タロットリーディング

タロット占い

タロットカードの起源は、長い間謎につつまれていましたが、近年の研究により、15世紀のイタリ
アに起源があるらしい事がわかってきました。元々賭博のゲームの為に作られたカードでした。
やがて、タロットカードはフランスへ伝わっていき、パリの占い師・エテイヤが、初めての本格的な
占い用のタロットカードを製作しました。
現在使われているタロットカードは、隠秘学の文筆家である、アーサー・E・ウェイトによって考案
された「ウェイト版(ライダー版)」に準拠するものが大多数です。
タロット占いでは、相談事が具体的であればあるほど、細かいアドバイスを得る事ができます。ある
意味、霊的なものを扱っているので、非常に精度の高い答えを得られる事もあります。
占いたい内容が近い未来の事であればある程、的中率が高くなる傾向にあるようです。
未来とは、自分の想いや考え方がそのまま投影されているものでもあるので、その想いを変える事に
より、未来を変えていく事も出来ます。

ウェイト版78枚のカードの意味

ここに記したタロットの意味のキーワードは、ほんの一例にです。「タロット占い完全マニュアル(総和社刊)」
に詳しく書きましたので、を是非お読みになってみて下さい。
タロット・カードの絵柄に込められた意味や、歴史的背景と経験則を元にした、本来あるべきカードの捉え方や意味
などを、今までにない斬新な切り口で解説しています。

※ご覧になりたいカードをクリックすると、ジャンプします。

※大アルカナ

大アルカナは全部で22枚あり、それぞれにローマ数字で数が記されています。19世紀末の魔術結社「黄金の夜明
け団」は、元々のⅤⅢであった「正義」と、ⅩΙであった「力」を入れ替え、順番を対応するヘブライ語のアルファ
ベットと属性星座に対応させました。現在のスタンダード・タロットであるウェイト版タロットも、この黄金の夜明
け団によるカードの順番に従っています。
大アルカナのカードが占う場に出てきた場合、小アルカナよりも、人生上の大きな意味合いを込められてカード出る
事が多く、それをきちんと読み取ることが重要です。
また、大アルカナ22枚のみを用いて占うという方法は、物事の背後に隠された人生上の大きな意味を読み取るのに
適しています。

愚者

晴れやかな顔をした若者が、目
の前の崖にも目もくれないで歩
いています。
地に足が着いていない愚か者だ
と、人は思うかも知れませんが、
ひょっとしたら彼は現世を超越
した尊敬すべき人物なのかも知
れません。

<正位置>

自由 常識にとらわれない 
冒険

<逆位置>

地に足がついていない
現実に気付く 失望

魔術師

机のうえに並べられた数々の道
具と、天高く上げられた腕、彼
は無から有を生む力を授かった
高名な魔法使いです。そして今
右手のバトンから、天のエネル
ギーを左手の指さす地上へと、
ふりおろし、奇跡を起こそうと
しています。

<正位置>

創造性 機知に富む
無から有を生む力

<逆位置>

消極的 自信の無さ
ペテン師

女教皇

深い教養と博識を持つ女教皇が
手にしている書物は、永遠の真
理が記された「TORA」の書。
物静かでありながら、純粋で激
しい気性を持つ彼女は月の女神
の化身かもしれません

<正位置>

深い考え 教養 学識
プラトニック

<逆位置>

浅はかさ 冷たい 無知

女帝

ふくよかな優しい女性が、玉座
に座っています。女性らしさ、
生産性や豊かさを象徴している
カードです。母性を司るカード
でもあります。

<正位置>

愛情ある女性 生産 繁栄
母親 出産

<逆位置>

過剰 生産性の無さ 流産

皇帝

玉座に座る王。男性らしさの象
徴を表しています。彼はこの地
上における実質的な支配者です。
背後のゴツゴツした岩山は、厳
しい現実を表わし、この人物が
それらのものを乗り越えてきた
事を示しています。

<正位置>

強い男性 実力 地位 父親

<逆位置>

尊大 ワンマン 未熟 
無責任

法王

全ての人々に、神の大きな愛情
を取り次ぐ法王は、慈悲深く寛
大な存在です。わけ隔てなく人
を包み込む、素晴らしい指導者
です。

<正位置>

帰属する 慈悲心 思いやり
寛容 人類愛 帰依

<逆位置>

出し惜しみ 利己主義
団から外れる

恋人

一組の男女が大天使に祝福され
ています。恋愛の象徴というべ
きカードであり、心の一体感や
充実感を表わします。

<正位置>

恋愛 楽しい事 シンパシー
一体感

<逆位置>

恋愛のトラブル 別れ 気迷い
分離感

戦車

戦車に乗っている男の表情には、
自信がみなぎっています。成功
と勇気を意味する頼もしいカー
ドです。今、最も必要なものは
は、目の前のものに対し、果敢
に挑戦していく勇気である事を
このカードは示しています。

<正位置>

征服する 勇気 克服
勝利 成功

<逆位置>

停滞 無謀 敗北

力

愛の力によって、猛獣を手なづ
けた女性が描かれています。本
当の力とは何か、を考えさせら
れるカードです。

(注)このカードは、元々はⅩⅠに配
置されていたカードですが、19世紀
末の魔術結社「黄金の夜明け団」によ
って、対応するヘブライ語のアルフ
ァベットと属性星座に対応させる為、
ⅤⅢに再配置されました。

<正位置>

持続力 パワー 柔が剛を制す

<逆位置>

スタミナ不足 押し切られる
ゴリ押し

隠者

ランタンを持ってうつむきなが
ら歩く老人。彼は世俗を離れ、
真理を追求する孤独な探求者で
す。そして彼は、後から登って
くる者の為に、上から道を照ら
ながら、見守っています。

<正位置>

真実の知恵 精神世界
心の声を聞く

<逆位置>

分別ができない 逃避 陰鬱

運命の輪

人生には、山あり谷ありでうれ
しい事もあれば辛い事もありま
す。一見嫌な事も、後々それで
良かったと思える事もあります
し、何が幸いするか判りません。
そんな意味も含め、またこの
カードは「転生輪廻」をも表し
ているといいます。

<正位置>

良い出来事がおこる
チャンス 前進

<逆位置>

悪循環 惰性 不運

正義

天秤を持って、物事の善悪を正
確に見際め判決を下す裁判の女
神が描かれています。彼女が手
にしている剣は、無論悪事をは
たらいた者を斬る為のものです。

(注)このカードは、元々はⅤⅢに配
置されていたカードですが、19世紀
末の魔術結社「黄金の夜明け団」によ
って、対応するヘブライ語のアルファ
ベットと属性星座に対応させる為、
ⅩⅠに再配置されました。

<正位置>

公平 正しい行い
バランスをとる

<逆位置>

不公平 不正 無法

吊られた男

木の上から逆さ吊りに男が吊る
されていますが、彼の表情は微
笑んでいる様にもみえます。守
るべき仲間の為に自らが犠牲に
なって処罰を受けているのかも
知れません。

<正位置>

自己犠牲 試練の時
目先の事をあきらめる

<逆位置>

悪あがき 不真面目 自嘲
物質世界から抜け出せない

死神

このカードはタロットカードの
中で最も良く知られているカー
ドかも知れません。「死」を意
味するカードですが、それは生
命に限ったものではありません。

<正位置>

死 物事の終わり 不毛
イメージの死

<逆位置>

再生 希望が取り戻せる

節制

天使が壷から壷へと水を移し替
えています。一見困難にみえる
物事も、うまく埋め合わせて乗
り越える事が可能です。

<正位置>

調和 埋め合せる 素直になる

<逆位置>

対立 強情 無駄 投げやり

悪魔

このカードには、非常に恐ろし
い顔をした悪魔が描かれていま
すが、このカードの意味を最も
端的に言うならば「誘惑」と
「束縛」です。 人間の苦しみは、
おおよそ欲望を満たさせる甘い
誘惑とそれに縛られる事から来
ているのかも知れません。

<正位置>

誘惑 堕落 束縛
恐ろしい出来事

<逆位置>

欲望に打ち勝つ 解放
事態は良くなる

塔

このカードは、全てのタロット
カードの中で最悪のカードだと、
恐れられますが、変化のきっかけ
を作ってくれる望ましい面も持っ
ています。今、まさに生活全体の
見直しを図る時期に来ているとも
言えます。そうする事で、新しい
風を呼び込む事ができます。

<正位置>

最悪の事態 危険 崩壊
八方塞り

<逆位置>

焦り 難航 緊張状態

星

夜空に輝く星はたくさんの希望
の欠片です。さあ、自分の願い
が何であるかはっきりさせてみ
ましょう。

<正位置>

予兆 インスピレーション
希望

<逆位置>

失望 高望み 不健康 憂鬱
ノイローゼ

月

満月になったり三日月になった
りと、毎回違った顔を見せる月
は、タロットカードでは欺瞞の
象徴です。見えない危険が潜ん
でいる事を暗示するカードです。

<正位置>

不信 誤解
スキャンダルな事 移り気

<逆位置>

誤解が解ける 真実に気付く

太陽

大空に燦然と輝く太陽は、まさ
に幸運の象徴です。全ての人々
に、惜しみなく恵みを組みを与
えます。

<正位置>

幸運 発展 成功 栄光
達成

<逆位置>

不幸 孤独 我がまま
先延ばし

審判

神の前では、死者は生前の全て
の良い行いも悪い行いも見透か
されてしまいます。そして今、
大天使の計らいにより、もう一
度チャンスが与えられるのです。

<正位置>

祝福 再生 目覚め
運命を変える力

<逆位置>

宿命に流される 消滅 忘却

世界

カードの四隅に描かれた「人」
・「鷹」・「牡牛」・「ライオ
ン」は、万物の四元素を表し、
この世界の全てを表現していま
す。 中央の女性はこの世界と完
全に調和し一体となったのです。
全てのタロットカードの中で、
最高のカードと言われています。

<正位置>

完成 一体感 平和

<逆位置>

未完成 惰性 マンネリ

※小アルカナ

小アルカナは全部で56枚あり、「剣」・「棒」・「カップ」・「ペンタクルス」の4つのスートに分かれています。そ れぞれが、エースと2~10の数札、ペイジ・ナイト・クイーン・キングの14枚で構成されています。
小アルカナのカードの意味は、大アルカナの意味に比べて、目先の現実的なこまごまとした事柄を指し示す事が多いです。
また、小アルカナと大アルカナと合わせて78枚のカードで占う事により、目先の現実に関する具体的な解決策を読 みとりやすくなります。

<剣のカード>

剣は四元素の中では「風」に属し、トランプの「スペード」の原型です。剣は痛みや悲しみを感じさせるせいか、4つのスートの中ではあまり良くない意味のカードが多いのが特徴です。

剣のエース

冠を戴き、力強く手にかかげら
れた剣は、勝利の象徴です。常に
理性的な判断をする事で、確実に
確実に勝機をつかめます。

<正位置>

勝利 征服 達成

<逆位置>

敗北 決断を迫られる
自滅する

剣の2

目隠しをした女性が両手に剣を
持ち、バランスをとっています。
視覚を閉じておいたほうが、感
覚が研ぎ澄まされる事もありま
す。

<正位置>

バランス感覚 調和 美意識

<逆位置>

不安定 偽り 妄信

剣の3

心臓に刺さった三本の剣は、深
い悲しみと心の傷を表わしてい
ます。

<正位置>

悲しみ 別れ 心の傷

<逆位置>

割り切れない気持ち 矛盾
混乱

剣の4

棺桶の中の死者は、安らかに眠
り続けます。戦いに明け暮れた
日々も終わり、永遠に心に平和
が訪れるのです。

<正位置>

休息 引退 平和 充電

<逆位置>

活動の再開 新しいスタート

剣の5

力ずくでもぎ取った勝利と土地。
しかしながら、奪われた人の恨
みと悲しみは、勝者の心にもや
がて突き刺さる事になるでしょ
う。

<正位置>

自分だけが得をする 略奪
強引

<逆位置>

敗北 損失 見通しが立たない

剣の6

遥かなる河の向こうの島へと、
希望の旅への船出です。ベール
を被った貴婦人は、この男に
とって守るべき存在の女性なの
でしょう。

<正位置>

事態が好転する 旅立ち
帰省

<逆位置>

行き詰まり 膠着状態
スランプ

剣の7

敵の陣営が炊飯をしている間に、
こっそり忍び込み、武器を奪お
うとしています。男のこの計略
はどうやらうまく成功に収まり
そうです。

<正位置>

知略に富む 朗報 作戦勝ち
ちゃっかり者

<逆位置>

判断ミス 露見する
愚かな計画

剣の8

目隠しをされた女性が縛り付け
られています。今は味方が助け
てくれるのを信じて、じっと待
つより他はありません。

<正位置>

中傷を受ける 非難される
不利な状況

<逆位置>

改善 再出発 生活の刷新

剣の9

夢から目覚めても、深い悲しみ
らはまだ覚める事が出来ません。
でも、人生だって、たかだか
100年あまりの夢に過ぎないの
かも知れません。

<正位置>

悩み 失望 心配事

<逆位置>

疑惑 本当の敵がわかる
苦しくても立ち上がる

剣の10

男の体に10本の剣が刺さって
います。彼はもう死んでしまっ
ているようです。でも、夜の暗
闇はまもなく終わり、朝日が昇
ろうとしています。

<正位置>

深い悲しみ 苦痛 絶望

<逆位置>

一時的な成功 物事が好転する

剣のペイジ

若者が剣をかざし、敵の来襲を
警戒しています。油断ならない
状況です。

<正位置>

警戒する 機敏さ 油断禁物

<逆位置>

スパイ行為 詐欺 裏切り

剣のナイト

勇敢な戦士が、いざ敵陣に乗り
込もうとしています。彼には何
も恐れるものはないようです。

<正位置>

情熱 勇敢 血の気が多い

<逆位置>

無鉄砲 反抗的 対立

剣のナイト

剣を見つめる女王の顔には、な
にやら悲しいものが感じられま
す。「結婚したい」という悩み
を持つ女性のお客様の占いをす
る時に、決まってよく目にする
カードです。

<正位置>

孤独 寂しさ 結婚への焦り
未亡人

<逆位置>

強情 狡猾 意地が悪い

剣のナイト

剣を手に掲げた王は自ら遠征に
出ているのでしょうか。精悍な
顔立ちからは、自信と責任感が
感じられます。

<正位置>

権威のある男性 決断力 役人

<逆位置>

残忍さ 危険な人 計算高い
破壊

<棒のカード>

棒は四元素の中では「火」に属します。一般的には、トランプの「クラブ」の原型とされていますが、色々と文献を紐解いて見ると、どうやら「ダイヤ」の原型だったようです。棒のカードは強いエネルギーや希望を意味するカードです。

棒のエース

掲げられた1本の棒は、無限の
可能性と希望の象徴です。小ア
ルカナのカードの中で最も良い
カードの一つとも言われていま
す。

<正位置>

希望 チャンス
事の始まり 可能性

<逆位置>

やる気が出ない
精力減退

棒の2

地球儀を手にして、男が遠くを
見つめています。この辺り一帯
は彼の土地なのでしょう。新た
な貿易の計画でも、思案してい
るのでしょうか。

<正位置>

構想を練る 支配する 安定

<逆位置>

驚き アクシデント
想定外の状況

棒の3

大地にしっかりと立ち、河岸の
向こうを見つめる男の後ろ姿は、
希望に満ちあふれています。目
の前には無限の可能性が広がっ
ています。

<正位置>

希望 明るい見通し
交渉の成功

<逆位置>

気迷い 切望

棒の4

平和で安らぎに満ちた帰る場所
があるからこそ、人は生きてい
けるのかも知れません。

<正位置>

安らぎ 幸せ 家庭の愛
安心 平和

<逆位置>

安らげる場所を探す 蜃気楼

棒の5

若者達がそれぞれ手に棒を取り、
戦闘の演習をやっています。し
かし意見はまとまらず、足並み
が揃いそうもありません。

<正位置>

葛藤 抗争 実力をつける

<逆位置>

混乱 成果が出ない
烏合の衆

棒の6

棒を手にした若者達が遠征から
帰ってきました。戦いに勝利し
たようです。

<正位置>

朗報 勝ち取る 結果が出る

<逆位置>

期待外れ 結果が出ない
失望

棒の7

一人の男が6人の敵を相手にし
て、戦っています。彼の立って
いる所は小高い丘の上で、戦い
は有利である事を示しています。

<正位置>

有利な戦い 展開する 自信

<逆位置>

不利な状況 優柔不断
圧倒される

棒の8

このカードの棒は、時の流れを
表わしています。時間が過ぎる
のはあっという間、「光陰矢の
如し」とは、よく言ったもので
す。

<正位置>

速い時の流れ
事態が急展開する 急ぐ

<逆位置>

緩やかな時の流れ 停滞する

棒の9

戦いの準備は出来ました。男の
額の包帯は前の戦いの失敗で怪
我をした事を表わしています。
屈強な精神力を持つ彼は、その
失敗の経験を生かし、二度と同
じ轍を踏む事はないでしょう。

<正位置>

準備万端 守りに徹する
強靭さ

<逆位置>

準備不足 心の弱さ 不安

棒の10

10本の棒を抱えて運ぶ男の足
取りはおぼつかず、今にも倒れ
そうです。くれぐれも、無理は
禁物です。

<正位置>

過労 責任の重圧
ストレスがたまる

<逆位置>

無駄骨折り 徒労 放棄

棒のペイジ

若者が1本の棒を持ち、誰かの
声明を伝えています。彼は誠実
で信頼できる人物です。

<正位置>

信頼できる 誠実な人
心強い味方

<逆位置>

裏切り 返事が来ない
不誠実

棒のナイト

あばれ馬を乗りこなしながら、
騎士は目的地へ急いでいます。
困難にも負けない、強い意志を
秘めた人物です。

<正位置>

行動する 強い意志
出発 移動

<逆位置>

驚く 妨害 トラブル

棒のクイーン

このカードは「母親」を最も端
的に表わしているカードです。
彼女は温かくて頼れる良き母で
あり、良き妻です。

<正位置>

母親の影響 包容力
頼れる女性

<逆位置>

包容力欠如 家庭不和
母親の悪影響

棒のキング

この王は正直で誠実な人物。自
国の農民の為に、自らが先頭に
立って善政を行う指導者です。

<正位置>

正直 親切 誠実な男性
良き指導者

<逆位置>

偏見 杓子定規 極端な考え方

<カップのカード>

カップは四元素の中では「水」に属します。トランプの「ハート」の原型です。形の無いもの、想いや愛情といったものを表わすカードです。

カップのエース

手の上にある聖杯は、あふれる
ばかりの愛情の象徴。満たされ
た幸せを白い鳥が祝福していま

<正位置>

愛 幸せ 満たされる
祝福 順調

<逆位置>

片想い 焦り 不安定

カップの2

一組の男女が杯を合わせ、契り
を交わしています。お互いに
やっと、運命の人にめぐりあえ
たのです。

<正位置>

結婚 恋愛 出会い
協力 気が合う

<逆位置>

不信 別れ
うわべだけの付き合い

カップの3

3人の女性が乾杯をしています。
なんだか、とても楽しそうです。
幸せを満喫しているのでしょう。

<正位置>

成功 パーティー
楽しい事 飲み会

<逆位置>

贅沢 遊びすぎ 刹那主義

カップの4

なんだか、いろいろな事に疲れ
てしまいました。少し1人にな
る時間も必要かもしれません。

<正位置>

疲労 倦怠感 気疲れ

<逆位置>

回復 新しい交際 再出発

カップの5

いくつかの杯をひっくり返して
まい、悲しみにくれています。
でもまだ、残っている杯もある
のです。彼はそれを忘れてし
まったのでしょうか。

<正位置>

部分的な損失 悲しみ
不完全

<逆位置>

残された物に気付く
希望 リベンジ

カップの6

子供の頃の記憶。懐かしい想い
出が心の中に甦ります。ふと、
あの時代に帰りたくなりました。

<正位置>

追憶 懐かしむ 過去の思い出

<逆位置>

すぐに来る未来
過去を捨てる必要性

カップの7

欲しいものは山ほどありますが、
あれもこれもと迷っていると、
全部幻と消えてしまいますよ。

<正位置>

迷う 妄想する うわついた心

<逆位置>

決断する 現実にかえる

カップの8

何もかもに嫌になり、全てを放
り出して逃げ出したくなってし
まいました。今となっては、置
きざりの8つの聖杯も無価値な
ものでしかありません。

<正位置>

逃避する 投げ出す
責任を放棄する

<逆位置>

努力の継続 強い意志

カップの9

不思議な魅力を持った商人が、
9つの杯を並べて、商売をして
います。彼の表情は、確かな自
信と希望に満ちあふれています。
このカードは「ウィッシュ・
カード」と呼ばれる大吉カード
です。

<正位置>

満足 喜び 成功 健康
金運が良くなる

<逆位置>

不満 注意力散漫 不健康

カップの10

大切な家族と共にいる幸せ。彼
方に輝く虹は、未来への夢と希
望に満ちあふれています。

<正位置>

幸せな家庭 満足
愛に満たされる

<逆位置>

家庭不和 浮気
心が通わない

カップのペイジ

杯の中の魚は、たった今捕まえ
たものでしょうか。まだあどけ
なさが残る若者です。

<正位置>

若さ 熱意 美少年
空想力 子供

<逆位置>

だらしない 早熟
堕落 誘惑に弱い

カップのナイト

いわゆる「白馬の王子様」の
カードです。女性にとっては憧
れの存在。幸せを聖杯に詰め込
んでやってきます。

<正位置>

理想の男性 ロマンチスト
恋人の出現

<逆位置>

遊び上手な男 軽薄
約束を守らない

カップのクイーン

静かに杯を手にしながら、もの
思いにふける女王。彼女の美し
さは、果てしない海をも包み込
むようです。

<正位置>

美しい女性 優雅 受容性
女性らしさ

<逆位置>

気まぐれ 自分勝手 現実逃避

カップのキング

思慮深そうなこの王は、聖杯を
片手に、知識人や芸術家たちの
話に耳を傾けているのでしょう
か。

<正位置>

博学 芸術を解する 心が広い

<逆位置>

悪事 不正 スキャンダル

<ペンタクルスのカード>

ペンタクルスは四元素の中で「地」に属します。一般的には、トランプの「ダイヤ」の原型とされていますが、15世紀のフレンチ・スートの歴史を紐解いてみると、どうやら「クラブ」の原型であったようです。ペンタクルスのカードは、物質的なものを意味するカードです。

ペンタクルスのエース

手の上でキラキラと輝く金貨。
物質的な幸せの最もたる象徴で
す。

<正位置>

成功 繁栄 臨時収入
金でカタがつく

<逆位置>

大切なものを失くす
出費 損失

ペンタクルスの2

道化師が2つの金貨を紐で括っ
て、遊んでいます。レミニス
カート(∞)は無限を意味し、
永遠を暗示しています。

<正位置>

気晴らし 柔軟性 繰り返す

<逆位置>

見せ掛けの楽しみ
憂さ晴らし 暗礁 酒乱

ペンタクルスの3

今までの下積みと身につけた技
術が、人に認められ評価される
時が来ました。揺るぎない実績
があったからこそです。

<正位置>

熟練 昇進 技術力
生産性 進歩

<逆位置>

凡庸 下積みの無さ
脆い 惰性

ペンタクルスの4

男が4枚の金貨を決して離さん
とばかりに、頑張っています。
彼は、金貨と引き換えにして、
自由を奪われてしまった事に気
づいていません。

<正位置>

こだわる 執着 ケチ 守銭奴

<逆位置>

妨害 損失
思うようには行かない

ペンタクルスの5

貧しい難民が旅を続けています。
男の方は怪我をしているようで
す。今は、行くあてもなく、さ
まよい続けるしかないのでしょ
うか。

<正位置>

困窮する 孤立無援 さまよう

<逆位置>

混沌 すさんだ心
わずかな希望

ペンタクルスの6

心温かい長者は貧しい人達に、
お金をめぐんでいます。やがて
その優しい気持ちは、お風呂で
お湯がめぐるように、めぐりめ
ぐって彼の元へとかえってくる
でしょう。

<正位置>

慈悲心 優しさ 思いやり
無償の行為

<逆位置>

貪欲 薄情 利己主義

ペンタクルスの7

今まで頑張ってきた成果が実り、
やっと収穫の時が来たというの
に、彼はなぜ浮かない顔をして
いるのでしょうか。人は望むも
のを手に入れた途端に、感動が
薄れて空虚となってしまうのか
もしれません。

<正位置>

恵まれているのに不満を持つ
一応の達成

<逆位置>

利益が出ない 過労

ペンタクルスの8

若者が技術を得るために、一生
懸命修行をしています。一流の
職人になる為には、一つ一つの
仕事を丁寧に学んでいかねばな
りません。

<正位置>

勤勉 習得 修行 技術を学ぶ

<逆位置>

学習しない 能力不足
不真面目

ペンタクルスの9

きらびやかな服を着た女性が、
何一つ不自由のない贅沢な暮ら
しをしています。彼女は領主の
庇護を受け、順風満帆な生活が
保障されています。

<正位置>

華やかさ 安全 豊かな暮らし

<逆位置>

みだらさ 金銭の陰謀
援助交際

ペンタクルスの10

豊かさに満たされた暮らしとマ
イホームと家族。誰もがうらや
む幸せな生活を手に入れる事が
出来ました。

<正位置>

豊かさ 繁栄 富を得る
家を買う

<逆位置>

散財 ギャンブル 税金 危険

ペンタクルスのペイジ

一枚の金貨を大切にかかげ持つ
若者は、未来に胸をふくらませ
る好奇心に満ちた青年です。
きっと、この金貨を自分の将来
の為の学費として使うのでしょ
う。

<正位置>

好奇心 向学心 興味を持つ
学業

<逆位置>

夢ばかり追う
地に足が着かない

ペンタクルスのナイト

馬上で金貨を持って、周りを見
わたしている騎士は、責任感の
強い有能な人物です。彼はしっ
かりと与えられた任務をやり遂
げる事でしょう。

<正位置>

有能 着実 責任感が強い

<逆位置>

有能 着実 責任感が強い

ペンタクルスのクイーン

木々に囲まれた庭で、立派な王
座に座っている女王が、手にし
た金貨を見つめています。彼女
は保守的で、気配りが行き届い
た女性です。

<正位置>

気配り 保守的 豊富

<逆位置>

怠慢 退屈 虚栄心 無責任

ペンタクルスのキング

あらん限りの富に満たされた王
は、非常に頭の良い経営者であ
り成功者でもあります。ただ、
心なしか彼の表情がやや冷たい
のが気になります。それは、一
国の主たるもの常に理性的で的
確な判断が必要であるという事
を意味しているのかもしれませ
ん。

<正位置>

実力者 経営 成功
頭の良い人

<逆位置>

腹黒い 汚職
人の痛みを感じない