2019.06.222019年 ヨーロッパ紀行 第23話 ~試練は、前ぶれもなくやってくる~

2019年6月22日(土)

 

 (In Brno Czech Republic Date  17 May 2019)

 

 いよいよ、3日間過ごしたオーストリアの地を、離れる時が来ました。

 

 泰永会の8名のメンバーに、横澤様も同行してくださって、総勢9名で、このウィーンに来るのにも使った、レギオジェット(Regiojet)の高速バスに乗って、今度はチェコの地へと向かいます。

 

 オーストリアもチェコもEU加盟国ですから、バスに乗る時にパスポートさえ見せれば、国境をまたいで行く事ができます。

 

 たくさんのウィーンの思い出を、心に抱いて…

 

 次に行くチェコという国は、いったいどんな所なんだろう。

 

 

 バスの窓から、外を見ると、見渡す限りの緑…

 緑、大好きです(^^)

 

 よくよく振り返ってみれば、日本を離れてから、もうすでに1週間近くが過ぎようとしています。

 

 毎日毎日が新鮮で、見た事のない景色の中で、楽しいイベントが山のようにあって、時間の経ち方が、本当に早いです。

 

 ところで今回の旅行では、不思議な事にメンバーのほとんどが、この旅行中に「物をなくしたり、落としたりする」というような体験をしていて、いつもみんなでその話題で盛り上がっていました。

 

 いつもなら、絶対に物を失くしたりしない野尻泰煌先生までが、モスクワ空港でパスポートを落としたりしているのです。

 

 草さんは、飛行機の中で塔上チケットを失くし、高天麗舟先生はハンガリーの温泉で、おみやげに買った国旗を失くしてしまいました。

 僕は成田空港に着くまでの電車で、大切な帽子を忘れてしまいました。

 

 唯一、そういう失敗が一切なかったのが相模泰生先生だったのですが、ついに、ウィーンの美術館でチケットを失くし、そのパーフェクトの記録が敗れて、我々の仲間入りをしました(笑)

 

 とはいえ、どの失くし物も、親切な人が拾って届けてくれたり、すぐに気づいて取りに行ったりで、難なく戻ってきています。

 そういう意味では、やっぱりみんな、天に守られているように思います。

 

 まあ、こういうのは、インフルエンザの予防接種みたいなもので、よっぽどひどい事にならなければ、それがかえって良い事もあります。

 

 この手のトラブルは、完全な不可抗力で起こる事もありますが、自分の中の改めなければいけない習慣や行動パターンが呼び寄せる事も多いですから、それに気づいて、そこを改善しておけば、逆に薬にもなるという訳です。

 

 一度そういう失敗をしておけば、そこで気が引き締まりますから、二度目の失敗は起こしにくくなります。

 僕も、帽子を忘れた時以来、常に自分の持ち物に目を離さないようにしていますし、忘れそうなものは、あらかじめスーツケースの中にしまって、出さないようにしています。

 

 半年前に奈良県の旅行で、携帯電話を忘れた時もそうでしたけど、あらかじめ自分の陥りやすい傾向をわかっていれば、失敗は防げるものです。

 

 

 窓辺を見ると、相変わらず見渡す限りの緑です。

 

 のどかな旅だなあ…

 しばし、感慨にふけりました。

 

 バスの座席の狭いスペースでは、さすがにパソコンを広げて、講座の準備を進める仕事は、できません。

 

 こういう時ぐらい、のんびりしよう…

 そう、心に思いました。

 

 例によって、ある地点を越えた所で、いきなり僕の携帯に、KDDIからの海外通信のメッセージが数件入りました。

 

 国境を越えて、チェコの国内に入ったようです。

 

 

 ある程度の年齢の方は、「チェコ」という国名よりも「チェコスロバキア」という国名の方が、しっくりくる人もいるのではないかと思います。

 

 実は僕もその一人で、小学生の頃は、ピクチュアパズルで遊んでいた影響もあって、日本の都道府県や、世界中の国の名前をやたらと記憶している変わった子供でした。

 

 チェコスロバキアが解体されて、チェコとスロバキアになったのは、1992年の事だから、かなり昔なのですが、僕の中には相変わらず、小学生の時覚えたチェコスロバキアという名前の印象の方が、強いんです(笑)

 

 

 ふと窓辺を見ると、古城が見えます。

 

 ハンガリーのお城とは、ちょっと違って、こっちの方のお城は、可愛らしい感じがします。

 

 目的地のブルノまでは、まだ時間もあるなあ…

 そんな事を思いながら、座席の前のディスプレーをいじくっていると、「チェス」を発見しました。

 

 

 そして、この時のチェスが、まさか、今回の旅行最大のトラブルを呼び込んだ元凶になるであろう事は、この時は夢にも思いませんでした。

 

 コンピューターのチェスなんて、どうせ弱いだろうから、きっと、気持ちよく勝たせてくれるだろう…

 そう思ったのは、とんでもない間違いで、これが半端なく強い…

 

 意外に思われるかもしれませんが、僕は、かなりの負けず嫌いで、一つの事に夢中になると、他のものが一切見えなくなって、後先考えずに、とことんまで、のめり込んでしまいます。

 また今回も、その僕の悪い部分が、出てきてしまいました。

 

 絶対に勝つまで続けてやる… と、いつしかトイレを我慢しながら、のめり込んでいきました。

 

 負けると悔しくて、何度も何度もトライして、ようやく、かろうじて勝てるかも知れないような場面まで来ました。

 

   ちなみに、このチェスの写真は、隣りの席にいた松里さんが撮影してくれました。

 

 このチャンスを逃したら、多分もう、このコンピューターには勝てない…

 

 次の手を指す前にトイレに行っておこう… と、チェスの駒の配置を頭に思い描きながら、バスの車内トイレをノックする事もなく、ドアを開けてしまったのです。

 

 そのトイレは男女兼用で、まさかとは思っていたのですが、中から鍵が掛けられる仕組みもなくて、運悪く、中に入っていたのが女性でした。

 これは、完全に僕の不注意でした。

 

 しばらくの間、ちょっとした騒ぎになってしまいました。

 

 この話をブログに書くのも、はばかられたのですが、これを書いておかないと、この後のさらなる大失敗が、どうにも説明できません…

 

 動揺を隠せないまま、真っ青になって席に戻って、当然ながら、コンピューターとのチェス対戦は、あっさりと負けてしまいました。

 

 もちろん、事故だとみんなわかってくれたので、特に問題にはならなかったのですが、ものすごく気まずい思いで、頭が真っ白なままバスを降りて、みんなでアパルトマンの方へ歩き始めた時、ある事に気付きました。

 

 携帯電話を、バスの中に忘れてしまった!!

 

 その事をみんなに伝えて、大急ぎでさっきのバスに戻ろうとすると、草さんも、一緒について来てくれました。

 

 さっきのバスは、まだそこにはいてくれたものの、車内はすでに、次の乗客でいっぱいになっています。

 

 自分が座っていた席さえ、動揺でしっかり思い出せなくなってしまい、そこらあたり中「エクスキューゼモア…」と言って、必死に席の足元とか、窓辺の下とかを見たのですが、携帯電話はどこにも見当たりません。

 頭の中がパニックになって、ここはチェコなのに、なぜかフランス語を、意味もなく使っていました。

 

 草さんは、そのバスのガイドさんに、携帯電話がバスの中のどこかになかったか… と尋ねてくれたのですが、「ない」という答えでした。

 

 突然の衝撃に、頭が真っ白になりました。

 

 人生の中の試練というのは、何の前ぶれもなくやってくるというのは、本当の事だと思いました。

 

 あの携帯電話は、かなり性能の良いIPhoneなので、買い直すと、相当なお金が掛かりますし、外部に漏れてはいけないプライベートの電話番号や、たくさんの僕のプライベートのデータが入っていました。

 

 その事だけでも十分に問題でしたが、何よりあの携帯の中には、絶対に失くす訳にはいけない、今回の泰永会のレセプションの模様を撮影した写真が、たくさん入っていたのです。

 せっかく撮った写真が消滅してしまったのであれば、今回のレセプションを記憶に残せなくなってしまいます。

 

 「バスの中で見つからなかったのだから、もしかすると、上着のポケットとか、鞄の中に間違えて入れてたりとか、そういう可能性だってありますよ」

 そう言って、草さんが、僕を励ましてくれました。

 

 携帯電話を、乗り物の中に忘れるという失敗は、半年前にも経験したはずなのに、また同じ事をやってしまった…

 

 自己嫌悪の気持ちにどんどん蝕まれて、いっそ死んでしまいたい… という衝動に襲われました。

 

 かろうじて、気持ちを冷静に切り替えて、「もしも、この状況になったお客様が鑑定にいらしたら、どうアドバイスをするだろう…」と考えてみました。

 

 「今こそ、自分の気持ちを建て直せるかどうか… その試練を与えられているんだ。こんな所で、気持ちまで、不幸に流されてたまるか…」

 

 そう何度も気持ちの中で繰り返して、なるべく明るい顔でみんなと接しよう… と心に決めました。

 

 草さんに励まされながら、心の中で「絶対に何とかなるし、何とかする」と呪文のように唱えつつ、みんなの所に戻りました。

 

 <旅の教訓23>

 一つのトラブルが起こった時には、すぐに気持ちを切り替えて、トラブルが連鎖するのを防ぐ。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)