占い暦639 中級編講座のスタートと調布でのお祝い

丁酉年 己酉月 庚申日 晴れ 「剣の5・正位置」

 

今日は、いよいよ「四柱推命講座・中級編 第7期」の初日…

 

新たに当日申し込んでくださった、みずぽんさんを合わせて、4名の受講生で開催する運びとなりました。

    ブログでの過分なお褒めの言葉、ありがとうございます。テレちゃいます(^^;;♪

 

今日の初日は、都合が悪くて参加できたい方もいて、計2名での超アットホームな講座だったのですが、本当に楽しい講座でした。

 

みんな実力があるので、かなり突っ込んだ所まで講座の話を持っていけるし、お互いに気心も知れているので、講座の途中でこちらから質問を出して答えてもらったりなんかも出来て、初級編の確認の意味も含めて、深い内容の講座になったと思います。

 

気心が知れてないと、中々こうは出来ないですね。

 

今回の中級編も、本当に毎回の講座が楽しみです。

 

さてさて、受講してくださったNさんから頂いた、甘くて美味しいバナナを遅い昼食代わりに食べて、講座が終わると、僕は親友でサロン ド シルフィーユの大家でもあるS君夫妻と一緒に、京王線に乗って調布へと向かいました。

 

 

実は、調布でサロン ド シルフィーユの経理でもお世話になっているSさんの結婚のお祝いパーティーがあるのです。

 

 

街には鬼太郎のオブジェが…

 

調布は、ゲゲゲの鬼太郎の水木しげるさんが住んでいた町でもあったのですね。

 

 

入ったお店は、い志井 本店というホルモンの専門店…

 

お店の自慢料理「ゆでたん」と「フォアればー」がめちゃくちゃ美味しかったです。

 

Sさんと結婚されたばかりの奥様も素敵な方で、お二人ともとても幸せそうで、本当にお似合いのカップルでした。

 

酒豪のS君のペースに合わせて、飲もうとしたら(冷静に考えて、合わせられる訳は無いのですが…)今回もかなり、飲み過ぎてしまいました。

 

今夜は、ゆっくりと休もうと思います(^^)

 

泰永書展」も、いよいよ最終日…

 

本当に月日が経つのは早いものです。

 

一日一日、悔いのないように、精一杯頑張ります。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦638 慌ただしく移ろう世界で…

丁酉年 己酉月 己未日 晴れ 「ペンタクルスのペイジ・逆位置」

 

衆議院も解散して、今から一週間もすれば、町は選挙の候補者の声で、また騒がしくなり始めます。

 

しかも、政局もめちゃくちゃ目まぐるしく動いて、小池都知事が新党を作ったかと思ったら、まさかの民進党解党に、小池新党との一本化…

 

正直、こんな風になるとは、予想もしていませんでした。

 

自民党も、都知事選挙の時に、もう少しだけ大人な対応をしていたら、今の状況もかなり変わっていたと思います。

 

最近の北朝鮮の暴挙も、アメリカのトランプ大統領との一発触発ともなりそうな応酬も、本当にこの先何が起こるかわかりかねないというか、日本政府も、今まさにうまいかじ取りが求められるところです。

 

だから、ここで新たに、国民に選択を求めようという安倍首相の衆議院解散の決断は、マスコミからはいろいろ言われていても、僕は評価できると思うんですね。

 

ついでに、それによって、本来辞職すべきだと思うような国会議員も、強制的に一掃されましたし…

 

あとは、国民一人一人が、自分の信頼できる人や政党を投票すれば、本来の国民の意志が反映された日本の政治になるはずです。

 

もちろん、僕の考え方が正しいとは限りませんし、そもそも絶対に正しいなんてものもないですから、いろんな考えや意見があっていいと思いますが…

 

話題ふと、世界に向けてみれば、なんとフランス・パリでは、エッフェル塔の搭乗者が昨日3億人になったとか…

 

5年前に、あのエッフェル塔に登ったのが懐かしいです(^^)

(2012/3/21ブログ 「パリの休日」 参照)

 

僕は今日は朝からずっと、東急ハンズにファイルを買いに行ったり、明日の四柱推命講座・中級編の準備をやっていました。

 

東京池袋の「泰永書展」も、今日で2日目になります。

 

よろしかったら、池袋の東京芸術劇場に、ぜひ、お越しになってみてください。

 

慌ただしく移ろう世界の中で、今自分にできる事を、精一杯やろうと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦637 第28回泰永書展、いよいよスタート!!

丁酉年 丁酉月 戊午日 雨 「魔術師・逆位置」

 

今日から、「第28回 泰永書展」が始まります。

 

朝、9時に池袋にある「東京芸術劇場」に行って、泰永書展の下準備に参加してまいりました。

 

 

とはいえ、何を手伝っていいのかわからず、結局、ただ見ていただけになってしまいましたが(^^;;

 

これから展示される、野尻泰煌先生とお弟子のたくさんの作品群…

 

 

野尻泰煌先生が直接、それぞれの作品の配置の場所や、作品を掛ける上下左右の微妙な間隔などの細かい部分まで、陣頭指揮をとられていました。

 

 

この配置によって、全体の調和が取れるかどうかも決まってきますし、その結果、それぞれの作品の個性も生かされる事になり、結果的に、ある意味、見にいらしてくださった方の展覧会の印象が決まってしまうような部分もあります。

 

野尻先生は、真剣なまなざしで、細かく指揮をとっていらっしゃいました。

 

僕はこの後、四柱推命講座の補講の予定が入っていたので、結局、展示された状態を見る事無く、退席させて頂いたのですが、いらしてくださった方が必ずや満足して頂ける展覧会になる事だけは、間違いありません。

 

 

第28回泰永書展は、今日からスタート、明日29日、明後日30日、最終日の10月1日の4日間の開催です。

 

ちなみに浅野太志(雅号:豊峰蓬莱)の作品は「父子」の象形文字…

 

これはかなり、意外性とインパクトがある作品なので、きっと、驚いて頂ける事と思います。

 

一人でも多くの方のご来場を、心よりお待ち申し上げております。

(入場無料です!!)

 

池袋の東京芸術劇場を後にして、急いで、サロン ド シルフィーユに向かい、Robin先生の補講をやらせて頂きました。

 

Robin先生から、土佐に旅行に行かれた時のおみやげで、なんと「緑」という字が入った純米酒・松扇と、桂浜を散策された時に採取してくださった五色石を、これも「緑」多めで頂きました!!

 

 

Robin先生、素敵な緑ずくめのおみやげ、ありがとうございました(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦636 可能な限り、全力疾走

丁酉年 己酉月 丁巳日 晴れ 「カップの9・正位置」

 

「暑さ寒さは彼岸まで」と言いますが、日中はまだ少し暑いものの、大分過ごしやすくなってまいりました。

 

今日は、サロン ド シルフィーユで、電話鑑定と直接鑑定で素敵なお客様をお一人ずつ鑑定させて頂いて、その後、講座の準備やたくさんの雑用をこなしながら、ふと気がついたら、夜になっていました。

 

明日からは、いよいよ「泰永書展」のスタート…

 

そして、3日後の土曜日は「四柱推命講座・中級編」の初日です。

 

本当に、なんだか時間に追い掛け回されるように生きていますが、これまでの人生で、今ほど毎日が充実して過ごせていた時期も無い気がします。

 

それは、僕の周りに集まってくださった素敵な人たちのお陰ですね。

 

こんな僕の講座に集まってくださる受講生の方だったり、鑑定を申し込んでくださるお客様だったり…

 

だから、仕事に手抜きはできないと思うし、その人達の事を思い浮かべて仕事をしていると、疲れも吹っ飛ぶというか、本当にやりがいを感じます。

 

可能な限り、出し惜しみしないで、全力疾走でいきたいと思う…

 

もちろん、疲れたらちゃんと休みますし、本質から外れた所では、ちゃんと力をセーブして、ヘトヘトにならないようには気をつけています。

 

パリから帰った頃は、一つのブログを作るのに、紙に下書きをしてから始めたりして、ひどい時は、4時間以上も掛けてブログを書いていた日もありますけど、さすがに今ではそれはやってません(笑)

 

人生は長丁場ですから、メリハリをつけて、頑張りたいと思います!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦635 長生きしてこそ、できる事もある

丁酉年 己酉月 丙辰日 晴れ 「隠者・正位置」

 

今日は、野尻泰煌先生の書のレッスンの日…

 

前回の書のレッスンからもう1ヶ月…

 

本当に月日が過ぎるのは、早いものです。

 

いつものように、板橋区十条の書の教室に行き、とんぼ玉の第一人者で浅草とんぼ玉工房の主催者の黒澤忍さんと、実業家の草さんと一緒に、書のレッスンを受けてきました。

高天麗舟先生は、今日はお休みでした…

 

早速、昨夜、書き上げた書の作品を提出しました。

 

野尻先生から、その中からいくつかをピックアップして頂いて、これらは良く書けているから、写真に撮っておくように言われました。

 

それが下の作品なのですが…

 

 

う~ん、かなり時間に追われて書いていたし、自分的には本当、特に楷書なんて、本当にひどい作品だと思っていたのです。

 

この楷書(上段の真ん中と右)、なんか字が死んでいると言いますが、変な書き方をしているから、当然と言えば当然なのですが(笑)

 

でも、野尻泰煌先生から「よく書けている」と言われるだけで、自信につながりますね。

 

もちろん、「書いてきた全部の作品の中で、これらが比較的マシだった」という事で、選んでくださっただけだとは思いますが…

 

今日も、野尻先生は我々の目の前で、次のレッスンまでに書いてくるお手本を書いてくださいました。

 

それにしても、草書のお手本を書いている野尻先生の筆さばきは見事です。

 

野尻先生は、「自分で筆を動かしているのではなく、筆についていくようにしている」とおっしゃいます。

 

なるほど、達人の域までに行くと、自分で書いているという意識ではなく、筆が勝手に動くというような感覚になるのですね。

 

野尻先生は今日のお話の中で、「芸術家としての人生を全うするなら、長生きしなくてはいけない」と、おっしゃいました。

 

やっぱり、素晴らしい作品を創れるようになるには、たくさんの経験を積まなくてはいけないし、ある意味、ある程度年を取ってからでしか、創れないような作品もある…

 

それは、技術を習得するのには、多くの時間が掛かるから… という意味もあるし、また、様々な人生経験の中で気づきを得て、自分の中にある余分なものを捨てる事で、創りだす作品に、自然と磨きと輝きが出るという意味もあるのかも知れません。

 

だからこそ、年を取ってからこそが、芸術家としての人生の醍醐味であり、もしも、若くして死んでしまったら、それができないので、すごくもったいない…

 

おそらく、そういうニュアンスの言葉だと思います。

 

もしかするとこれは、芸術家だけではなく、全ての人生に言える事かも知れません。

 

長生きしてこそ、できる事もある…

 

人は、心が気づきを得た分、人生をより幸せに生きる事ができます。

 

僕もせっかくなので、体を養生して、しっかりと長生きをしてみたいと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦634 象形文字

丁酉年 己酉月 乙卯日 晴れ時々雨 「棒の10・逆位置」

 

明日は、野尻泰煌先生の書道のレッスンの日…

 

またしても、書の課題が全くやっていなくて、今日は一日書をひたすら書いています。

 

今回、野尻先生から頂いた書の課題は「象形文字」…

 

    

 

左側が、野尻先生のお手本なのですが、この通りに書くのは至難の業… と言いますか、正直不可能です(笑)

 

とはいえ、書けないなりに、書こうと頑張る所に意味があるのでしょうけど…

 

それでも、僕にとって書の中で一番苦手なのは、楷書ですね。それに比べると、象形文字はまだ書きやすいです。

 

あまりにも僕が、楷書を書くのを嫌がっているので、野尻先生が、特別に僕の楷書の宿題は、ほんの少しだけにしてくださいました。

 

ちなみに、9月28日・29日・30日・10月1日に池袋で開かれる「泰永書展」には、僕は、象形文字の作品を出展しています。

 

ぜひ、よろしかったら、お越しになってみてください(^^)

 

それにしても、象形文字を見ていると、なんとも言えない情緒を感じます。

 

象形文字ではないのですが、アメリカのセドナに行った時に、ホナンキ遺跡でネイティブ・アメリカンの人たちの絵文字を見た時も、これと同じような何とも言えないアルカイックな気分になりました。

(2016/12/4 セドナブログ 「ホナンキ遺跡と不思議なエネルギー 」 参照)

 

象形文字というのは、まるで絵のようにも見ますが、野尻先生は、「絵にしてはいけない」とおっしゃいます。

 

書という芸術は、絵画とは全くアプローチが違うのですね。

 

さてさて、あと少しだけ、書の宿題が残っていますが、今夜は徹夜は避けられそうです。

 

頑張ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦633 時にはちょっぴりストイックに

丁酉年 己酉月 甲寅日 晴れ 「魔術師・正位置」

 

今日は「四柱推命講座・上級編」の3日目…

 

少しだけ、講座の内容の変更は余儀なくされたのですが、講座を無事に終了したのを見届けると、そのままソファーで横になって、眠ってしまいました。

 

まだ今日は、何も食事を取っていなかったのですが、食欲以上に睡眠欲の方が先に来ますね。

 

何といっても今回は、前回以上に準備が間に合っていなくて、時間に追われていたので、かなりハードでした。

 

準備をしている途中で、何度も「そろそろ、食事を取ろうかな…」という気持ちの誘惑があったのですが、せっかくノッてきたのに、この状況で一瞬でもブレイクタイムを取ったら、また仕事のスピードが遅くなると思って、結局、昨日からずっと休む事無く、講座開始ギリギリの時間まで準備をしていました。

 

食事も取っていないし、睡眠も全く取っていないのですけど、こういう時はなんか異様にハイテンションになりますね。

 

体はクタクタなのに、気持ちはすごく盛り上がっていて、ずっと話しっぱなしなのに、どこからともなくパワーがわいてくると言いますか…

 

これを毎日やったら、とても体が持ちませんけど。

 

時にはちょっぴりストイックに…

 

自分の限界まで挑戦してみるのも、楽しいものですね。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦632 追い込まれなくては出来ない

丁酉年 己酉月 癸丑日 晴れ 「カップの3・逆位置」

 

今日は秋分の日…

 

気がつけば、お彼岸です。

 

しかしながら、僕は明日、四柱推命講座・上級編の3日目を控え、例によって、また徹夜覚悟で奮闘中です。

 

なんで、いつもいつもこうなっちゃうんだろうと、反省してはいるのですが、逆に言うと、こんな風に追い込まれなかったら、絶対に上級編講座は開催できなかったという事でしょう。

 

そう思うと、上級編講座の開催を強く説得してくださった、「十干・十二支気学」の著者・笹木龍一先生には、どれだけ感謝しても足りません。

 

笹木先生が強く勧めてくださらなかったら、今でも間違いなく、上級編は開催されていなかったと思います。

 

昨日、鑑定させて頂いた素敵なお客様が「斃れて後已む(たおれてのちやむ)」という、中国の故事を教えてくださいました。

 

「死ぬまで一生懸命努力して、途中でやめることをしない」という意味なのですが、人間は弱いから、常に自分を追い込んでいないと、「努力をやめる」とまではいかなくても、動きが鈍くなってしまいますね。

 

今夜もいつものように追い込まれておりますが、それと同時に、自分の中で、どんどん気持ちが盛り上がってきているのを感じます。

 

明日の講座の準備、思いっきり気合い入れて、頑張ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦631 生命の尊厳と愛情

丁酉年 己酉月 壬子日 曇り 「カップの2・正位置」

 

今日は、サロン ド シルフィーユでお昼から2件の鑑定のご予約が入っているのですが、それまでの時間、気合いを入れて、明後日の講座の準備をするつもりです。

 

日本という国は、なんだかんだ言っても、広い世界の中で言えば、比較的… というか、もうトップクラスで恵まれた国であり、世界で遠く離れた国々の中には、普段我々が目にする事はないものの、目を覆うばかりの貧困や殺戮が広がっている地域もあります。

 

もちろん、日本が恵まれているといっても、「物質的に」という事であって、心から幸福感を感じている人は、意外なほど多くないのかも知れませんが…

 

あまりにも遠く離れた世界の事を考えても、今ひとつピンとこなのも事実ですし、多く語れば語るほど、口先だけの言葉になる気がして、ちょっぴり気が引けます。

 

それでも、その現実がある事を心にとめておかなければいけないし、今、自分がこうして食べるに困らない生活が送れている事に、感謝を忘れてはいけない… とは思っているのですが…

 

我々の身近で、普段目にする事ができる現実の一つの光景として、ちょっとだけ視点を変えて、人ではないのですが、動物たちに目を向けてみると、そこにも何とも痛ましい現状があったりします。

 

いわゆる野良犬や野良猫の殺傷処分や、動物の虐待の問題です。

 

もちろん、人間と動物を一色単に考えようとは全く思いませんし、おそらく「誰でも、牛とか豚を殺して食べてるのに、犬や猫だけなんでかわいがるんだ」という意見が出てくるであろう事も想像がつくのですが、彼らにだって心はあると思うのです。

 

当然、それは牛や豚も同じであって、それを軽んじる訳ではないのですが、食物連鎖としての目的の中での屠殺ですから、人間のわがままで勝手に増やして命を奪う殺傷処分や、ましてや動物虐待とは、全く意味が違います。

 

みずぽんさんは、動物を心から愛してやまない優しい占い師さんですが、最近、家にやってきたノラ猫にご飯をあげたとか…

 

僕も昔、すごくなついていたノラ猫がいて、よく餌をあげたりしたものですが、動物は人の心を優しくしてくれますね。

(2013/3/24ブログ 「まだ間にあうから」 参照)

 

最近、どういう訳かYoutubeで、動物虐待の動画が検索されてしまって… 当然、見たくもないので、すぐに画面を閉じてしまったのですが、そんな動画を投稿する人間が存在するという事自体、人の心が病んできている兆候なのでしょう。

 

ちなみに、現在そういう事をすると、動物愛護法により、2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。

 

動物だって、喜びや怒りといった感情もあるし、そういった意味では人間と同じであって、特定の動物に対する好き嫌いは仕方ないとしても、動物だからという理由で虐待をするような人は、余程にフラストレーションがたまっているのでしょうが、少なくとも自分が幸せになる事もできないし、ましてや誰かを愛する事なんて、到底不可能でしょう。

 

みずぽんさんのブログの記事の中で、本当に考えさせられるものがありました。

 

大部屋のstoryteller  動物の命は・・・。

 

生きとし生けるものの心は、どこかでつながっている気がするし、だから虐待されている姿をみれば、人は痛みも感じるのだと思う。

 

虐待する人は、その相手の痛みを、全く感じられなくなっているのでしょうけど…

 

全ての生命の尊厳を守って、愛情を与えあうようにお互いが接する事ができたなら、それはとっても素敵な事だと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦630 どんなに距離が離れていても

丁酉年 己酉月 辛亥日 晴れ 「カップの10・逆位置」

 

今日は、サロン ド シルフィーユで素敵なお客様を1名鑑定させて頂いて、その後はずっと、時々インターネットのニュースを確認しながら、パソコンに向かってお仕事をしていました。

 

メキシコの首都のメキシコシティでは、大規模な地震が起きていて、すでに230名の命がその犠牲になったというニュースがありました。

 

本当に悲しい事故です。

 

メキシコは、ロメロ・ミツエ先生が住んでいらっしゃる国なので、やっぱり必然的に意識が向きますね。

 

災害に遭われた方々の、ご冥福と一日も早い復興を心よりお祈りします。

 

自分にとって、何らかのなじみのある国ならまだしも、日本から遠く離れていて、しかも、あまり自分と縁がない国で災害が起こったとしても、どうしても関心が希薄になります。

 

だいたい今でも、相変わらず、シリア周辺では内戦が起きていて、年間10万人以上の命が失われているし、今現在、世界人口の1割にあたる8億人の人たちは、食料が無くて、慢性的な飢餓に苦しんでいます。

 

我々の日常とは、かなりかけ離れた世界ですから、ついつい、その事を忘れてしまいますけど…

 

もちろん、だからと言って、誰かが自分の全財産を寄付したとしても、この問題は大して変わらないでしょうし、これは単純に、お金持ちから寄付を募れば、それで解決するような問題でもありません。

 

戦争そのものを作り出している宗教問題や、人口の極端な増加、輸出などの食料の流通事情による問題など、問題の根底にある根本的な所が全て解決されなければ、いくら資金援助があっても焼け石に水でしょう。

 

そんな中、非力な我々にできる事といえば、今の事態そのものは変えられなくても、せめて、「世界には、そういう大変な現状がある事を忘れない」という事ぐらいかも知れません。

 

とはいえそれでも、いつもの日常の生活を送っている内に、いつの間にか記憶が薄らいでいってしまうでしょうけど…

 

だからちゃんと、時々思い出して、自分に言い聞かせる事にします。

 

どんなに距離が離れていても…、

 

この世界を担う一員として、この世界のこの大きな問題を忘れない。

 

大きな力を持った為政者が、自国のメンツばかりを考えて、核兵器を作ったり、ミサエルを発射するような事を辞めて、国という枠を超えて、今のこの世界にはびこる問題を少しでも考えるような心の余裕が持てれば、きっと、この世界はもっともっと素晴らしいものになるはずです。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi