占い暦383 人に何かを与える人生

丙申年 辛丑月 甲辰日 晴れ 「運命の輪・逆位置」

 

今日も、外はとても寒いです。

 

サロン ド シルフィーユで、お一人の素敵なお客様を鑑定させて頂いてから、溜まった仕事をこなしました。

 

千葉県のHさんから、素敵なプレゼントが届いていました。

 

 

なんと、ビールの詰め合わせ24缶セット…

 

これは、とっても嬉しいです。

 

4種類のビールが合わさっていて、これなら、その日の気分で好きなビールを選んで飲めます。

 

仕事が終わってから、家でする晩酌が楽しみです。

 

Hさん、本当にありがとうございました。

 

それにしても、僕はいつも周囲の人から、たくさんの物を頂いたり、たくさんのお仕事のチャンスを与えられたりして、その結果今の自分があります。

 

だから、本当に心から感謝しています。

 

でも、最近思ったのは、ただ感謝しているだけでは足りないな… という事…

 

こんなにもたくさんのものを与えて頂いているのに、僕はいったいどれだけの事を与えられているか… と思うと、まだまだ全然足りないような気がします。

 

とはいえ、人に何かを与えるというのは、そんなに簡単な事ではなかったりもします。

 

自分では善意のつもりが、知らず知らず親切の押し売りになっていたり、一生懸命、誰かの為に骨折っているつもりが、あんまり喜んでもらえないばかりか、かえって仇になって憎まれる事もあったり…

 

そんな事が続くと、人に何かを与えようとする事自体に、臆病になってしまうかも知れません。

 

確かに、自分が親切のつもりでやっている事が、有難迷惑なものだったり、かえって負い目をおわせるものだったりすれば、相手にとっても迷惑な話です。

 

そうならない為には、相手がプレッシャーにならないくらいの、さりげない何かにするか、もしくは、相手が本当に心から望んでいるものを、与えてあげるしかありません。

 

とはいえ、自分にそれを与えられるような実力やお金がなければ、それ自体が不可能です。

 

だから、急がば回れではありませんが、無理くりに誰かに何かを与えようとするよりも、自分自身が成長して、もっと大きな何かを与えられる人間になるのも、一つの方法なのかも知れません。

 

それができるようになったなら、手間を惜しまず、決して見返りを求めず、さりげなく誰かの為に骨を折る…

 

いつか、自分がここまで来る事ができた恩返しに、そんな生き方ができたならいいな… と思っています。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年1月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi