占い暦116 継続する事で得られるもの

丙申年 壬辰月 丁丑日 晴れ 「ペンタクルスの9・逆位置」

 

今日は、急遽予約してくださった素敵なお客様をお一人鑑定させて頂いて、それ以外の時間はずっと、野尻先生の書のレッスンに提出する作品づくりをやっていました。

 

通常月曜日は、お休みにしているのですが、どうしてもこの日しか来れない… というようなお客様はがいらっしゃる場合には、また別です。

基本的に、こちらに予定が入っていなければ、できる限りお客様のご都合に合わせて、鑑定をさせて頂こうと思っています。

 

とはいえ、明日は野尻泰煌先生の書のレッスン日の当日…

しかも、日頃なかなか時間が取れなくて、提出用の作品が、例のごとく、全く書き上がっていない状況ですから、またもや、時間に追い立てられています。

 

最近ではいつも、レッスン日前日になって、このパターンなんですね(笑)

 

本来だったら、毎日ちょっとずつ時間を取って、書をたしなむのが理想なのですが、今となっては、なかなかそれも難しくて…

 

自分のやらなければならない仕事のでさえも、取捨選択して、一部を後回しにしています。

 

という事で、早速ちょっとずつ書きはじめています…

 

皇帝

 

皇帝…

 

これは、「行書」という書体ですね。

 

一ヵ月に一日だけ、一夜漬けで書をやって、こんなやり方で書が上達するのかと思われるかもしれませんけど、こんなやり方でも1年以上もやっていると、違ってくるんですよ。

 

もちろん、書いている時は、どれだけうまくなったかなんて、まるでわからないんですけど、いつしか上達していたりするものです。

 

1年前の書と比べてみると、やっぱり格段の差だったりする…

 

こうやって継続する事で、知らず知らずに得られるものは、一生ものの財産ですね。

 

さあ今夜も、徹夜覚悟で書にうちこみます(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi