2019.06.212019年 ヨーロッパ紀行 第22話 ~晩餐の夕べ~

2019年6月21日(金)

 

 (In Vienna Austriay Date  16 May 2019)

 

 馬上の客席で、心地よくおだやかに揺られながら、ウィーンを巡った20分…

 馬車から降りたのに、まだ、体が揺られているような感触が残っています。

 

 夢のような時間をすごしたのち、また5人で、ウィーンの街を歩きました。

 

 

 ふと時計を見ると、夕方の5時半…

 オーストリアはサマータイムを実施している事もあって、まだまだ昼のように明るいです。

 

 夜7時に、通訳のナナさんとのお食事会があるので、残された自由時間はあと少しです。

 

 よくよく考えてみれば、明日の朝には、もうウィーンを離れなければなりませんから、こうしてオーストリアを観光していられる時間も、あとわずかしかありません。

 

 

 このウィーンの街並みとも、お別れかと思うと、少し寂しい気持ちになります。

 でも、また明日からは、チェコですから、旅は終わらないのですけど…

 

 旅も、そして人生も、出会いと別れの繰り返しだと思う。

 

 全てが一期一会なんだから、過去に引きずられてなんかいないで、常に目の前の事に、全力を注がなくては…

 

 せっかく残された時間があるのだから、かのクリムトの象徴でもあるウィーン分離派のセセッシオンにも行ってみようという事になりました。

 

 

 とりわけ、このウィーンの街並みの中で目立っていて、目が行ってしまう、この「金のキャベツ」こそが、セセッシオン…

 

 セセッシオン(Secession)という言葉は、そのまま「分離」とか「離脱」とかいう意味になるのですけど、この建物こそが、クリムトを中心とした芸術家たちの拠点です。

 

 クリムトは、保守的な美術家組合を嫌った若手芸術家達をまとめて、分離派(正式名称は「オーストリア造形芸術家協会」)を結成、その初代会長に就任しました。

 

 その後、クリムトは若手芸術家達とも、そりが合わなくなって、何人かの仲間と分離派を脱退する事になるのですが、クリムト脱退までの期間に、この館で、計23回の展覧会が開催されています。

 

 早速、セセッシオン館に行ってみたのですが、タイミング悪く、ちょうど18:00で閉館した所でした。

 

 

 クリムトファンの高天麗舟先生は、ちょっぴり残念そうでしたが、せめて建築様式だけでも見ておきたいという事で、建物の写真を撮っていました。

 

 この後のナナさんとのお食事会まで、1時間余り…

 

 お食事の会場は「プラフッタ」というオーストリアのレストランで、ここから徒歩で行くには、少し距離があります。

 

 とはいえ、晩餐までに1時間ほどありますから、みんなでウィーンの街並みを楽しみながら、ゆっくり歩く事にしました。

 

 のんびりと大通りを、ウィーンの風に吹かれながら、歩きました。

 

 

 ウィーン料理「ターフェルシュピッツ」を扱う高級レストランの老舗「プラフッタ(Pluchutta)」

 

 ターフェルシュピッツとは、その昔、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が好物としてよく食べていた牛肉料理…

 

 このプラフッタは、オーストリアに各国からの要人が訪問する時にも、よく使われているという、要人御用達のレストランです。

 

 お店の前で落ち合ったナナさんと、昨日の泰永書展のレセプションの成功を祝して、みんなで乾杯しました。

 

 

 プラフッタのターフェルシュピッツは、この日本語のサイトに詳しく載っていますが、ボリュームいっぱいで、ものすごく美味しいにもかかわらず、全部食べつくす事ができませんでした(^^;;

 

 こんなボリューミーな高級料理を、フランツ・ヨーゼフ1世は食べてたのか、と思うと、感慨もひとしおです。

 

 今回の式典を取り仕切ってくださった横澤様も到着して、再度乾杯…

 

 

 頑張った後で、力を合わせた仲間達と飲むお酒は、最高に美味しいです。

 

 本当に素晴らしい夜でした。

 

 帰りは、トラム(路面電車)を使って、まずはウィーンのホテルの本館に戻り、みんなで一緒くたにホテルに出しておいた、パジャマやら下着やらをひと所に広げて、各自、自分の持ち物を袋詰めしました。

 

 いくつか、誰の下着だかわからなくなってしまった、同じメーカーのシャツなんかもありましたが、みんな細かい事は気にしないので、全然オーケーです(笑)

 

 さあ、これで、明日からのチェコの着替えも、バッチリ大丈夫です。

 

 ホテルのベッドに入って、ウィーン最後の夜を、ゆっくりと眠りました。

 

 <旅の教訓22>

 頑張った後のお酒は、美味しい。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)