本文へスキップ

サロン ド シルフィーユ TEL 03-5937-1097

四柱推命とは…astrologie chinoise


四柱推命は、生まれた年・月・日・時間のそれぞれの干支を算出し、四本の柱に見立てて占っていく事から、こう名前がつけられました。東洋の占いの帝王と呼ばれ、その組み合わせは100万通りにも及び、抜群の的中率を誇ります。その歴史は古く、四柱推命に使われる干支は、支那大陸の古代の国・殷の時代の甲骨文字に見る事ができます。

「四柱推命」という名称は日本独自のもので、中国・台湾などでは「八字(パーツー)」とか「子平(ジピン)」などと呼ばれています。(とはいえ最近では中国などでも「四柱推命(スーツートゥエイミン)」という呼び名が、日本から逆輸入されてきているようです。)


  四柱推命の歴史

  陰陽五行とは

  四柱推命の占い方

  四柱推命の開運法



  四柱推命「鑑定の実例」


  四柱推命「通変31パターン」


  均時差が起こるわけ…




四柱推命の歴史

四柱推命の歴史
四柱推命の基となる十干・十二支というものは、中国の殷王朝時代の中頃(B.C.1400年頃)にはもう使用されていましたが、この十干や十二支に「五行」や「陰陽」の要素が配当されたのは、少なくとも現在の五行の順番(木→火→土→金→水)の基になった「相生五行」を体系づけた劉向父子の出現以降である事は、まず間違いなさそうです。それは、前漢の時代(B.C.206年~A.D.8年)の事でした。
最初に、四柱推命の基らしきものを作ったのは、唐の時代(618年~907年)の李虚中でした。(春秋戦国時代の鬼谷子という人物が推命学の基を作ったという説は、個人的にはあまり賛同できません。)
 
ただし、この頃の四柱推命は現在のものとはかなりかけ離れたものでした。現在のように日主を中心にした推命学が確立されたのは、宋の時代(960年~1279年)初めで、徐子平によるものでした。徐子平は、四柱推命の生みの親とも言われている人物です。
その200年後、徐子平の学問を研究した徐升が「淵海子平」という書物を記しました。この「淵海子平」は、推命学の世界においてあまりにも有名です。
しかしながら、この頃の四柱推命には、五行のバランスを取るという考え方が希薄で、本格的な四柱推命が確立されるまでには、明の時代(1368年~1644年)初めの劉基の出現の時まで、もう200年の時を待たねばなりませんでした。

明の宰相でもあった劉基が著した「滴天髄」は、四柱推命のバイブルとも言われている書物で、推命学の本質が見事に記されています。
この明の時代には他にも「欄紅網」(作者不明/のち余春台が「窮通宝鑑」として改編)や「三命通会」(萬育吾)、「神峯通考」(張楠)などが、また、清の時代(1644年~1912年)には「子平眞詮」(沈孝瞻)などが著されました。この中でもとりわけ「欄紅網」を基にしてに書かれた「窮通宝鑑」は、十干と十二ヶ月の月ごとの季節の関係が細かく記されたとても価値のある書物です。
近代では、徐楽吾の「造化元論」を始めとした数々の著書が、非常に信憑性をもたれています。

一方、推命学が初めて日本で翻訳されたのは江戸時代後期の事で、桜田虎門の記した「淵海子平」の訳本「推命書」が、その最初だと言われています。
その後、日本では阿部泰山のいわゆる「泰山流」などを始めとして、様々な多くの流派が生まれ、現代に至っています。


陰陽五行とは

「四柱推命」とは「陰陽五行」というものを用いて、人の運勢や性格の長所や欠点など、様々な事象を捉える事ができるものです。
陰陽五行の「陰陽」とは、全てのものは陰と陽に分かれ、森羅万象の変化を司るという考え方で、一般的には「易経」の流れがルーツになっています。
また「五行」とは、全ての事象は「木」と「火」と「土」と「金」と「水」という五元素から成り立っているという考え方で、これは東洋医学(漢方)の基本的な考え方でもあります。
ゆえに「陰陽五行」とは、2(陰陽)×5(五行)の10種類から構成される事になります。
四柱推命は、生まれた年・月・日・時間の四本の柱に、陰陽五行の代名詞でもある干支(十干と十二支)を算出して、占っていきます。
それでは、十干と十二支を簡単に解説しておきましょう。

<十干> ※陰陽五行を最も端的に表した10種類の星です。
「甲」(きのえ)― 陽の木。大樹の象意です。
「乙」(きのと)― 陰の木。ツタや草花の象意です。
「丙」(ひのえ)― 陽の火。太陽の象意です。
「丁」(ひのと)― 陰の火。人工の火の象意です。
「戊」(つちのえ― 陽の土。山の象意です。
「己」(つちのと)― 陰の土。田畑の大地の象意です。
「庚」(かのえ)― 陽の金。鉄の塊の象意です。
「辛」(かのと)― 陰の金。貴金属の象意です。
「壬」(みずのえ)― 陽の水。大河や海の象意です。
「癸」(みずのと)― 陰の水。雨露の象意です。

<十二支> ※元々は動物の意味はありませんでした。

「子」(ね)-水の属性で、真冬の氷水を表します。
「丑」(うし)-土と水と金の属性を持ち、真冬の冷え切った沼地です。
「寅」(とら)-木と火の属性を持ち、これから伸びる樹木の象意です。
「卯」(う)-木の属性で、春の草原の緑です。
「辰」(たつ)-土と水と木の属性を持ち、湿った植物の生える土です。
「巳」(み)-火と土と金の属性を持ち、初夏の鉱物を含んだ火です。
「午」(うま)-火と土の属性で、真夏の烈火です。
「未」(ひつじ)-土と火と木の属性を持ち、乾ききった砂地です。
「申」(さる)-金と水の属性を持ち、水滴のついた金です。
「酉」(とり)-金の属性で、秋の固い合金です。
「戌」(いぬ)-土と火と金の属性を持ち、乾いた鉱物を含む土です。
「亥」(い)-水と木の属性を持ち、勢いよく流れる水です。

五行はお互いに影響を与え合い、その関係には次の3種類が成り立ちます。

「比和」(ひわ)-同じ五行同士が集まると、お互いのエネルギーを強める関係。
         木=木 火=火 土=土 金=金 水=水
「相生」(そうしょう)-一方の五行が他方の五行に力を与える関係。
            与えられた方は力を増すが、与えた方は力を奪われる。
         木→火 火→土 土→金 金→水 水→木
「相剋」(そうこく)-一方の五行が他方の五行を攻撃する関係。
           攻撃された方は致命的なダメージを受けるが、攻撃した方も
           力を奪われる。
         木⇒土 土⇒水 水⇒火 火⇒金 金⇒木

四柱推命においては、この相生や相剋というもの自体には、吉凶はありません。
例えるなら、枝葉が茂りすぎて煩雑になりすぎた樹木は、金で適当に枝葉を切ってやる必要がありますし、いくら木に水が必要といっても、あまりに多量の水は木を押し流してしまいます。
その本質は、それぞれの命式における、この陰陽五行のバランスを看る事にこそあります。



日本の四柱推命には、泰山流、高木派、武田理論、台湾式、透派…と数え上げれば星の数ほどの占い方があり、膨大な学問である推命学のどの部分を重要視するか、細かいところで言えば蔵干の取り方や全く蔵干を取らないものなど、大きな違いがあり、それぞれがお互いの流派を攻撃して牽制しあっているのが現実です。
どの流派が良い悪いという事ではなく、それぞれの流派に触れてみて、自分の一番合ったものを選ぶのが良いのではないかと思います。
 
とはいえ、自分なりの考えがないと、推命学を用いる事もできませんので、ここでは自分なりの理論で話を始めさせていただきます。賛否のほうは、読者の皆様にお任せしたいと思います。

四柱推命には、大きく分けて「十干主体」のものと、「通変星主体」のものがあります。ただし、これはどちらの要素も重要で、どちらも極めれば「命式のバランスを取る」という、同じ場所にたどりつくものであると信じています。

「通変星」というものは十干同士の関わりをただ代名詞にしたものですが、その定義を書いておきます。

「比肩」(ひけん)― 日主と同一五行で、陰陽が同じもの。(日主と全く同一の十干)
「劫財」(ごうざい)― 日主と同一五行で、陰陽が異なるもの。
「食神」(しょくじん)― 日主が力を漏らす五行で、陰陽が同じもの。
「傷官」(しょうかん)― 日主が力を漏らす五行で、陰陽が異なるもの。
「偏財」(へんざい)― 日主が剋する五行で、陰陽が同じもの。
「正財」(せいざい)― 日主が剋する五行で、陰陽が異なるもの。
「偏官」(へんかん)― 日主を剋しにくる五行で、陰陽が同じもの。
「正官」(せいかん)― 日主を剋しにくる五行で、陰陽が異なるもの。
「偏印」(へんいん)― 日主に力を与えてくれる五行で、陰陽が同じもの。
「印綬」(いんじゅ)― 日主に力を与えてくれる五行で、陰陽が異なるもの。

この十種類の星には、それぞれ意味合いがあり、運命上でその星が巡ってきた時に、それに関わる象意が起こります。また、命式上では、その人の性格に大きな影響を及ぼします。特に「通変星主体」の流派は、それを最重要視します。ただし、通変星のみでは、起こる象意やその人の性格の傾向は判っても、吉凶や良い悪いまでは「命式のバランス」を看なければ判りません。それを看て、命式に必要な星を割り出すのが、「通変星看法」です。

※流派の中には「劫財」・「傷官」・「偏官」・「偏印」を凶星と決めつけ、安易な鑑定をしているものもありますが、絶対に賛同できません。おそらくは五行のバランスという発想の生み出される以前の古い文献から採ったものでしょうが、通変星自体には決して吉凶はありません。

一方、「十干主体」の方では、それぞれ比肩と劫財(自星)、食神と傷官(漏星)、偏財と正財(財星)、偏官と正官(官星)、偏印と印綬(印星)の区分けはそれほど重要ではなく、その十干の意味合いを重要視します。

例えば、日主「己」(つちのと/畑の土)にとって、「癸」(みずのと/雨露の象意)は偏財星、「壬」(みずのえ/大河・海の象意)は正財星となって、どちらも「財星」になりますが、「癸」は畑を潤してくれるので吉としますが、「壬」は畑の土を押し流してしまい、河を土で濁らせるので(推命用語で「己土濁壬」(きどだくじん)という)凶とするのです。

これは神峯通考の理論などが基になっていて、バランスが比較的取れている命式には良く当たるのですが、これとても例えば日主「己」が夏月生まれで火星が多く、カラカラに乾いた畑のような命式であれば、むしろ「癸」以上に勢いのある「壬」の方が良い働きをします。

「通変星主体」にしても「十干主体」にしても、命式のバランスと用神(その命式の中で最も大切な要の星)をハッキリさせなければ、吉凶を看る事はできません。その上で、命式を調和してくれる星が何であるかを割り出します。そして、その星が運勢に巡ってくる時が、その人の開運期となります。(従旺格・従勢格などの特殊格は例外とします。)

また、その星の象意こそが、その人にとっての開運のポイントであり、その五行を命式に多く持っている人が、運勢を開いてくれるパートナーとなります。

それではここで、通変星を五種に分けて、簡単に象意を書いておきましょう。

「自星」(日主と同一五行)― 自我。自己主張。独立。積極性。兄弟。
「食傷」(日主が力を漏らす五行)― 優しさ。気兼ね。技術。反発心。
「財星」(日主が剋する五行)― 計画性。情報。財産。移動。(男性の場合、妻や恋人)
「官星」(日主を剋しにくる五行)― 仕事。重圧。自制心。出世。(女性の場合、夫や恋人)
「印星」(日主に力を与えてくれる五行)― 引き立て。知恵。資格。気まま。甘え。

命式を大自然の中の景色のように捉え、その中で日主の想いを心で聞いてやるという事こそが、おそらくは四柱推命の真髄であり、僕自身もまだまだ研鑽の身の上ですが、それこそが正しい方向性ではないかと信じております。

「通変星主体」、「十干主体」どちらであっても、そこを目指すものであり、表裏一体であるものではないかと思います。ただし、比較的バランスの取れた命式は、調候用神的な喜忌(「きき」と読む/吉星と凶星の事)の取り方が良く、「十干主体」にした微妙なバランスが役に立ちますし、バランスがかなり崩れた命式は、扶抑用神的な方法、すなわち景色を感じるより先に応急処置的に五行のバランスを整える「通変星主体」的な喜忌の取り方の方が、経験則的にも良く当たるようです。

様々な命式を出して、実際に検証してみる事が、一番確かな方法であるようです。

他にも、十二運(「長生」・「沐浴」・「冠帯」・「建禄」・「帝旺」・「衰」・「病」・「死」・「墓」・「絶」・「胎」・「養」)を用いたり、神殺星(「天乙貴人」・「天徳貴人」・「月徳貴人」・「駅馬」・「囚獄」・「桃花殺」…など)を用いたりするものもあり、星の名称も神秘的で惹かれますが、ここでは説明を割愛させていただきます。五行のバランスという観点から考えると矛盾が多く、これらはあまり重く用いるべきではない気がします。


四柱推命の開運法

四柱推命の開運法
四柱推命には、独自の開運法というものが存在します。それこそが、四柱推命において最も重要な部分であるともいえます。
     
それは一言でいえば、欲しい五行を補う、という事でしょう。ゆえに、命式の喜忌(きき)を取らない通変星のみを用いるような浅い鑑定法では、残念ながら開運法という所に行きつく事はできません。

     
「とにかく、用神を用いるという事が一番大切な事です」と、尊敬する四柱推命の大家の緒方泰州先生から頂いたお言葉を、僕は決して忘れないように心掛けています。この開運法というものがなければ、この占いはほとんど意味を持たないと言っても過言ではないでしょう。
 
さて、ではどのように欲しい五行を補っていけば良いのでしょうか。それには次のような方法があります。

<単純にその五行の物を身につける>
この方法はそんなに実用性はありませんが、時には有効な事もあります。例えば「木」が欲しい五行の人には、木製のアクセサリーを身につけるとか、森林浴をするなどです。漢方の考え方も、これと似ています。
また、その五行の色を身につけるというのも良いでしょう。ちなみに五行の色は次の通りです。例えば「木」と「土」が欲しい五行の人には、青色と黄色を合わせた緑色がラッキーカラーになります。

「木」…青 「火」…赤 「土」…黄 「金」…白 「水」…黒

それから、欲しい五行の方位へ旅行して気を入れるという開運法もあります。例えば「木」は東の方位を意味しますので、東に旅行したりするのです。ただし、方位学ではこの方法はあまり一般的ではなく、通常は九星気学や遁甲術などを用いるのが普通です。

<自分の欲しい五行を多く命式に持っている人をパートナーにする>
ある意味これが一番手っ取り早い開運法とも言えます。その中で一番有効なのが結婚というものです。パートナーにしたい相手と、欲しい五行を持っている相手が一致すると良いのですが…。

<欲しい五行やその通変星にあたる職業に就く>
もしも、どんな職業についたらいいか迷っている場合には、四柱推命の鑑定は大変役に立つでしょう。非常に具体的にその職種が限定されてきます。

<性格の中で欲しい五行の通変星の要素を補っていく>
これこそが、四柱推命の開運法の真骨頂ではないかと思います。なぜならば、人の運命というものは、その人の性格に大きく起因するものがあるからです。逆にいえば、性格や考え方が変われば、運命は変わるのです。とはいえ、それが大変難しい事ではあるのですが、四柱推命はどのようにそれを改めればいいのか、大きなヒントを与えてくれます。
それぞれの通変星の性格に与える影響は、次のようなものです。

「自星」(比肩・劫財)― 自分自身のこだわり。自立心。強い意志や欲求。
「食傷」(食神・傷官)― 人に対する思いやり(特に弱者に対して)。自己表現。気兼ね。反抗。
「財星」(偏財・正財)― 現実性。情報。行動力。活動的。親分肌。
「官星」(偏官・正官)― 自制心。従順さ。真面目。言いたい事が言えない。
「印星」(偏印・印綬)― 頭が良い。習得する能力。考えすぎ。ズボラ。

例えば、日主が「庚」や「辛」といった金の五行で、他に金の五行の星がいっぱいあってかといって強旺格にもならず、水が喜神の命式があったとします。

この方の命式からして「自星」が多くて金の五行ですから、融通がきかなくてこだわりが多く、人の意見を聞き入れない頑固な性格という事になります。そして、開運法としては喜神の水の五行は日主が金の五行の人にとって「漏星」にあたりますので、人に対する無償の優しさや自分をうまく表現するといった事になります。

これらの方法をうまく有効利用できれば、本来の運勢を飛躍的に向上させる事ができるでしょう。



 浅野太志オフィス
 サロン ド シルフィーユ
 ~Salon de Sylphille~

〒164-0011
東京都中野区中央2-1-6-204

TEL 03-5937-1097

メール:
salon.de.sylphille@gmail.com

浅野太志への直通メール:asano.uranai@gmail.com


タロットカードやマットなどの小物
の優良通販サイトです(^^)↓