占い暦150 懐かしい記憶の中で

丙申年 癸巳月 辛亥日 晴れ 「棒のナイト・逆位置」

 

今日は、朝一番で、素敵なお客様を鑑定させて頂いて、その後、受講生のHさんの四柱推命講座・初級編の代講をやりました。

 

全て終わって気がついたら、もう午後6時前になっていました。

それなのに、窓の外は、まだまだ明るくて驚きました。

 

いつしか、日も長くなって、もう一ヶ月もしない内に夏至を迎えます。

 

気がつけば、このブログも、もう150回目…

 

時が経つのは、本当に早いものですね。

 

ここ最近、時々ふっと、過去の思い出を振り返ったりする事があるんです。

 

今日はマンションの外の手すりから、隣の建物を見ていたら、パリにいる頃の記憶を思い起こしました。

 

別にどこにでもあるような、少し古びた感じの建物なのですが、それを見て、なんとなく4年前に過ごしたパリの街が脳裏に浮かんだのです。

 

パリにいたのは、わずかに3週間ですが、あの頃は、たった一人で自炊をしながら、エテイヤの事を調べていました。

(2012/3/13ブログ 「パリの日常生活」 参照)

 

当時はまさか、今のようなシナリオの人生があるなんて、夢にも思いませんでした。

 

パリに旅立ってからは、本当に幸せに満たされた人生でしたが、それ以前に関して言えば、あんまり気持ちが開放的になった事は無かったように思います。

 

いつも、気持ちがビクビクとして、身の置き所がなかったり、逆に、ピリピリとして、いつもはり詰めているような精神状態でした。

 

不思議な事に、そんな思い出でも、今振り返ると懐かしくて、いとおしいんですね。

 

懐かしい記憶の中で…

 

例えこれまでの人生がどうであったとしても、自分が幸せになってしまえば、こっちのもんです。

 

人生はオセロゲームのように、常に一発逆転のチャンスがあるから面白い…

 

だから、どんな状況であろうと、ふてくされたり、人をうらやんだりしているような暇は無いです。

 

この先、どんな未来が待ち受けていようが、それを思いきり楽しんで、胸をワクワクさせながら、人生を歩んでいきたいです。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年5月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi