2019.06.262019年 ヨーロッパ紀行 第27話 ~時間旅行~

2019年6月26日(水)

 

 (In Brno Czech Republic Date  18 May 2019)

 

 5月のチェコの陽気は、暑くもなく寒くもなく、とても過ごしやすい国でした。

 

 僕は、元々かなりの寒がり屋なので、僕がこう感じるという事は、普通の人には、もしかすると、少し暑いくらいの陽気だったのかも知れません。

 

 チェコの民族の直接の祖先は、スラヴ人だと言います。

 ボヘミア地方やモラヴィア地方で、9世紀あたりに「チェヒ国」という国ができ、この国こそが、チェコの片鱗とも言えます。

 

 やがて、この辺りにはカトリックの教えが普及し、この地域を支配していたプシェミスル・オタカル1世は、1192年に神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世によって「ボヘミア王」の称号を与えられました。

 やがて、代々のボヘミヤ王は、神聖ローマ帝国・選帝侯の地位を、与えられる事となります。

 

 この時に成立したボヘミヤ王国こそが、チェコ共和国の前身と言っても良いでしょう。

 

 今 来ているブルノは、チェコ共和国の第2の都市ですが(チェコの首都はプラハ)、ドイツ人の植民が進んだ都市であり、街は確実にその影響を受けています。

 

 ブルノで過ごして、2日目…

 どうも、体の調子が思わしくない僕は、なるべくベッドの上で横になって、養生する事にしました。

 

 

    いつの間にか、ヒデ君に写真を撮られていました…

 

 部屋に掛かっていた時計を見ると、6:25を指しています。

 

 外はまだ昼のように明るいし、携帯がなくて確かめようがないので、午前なのか午後なのか、一瞬迷う所ですが、間違いなく午後でしょう。

 

 チェコはサマータイムが導入されているから、夕方でも外が明るくて当然だし、少なくとも、今が朝の6:25である事はありえないですから…

 

 まるで、時間が止まったような感覚です。

 

 昨日はあれほど、携帯電話がなくなった事に大騒ぎしていたのに、今日は、かなり淡々とした気持ちでいる自分がいます。

 

 時間というものには、動揺したり傷ついたりした心の痛みや傷を、沈静化してくれる魔法の力があるのかも知れません。

 

 それにしても、あの携帯電話は、一体どこに消えてしまったのだろう…

 

 自分でも驚くほどの冷静な気持ちで、あの日の事を振り返ってみました。

 

 よくよく思い出してみれば、バスから降りる時、一瞬、自分が携帯電話を持ったかどうか、気に掛かった瞬間があったんです。

 半年前に奈良で携帯を失くしてからというもの、席を立つ時にはいつも、自然と自分の持ち物をチェックする癖がついてしまいました。

 

 それにもかかわらず、何でこんな結果になってしまったかと言えば、自分の席の周りをしっかりと見渡して、そこに何も忘れ物がなかったから、「携帯は(持っているかは、確かめていないけど)カバンかポケットか、必ずどこかに入っているに違いない」という結論に至ったからです。

 

 隣りの席だった松里さんも、あの席には何もなかったとおっしゃっていたし、バスガイドさんも、席には何も忘れ物はなかったと証言していたのだし、やっぱり、僕がバスを降りた時には、すでに、あの場所に携帯電話はなかったという事は、間違いなさそうです。

 

 いや、でも、オーストリアからチェコの国境に入る時、携帯にKDDIから何本ものメッセージが入ったのを覚えています。

 

 という事は、チェコとの国境に入る時には、やはり、携帯電話は席にあったという事になります。

 

 となると、いつ、携帯電話は消えてしまったのだろう?

 

 待てよ… 携帯に何本もKDDIからメッセージが入った記憶は、ハンガリーからオーストリアの国境に入った時の記憶と、混同してしまっているのかも知れない…

 

 もしそうだとしたら、そもそもバスに乗る時に、携帯を持っていたかどうかも、怪しくなってきます。

 

 そんな事を考えている内に、いつしか眠りについてしまいました。

 

 1時間か2時間ぐらい、眠っていたような感覚なのですが、ふと、壁に掛かった時計を見てみると…

 

 

 示している時間は、6:25…

 あれ、さっきも6:25だったような…

 

 壁に近づいて、その時計を見ると、秒針がピクリともしていません(笑)

 どうやら最初から、時計は止まっていたみたいです。

 

 一体、今は何時なんだろう…

 

 ベッドから降りて、キッチンの方に行くと、松里さんが携帯のカメラで1枚の写真を出して、僕にこう言いました。

 

「浅野さん、これを見てください」

 

 

 「これは、浅野さんのチェスの駒の配置を記憶しておこうと、撮影した写真ですが、ここに浅野さんの携帯が写っています!!」

 

 これは、ものすごい情報です。携帯がこの場所にあったのは、絶対に間違いありません。

 

 画面のチェスの駒の配置を見ると、ポーン(歩兵の駒の事)が、ほとんど動いていなくて、序盤戦である事が分かります。

 緑のダウンコートも写っていますし、確実にここに僕はいます。

 

 という事は、トイレに立つ前です。

 

 草さんが、この写真を見て言いました。

 「やっぱり、バスの中にあったんですね。ちょっと試しに、電話を掛けてみてもいいですか」

 

 「あっ、お願いします。僕の携帯番号は…」

 草さんが、電話を掛けた所、呼び出し音が鳴っているようです!!

 

 GPSによる場所特定は、いまだにできないものの、呼び出し音は鳴っている…

 

 どこかで、携帯は生きているのです。

 問題は、携帯がどこにあるのかが分からない事ですが…

 

 ブルノにバスが到着して、この席を離れる時には、携帯は座席のどこにもなくて、僕がチェスをやり始めた時は、間違いなくこの場所に、携帯はあった…

 という事は、怪しいのはトイレに立った時だけです。

 

 この時に、携帯を持ってトイレに行ったのかどうか…

 

 恥ずかしい事に、この部分に関しては頭が真っ白で、全く記憶がありません。

 

 携帯を持って、トイレに行って、何らかの拍子にどこかに携帯を置いてしまい、動揺している内に、その事さえも忘れてしまった…

 と、こう考えれば、筋は通ります。

 

 草さんが、冷静な口調で言いました。

 「一度、私がバスの会社に浅野先生の名前で、メールを送っておきますよ。そのメールに、松里さんのこの写真を貼り付けて、このバスに絶対に携帯があるという事を主張しておきましょう」

 

 草さんの温かい厚意と男気に、涙が出るほどに、感謝しました。

 

 壁に掛かった時計は、相変わらず止まったまま…

 

 時間は、心の傷をいやしてくれる力だけではなくて、我々に、たくさんの可能性を切り開いてくれる魔法の力がある。

 

 しばしの時間旅行から帰ってきて、人の心の温かさと、人生の味わい深さが、心にじんわりと染みました。

 

 <旅の教訓27>

 時間には、人の心を癒す力と、たくさんの可能性を切り開く魔法の力がある。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)