特に「おとみさん~TOMMY~」が有名で、よく美倭古さんがレコード店に行くと、担当の人がこの曲をずっと流してくれていたという事もあったそうですが、他にも、素敵な曲がいっぱいあります。

 

特に今回、僕がリクエストした「ユアドリーム」、「蝶」、そして高天先生がリクエストした「コスメの魔力」は、本当に素敵な曲です。(赤裸々にさせて♡#60と#61の放送で、これらの曲は一通り聞けます)

 

それにしても、今回の放送、僕、ちょっとボソボソとしゃべり過ぎでしたね。

 

あれでは、何を言っているのか、良く聞き取れなかったのではないかと思います。

 

まあ、大した内容の事はしゃべっていないのですが…

 

こうやって、客観的に自分の声を聞くと、本当良く分かりますね。

 

ひたすら反省です。

 

という事で、僕のホームページの「赤裸々にさせて♡」専用ページも更新しておきました♪

 

「赤裸々にさせて♡」2回目の出演を終えて…

 

インターネットラジオ出演という貴重な経験を通して、とても楽しい思いをさせて頂きました。

 

高天麗舟先生、美倭古さん、本当にありがとうございました!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦378 緑のだるまに願いをかけて

丙申年 辛丑月 己亥日 晴れ 「星・逆位置」

 

今日は、仕事の打ち合わせで、サロン ド シルフィーユに高天麗舟先生がいらしてくださいました。

 

そして、美味しいパンの差し入れと、あるプレゼントを頂きました!!

 

それはこれです…

 

 

見事なだるま… 早速、左目を入れて開眼させました。

 

だるまと言えば、普通赤色ですけど、これはなんと緑色なのですね!!

しかも、デカいです。

 

高天先生が、この緑のだるまを見て、思わずおみやげにと持ってきてくださったのですね。

 

だるまって、なんだか丸くてキュートですけど、いわずと知れた、禅の開祖の達磨禅師が坐禅をした姿を模した置物です。

 

以前にも実は、お客様から緑の可愛いだるまを頂いた事があるのですが、それと並べて本棚に飾ってみました。

 

 

なんか、だるまの親子みたい…

 

しかも、緑ですから、かなりの希少種ですね(笑)

 

仕事の打ち合わせも終わって、気がつくと夕方…

 

日が暮れるのも、本当に早くなりました。

 

みどりん先生から、満月メールが届いていて知ったのですが、今夜は満月なんですね。

 

そして、浅野太志が続けてゲスト出演する「赤裸々にさせて♡」の61回目の放送です!!

 

まだ編集後の収録の放送を聞いていないので、自分が何をしゃべっているかとっても不安なのですが、もしよろしかったらお聞きになってみてください(^^;;

 

また、このお話は明日のブログに書きますね。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi