占い暦629 大義名分がないと、大きな目標は手につかない

丁酉年 己酉月 庚戌日 晴れ 「棒のエース・逆位置」

 

今日は一件の鑑定も入っていなかったので、サロン ド シルフィーユは急遽お休みにして、溜まっていた仕事やメールの返信を一気にこなしました。

 

このまま、今週こそは早めに、四柱推命講座・上級編の準備に取り掛かろうかと思いきや、ふと、去年からずっと、やろうやろうと思いつつ、中々はかどっていない長期のビジョンの仕事の事を思い出しました。

 

4年前の僕だったら、こんな風にせっかく頂いた飛躍のチャンスになるような仕事を放置しているような事は、絶対に無かったと思います。

 

あの頃は、良い意味でも悪い意味でも、コンプレックスと焦りが心の中に渦巻いていましたし、若さやハングリー精神だけで、毎日睡眠3時間でも必死に仕事に食らいついていましたから…

 

ところが、年のせいかどうかはわかりませんが、今は気持ちが安定して、それと引き換えに、どうも、そういったパワーが消えてしまったと言いますか(笑)

 

だから、ある程度、手元の仕事が片付くと、途端に眠くなったり、遊びたくなったりしますね。

 

まあ、今の現状が維持できるのなら、それでも悪くないのかも知れませんが、だいたいにおいて、そんな風に現状維持を考えるようになった時は、すでに下降線をたどっている事は間違いありません。

 

「このままではいけない」と悩みながら、ふとさっき、僕には、自分を奮い立たせるような、仕事をやる上での大義名分ないという事に、気づきました。

 

鑑定とか講座の準備とか、間近に期限が迫ってきた仕事や、日々のルーチンワークの仕事なんかは、「人に迷惑を掛けてはいけない」という大義名分があるから、きちんとこなせるのですが、明確な期限がなくて、やった方がキャリアアップできるけれど、別にやらなくても支障がないという仕事は、いつまで経ってもはかどらないんですね。

 

という事で、自分の中で勝手に大義名分を決めて、ブツブツと言い聞かせてみました(笑)

 

そしたら、やる気が出てきて、今日は少しだけですが、その仕事が前に進みました。

 

とはいえ昔も、こんな風に仕事に大義名分があった訳ではないのですが、あの時は、自分の中にある負のエネルギーを起爆剤にしていたから、仕事が前に進んでいたのですね。

 

でも、例えば今、自分が書き上げた書籍を、読み返してみると、かなり決めつけがましい書き方をしていたり、特定の立場の人を傷つけかねないような表現もあったりして、危うさを感じます。

 

まあ、若気の至りでもあるのですが、やっぱり根底にコンプレックスがあるから、のような気がします。

 

今は、そういう失敗はもうしないかな… とも思うし、もっとまろやかな作品を作り上げられるような気もします。

 

大義名分がないと、大きな目標は手につかない…

 

自分だけの秘密の大義名分をこっそりと自分に言い聞かせながら、未来に向かって、お仕事頑張ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦628 怒っている自分を好きになれれば、怒りもおさまる

丁酉年 己酉月 己酉日 晴れ 「ペンタクルスの6・逆位置」

 

三連休も終わって、学生さんやお勤めの人にとっては、また忙しい通学・通勤の毎日が始まります。

 

学校や職場は、楽しい事もいっぱいあるでしょうが、やっぱり、勉強やお仕事ですから、中には、苦しい事や腹立たしい事もあるものです。

 

僕の20代の頃は、意外に思われるかもしれませんけど、ちょっとした事に腹を立てて、感情が高ぶってしまうような心の狭い人間でした。

 

とはいえ、それで人に当たる事は、少なかったとは思うのですが、逆に怒りをため込んで、ストレスを抱えると言った事も多かったです。

 

今思い起こせば、ほとんどは、くだらない事で腹を立てていた気がしますね。

 

だいたいにおいて、自分のコンディションが良い時は、多少の嫌な出来事が起こっても動じないものですし、冷静に判断できたりするのですが、コンディションが悪くなると、ほんの些細な事に神経が参ってしまうものです。

 

こういう時は、別に腹を立てなくても良い事にまで、腹が立つという悪循環になります。

 

もちろん、人生ある程度生きていれば、「怒って当然」という事や、「むしろここは怒った方が良い… 」という事もあるし、怒りというものが、時には人生を切り開く起爆剤になる事だってあるので、怒る事が一概に「悪」とは言えないのも事実ですが…

 

ただ、そういった必要最低限の怒りを除いて、せっかくの一度きりの人生ですから、できる事なら、健やかに楽しく生きたいものです。

 

マスコミの方も、どうせもうすぐ衆議院選挙なんですから、国民に何の影響力もないような、ああいう不愉快なニュースは、スルーしてくれたらいいと思うのですが、まあ、あの手のニュースは視聴率も上がるから、そうもいかないのでしょう。

 

それで、さっきからずっと、「どうしたら、怒りというものが、ため込むでもなく、すんなりとおさまるのかなあ…」と、考えていたのですが…

 

ふと、怒っている時の自分というのは、どういう訳か「怒っている自分自身の事を、ものすごく嫌っている」という事に気づいたんです。

 

人の心というのは深い部分でつながっているから、「誰を対象に怒っているか…」というのは、あんまり関係なくて、何かを拒否している時は、たいがい自分自身も拒否していたりします。

 

だから、もしも、「怒っている自分自身を受け容れて、怒っている自分自身を好きになる」という事さえできれば、怒りそのものも半減してしまうんですね。

 

さすがに、自分が怒っている対象物そのものを、受け容れたり好きになったりするのは、余程の人でない限り、無理がありますが、せめて、怒っている自分自身だけでも好きになれれば、案外怒りは解決してしまうんです。

 

その後、つまらない事に怒っていた事が、おかしくなってきます(笑)

   実証済み…

 

怒っている自分を好きになる事がさえできれば、怒りもおさまる…

 

不愉快なニュースだけでなくて、仕事場や学校で、ついつい腹立たしい気持ちになった時、もし良かったら、使ってみてください(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦627 憧れの人は案外近くにいる

丁酉年 己酉月 戊申日 晴れ 「棒の4・逆位置」

 

昨夜は、窓の外で、台風の風と雨のものすごい音がしていたのですが、今朝は一転して、東京は快晴です。

 

しかも、真夏のように暑いです。

 

歌手の水樹奈々さんは、最初は声優としてスタートしたのですが、今やあらゆるジャンルを超えて、紅白歌合戦に出演したり、日本武道館で7日間コンサートをしたりと、若い人からお年寄りまで、幅広いファン層から愛されています。

 

僕は、「NARUTO」というアニメが好きで、その時に演じていた日向ヒナタ(後に主人公のナルトと結婚する)のキャラの声のインパクトが強くて、どうしてもそのイメージが抜けないのですが、実際の水樹奈々さんの声を聞くと、まるで違う印象で驚きました。

 

というのは、Robin先生の投稿したメッセージが、水樹奈々さんのラジオ番組の中で紹介される事になって、僕もその放送を聞いたのです。

 

ヒナタのキャラの声のトーンはすごく高くてうわずっているのですが、水樹奈々さんのボイストーンはうんと低いんです。

 

Robin先生が、水樹奈々さんの大ファンだという事は、前から僕も知っていたのですが、放送の中で「Robinさん、Robinさん」と何度も語り掛けてもらっていました。

 

詳しいお話は、Robin先生のブログの中の「奈々さん、ありがとうございます」にもあるのですが…

 

ちなみに、その時の放送は、下記のニコニコ動画でも視聴できます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31910076

   メールアドレスさえあれば、簡単に登録できます♪

 

この放送の中の「13分4秒~17分44秒」の4分40秒の間は、水樹奈々さんは、Robin先生の投稿の事をひたすら語っていました。

 

水樹奈々さんのRobin先生に対するコメントが異様に長くなって、「ぶっ飛んでなんかいないですよ」と、3回もRobin先生に反論していました(笑)

 

   余談ですが、水樹奈々さんがヒナタの声で自己紹介すると、こんな感じになります。

 

憧れの人は案外近くにいる…

 

Robin先生みたいに、果敢にアクションを起こせば、こんな風に超売れっ子の芸能人とも接点ができたりもするのですね。

 

少なくとも、4分40秒の間は、水樹奈々さんはRobin先生に夢中になっていたのは、間違いありません。

 

Robin先生も、うんと幸福度が増して、鑑定もさらにパワーアップしているに違いありません(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦626 中野・氷川神社祭礼

丁酉年 己酉月 丁未日 雨 「ペンタクルスの4・逆位置」

 

今日は「中野・氷川神社祭礼」の本番、大人みこしの出る日です。
      昨日が子供みこし…

 

昨日はてっきり、今日のお祭りはお休みになると思い込んでいたのですが…

 

窓の外からは、激しい雨音の中、威勢の良いおみこしの掛け声が聞こえてくるではありませんか!!

 

お昼頃、S君からメールで、「今日の祭りどうする?」と聞かれ、思わず「行く行く」と返事をしてしまいました!!

 

今日の鑑定は、ちょうど夕方からだったので、それまで少し時間がありますから、S君と一緒におみこしを担いでいる場所に合流しました。

 

 

かなり雨が降っているにもかかわらず、みんな、はっぴをびしょびしょに濡らしながら、おみこしを担いでいます。

 

S君に聞いた所、中野区の氷川神社祭礼は、「雨天中止」というのが無いのだそうです。

 

基本、どんな天気であろうと、祭りを決行するとの事…

 

東京は気合いが入っていますね。

 

おみこしの休憩場所で、まかないで出された、お寿司やけんちん汁をS君と一緒に頂きました。

 

その後、S君ははっぴを着て、早速おみこしの担ぎ手に入ったのですが、僕ははっぴが無かったので、S君の奥様と一緒におみこしの後についていって、掛け声や手拍子を合わせていました。

 

 

みんな、びしょ濡れになっているのですが、傘をさすと、せまくて隣の人にぶつかるし、何となく傘を差すような雰囲気でもないので、僕も傘をささないまま、ずぶ濡れになりながら、夢中で手拍子を打ちました。

 

でも、祭りというのは、こういうのが楽しいんですね。

 

夕方、激しい雨の中、お祭りは無事終了…

 

サロン ド シルフィーユに帰って、急いで服を着替えてから、電話鑑定を1件させて頂き、その後、来店してくださった素敵なお客様を鑑定させて頂きました。

 

今、体中がとても良い感じに疲れています。

 

今夜はぐっすりと眠れそうです(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦625 秋祭り

丁酉年 己酉月 丙午日 曇りのち雨 「悪魔・正位置」

 

たった今、ニュースでソフトバンク・ホークスが優勝した事を知りました。

 

福岡の踊る占い師・ソフィさんは、きっと今頃、感慨にふけっているに違いありません(^^)

 

そう思うと、ホークス・ファンではないのですが、僕も嬉しくなりますね。

 

ただ、九州に迫っている台風18号の事だけが、ちょっとだけ心配ですが…

 

ちなみに、ここ東京・中野坂上では、今日と明日は氷川神社の秋祭りです。

 

 

駅前には、立派なおみこしが用意されていました。

 

今日はサロン ド シルフィーユはお休みにして、溜まっていた仕事をこなしていたのですが、ついさっきまで、表でわっしょいわっしょいと威勢の良い掛け声が響いてきました。

 

でも、台風18号のせいで、さっき雨が降ってきて、声はどこかにかき消されてしまいました。

 

明日のお祭りは、この分だと中止になりそうです。

 

外はもう、すっかり涼しくなってう夏もすっかり影をひそめてしまいました。

 

雨もまだ降り続いているし、仕事はまだ残っていますが、今夜はちゃんと自宅に帰ろうと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦624 素敵な旅を終えて

丁酉年 己酉月 乙巳日 晴れ 「ペンタクルスの6・逆位置」

 

昨日は六甲山巡りをした後、六甲アイランドにあるシェラトンホテルへと向かいました。

 

 

お客様が予約してくださっていたお部屋は、またしても、最上級のビップルームでした!!

 


    本当に、恐縮します…

 

窓から見る景色も、本当に最高です。

 

 

ちなみに僕は、窓ガラスがきちんとはまっていれば、どんなに高い所でも、それほど怖くはありません。

 

ホテルでしばらく休憩をした後、お客様と神戸のおいしい居酒屋でお食事をして、その後、今度はシェラトンホテルのバーで、最高級のワインやウイスキーをご馳走になりました。

 

あまりに美味しいお酒なので、ついつい飲み過ぎて、またしても、途中から記憶が無くなってしまいました…

 

そして今朝、東京行きの電車に乗って、東京へと帰ってまいりました!!

 

今回、お客様のご厚意で、エクシブ有馬離宮やシェラトンホテルといった、一流のホテルで、これまでに体験した事もないような最高級のホテルの手厚いサービスを受けて、とても勉強になりました。

 

「もしも、成功者になりたいと思ったなら、まだ成功していない状態であえて、自分の貯金を全部使ってでも、成功者が使っている最高級のホテルに泊まってみるのが良い…」 などという話を、昔聞いた事があったのですが、今回の旅行で、その意味がものすごくわかった気がします。

 

最高級のホテルのおもてなしというのは、今まで自分が泊まった事があるビジネスホテルとか、リーズナブルな宿とは、もう比べ物にならないと言いますか、「なるほど、こんな所まで相手の事を考えて、くれるのか…」と、その度に感動して、目からウロコが落ちるような気持ちになります。

 

そして、自分自身の至らなさというか、気遣いの無さに気づかされると言いますか…

 

そこに、自分の人生の限界や死角があった事を、発見できます。

 

それにしても、一流ホテルの中で、ホテルの方から気遣いのあるおもてなしを受けるたびに、めちゃくちゃ居心地が悪かったです(笑)

 

バツが悪いというか…

 

実力が無くて、人に対して十分に幸せを与える事ができない自分がちっぽけに感じて、「今の自分で満足していてはいけない」という気持ちが何度もよぎりました。

 

お客様からこれだけのおもてなしを受けているのに、今の自分には力がなくて、何のお返しもできないです。

 

別にお金持ちになりたいとか、贅沢をしたいとかではなく、いつしか自分も、もっともっと気遣いができる一流の人間になれるように、精進したいと思います!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

 

2017年9月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦623 六甲山巡り

丁酉年 己酉月 甲辰日 晴れ 「剣のナイト・正位置」

 

旅も、今日で3日目…

 

今朝のエクシブ有馬離宮の朝食は、豪華な洋食でした。

 

    これはメインディッシュで、他にもたくさんの料理が出てきました…

 

お昼前に、ホテルをチェックアウトして、まずはロープウェイの有馬温泉駅へ

 

 

そして、妻の旅行計画にそって、六甲山へと向かうロープウェイの旅を楽しみました。

 

 

有馬の温泉街が、だんだんと遠のいていきます。

 

 

緑の山々をすり抜けて…

 


 

 

下を見下ろすと、一面の杉畑…

 

 

そして、所要時間だいたい12分ぐらいで「六甲山頂駅」に到着しました。

 

 

六甲山山頂から見える景色は、本当に雄大です。

 

 

思わず、感慨にひたる事しばし…

    高い所、ちょっぴり怖いです

 

頂上のお食事屋さんで、ジンギスカンのラーメンを食べて、少し休憩を取りました。

 

 

その後、山頂にある展望台も兼ねている「六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)」という建物に、入ってみました。

 

 

建物の中心部です。

 

冬は、ここに雨水をためて、氷を作っていたとか…

 

 

中から上を見上げると、蜂の巣のようなたくさんの網目が、何とも幻想的な雰囲気をかもし出してくれます。

 

おみやげ屋さんで、六甲山サイダーを買って、飲んでみました。

 

 

シュワシュワして、美味しいです(^^)

 

今夜は一路、六甲アイランドにあるシェラトンホテルに向かい、お客様からのご招待で、お食事をさせて頂く予定です。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

 

2017年9月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦622 有馬温泉紀行

丁酉年 己酉月 癸卯日 晴れ 「棒のキング・正位置」

 

有馬にあるゴージャスなホテルの一室で迎えた朝…

 

 

ここエクシブ有馬離宮の中庭は、すごく美しくて、いつもミストの霧で包まれています。

 

この中庭は、自由に散策もできるのですが、ミストがとても気持ちよくて、まるで天国を歩いているような気分になります(^^)

 

そして、このホテル・エクシブの魅力は、見事な天井のつくり…

 

 

写真ですと、ちょっとわかりにくいのですが、実際にこれを見上げると、「うお~っ」と思わず感動で、声が出そうになります。

 

お客様が予約してくださった、ホテルエクシブの和食は、朝食というには、あまりにも豪華なお食事でした。

 

    これだけではなく、さらにここに前菜とドリンク、デザートがついてます…

 

「2日目の今日は、丸一日、夫婦でご自由に行動されてみてください」という、お客様からの提案があって、妻が立ててくれた旅行計画にもとづいて、有馬温泉のエリア内を回ってみる事になりました。

 

エクシブ有馬離宮から、有馬温泉駅に向かって、坂を下りていき、最初に目に入ったのは、駅の近くに建っていた太閤秀吉像…

 

    太閤殿下の隣に並んで、撮影してみました…

 

そして、その秀吉と見つめあうよう場所に建っているのが、こちらのねね像です。

 

 

なぜ、この2人の像がこの有馬温泉に建っているのかと言うと…

 

この有馬温泉は、戦国時代に戦火に遭って、それ以来すっかりさびれてしまっていたのですが、それを復興させようと、大規模な泉源の改修工事を着手したのが、実際に有馬の湯につかって、その効能を体験した豊臣秀吉だったとの事…

 

ただし、改修工事が完成したのは、秀吉の死後の事で、秀吉は結局、その成果を見る事が出来ませんでした。

 

ねね(おね)は、言わずと知れた秀吉の正妻・北政所の事ですが、秀吉の死後も有馬温泉の復興に協力したとの事…

 

秀吉とねねは、有馬温泉復興に尽力した、いわば地元の大恩人で、だから2人の像がここに建っているのですね。

 

駅前を歩いていると、地元のお酒を販売しているビールスタンドがあったので、地酒の「有馬ビール」を一杯飲んでみる事にしました。

 

 

有馬ビールを飲んで、少しだけほろ酔い気分で、旅のスタートです!!

 

最初に向かったのは、子宝祈願でも有名な湯泉神社…

 

 

ちなみに、ここの子宝安産のご神体は、なかなかときわどい姿をしています。

 

さすがに、ご神体なので写真におさめるのは、はばかられたのですが、なんとすでにネット上では、画像が出回っているようですね。

 

    きわどいご神体が見たいという方は、ネットサーフィンしてみてください♪

 

そして、有馬温泉に行って、絶対に外せないのは、かの有名な金泉、銀泉めぐり…

 

 

金泉のお湯は、鉄分と塩分を含み褐色に見えるのが特徴で、ここ「金の湯」は、その金泉から出た湯を使っている名湯…

 

 

そして、銀泉のお湯は、透明でミネラルなどを多分に含むのが特徴で、この「銀の湯」は、その銀泉から湧き出た湯で出来ている温泉です。

 

今回は、時間の関係で、銀の湯のみに入る事にしました。

 

ミネラルを含んだ湯にたっぷり使って、体がホッカホカになりました(^^)

 

この後、チックタックという美味しい洋食レストランで、山椒カレーを食べて、少し遅い昼食にしました。

 

次に訪れたのは、天神泉源…

 

学問の神様である、天神様の境内に、なんと温泉源の給湯装置があるのですね。

 

 

社へとつながる石畳の階段も、お湯の含鉄ナトリウムの成分で、色が変色しています。

 

温泉街を歩いて、どうしても気になってしまったものがあって…

 

よく意味の分からなかったのですが、やけに顔がリアルな立て札があるので、思わず写真におさめてしまいました。

 

この方は、実際に実在する方なのでしょうか…

 

もしかすると、秀吉やねねと同じく、有馬温泉の復興に貢献した方なのかも知れません。

 

 

この方は、恰好は女の子なのですが、顔はどう見ても、僕と同い年ぐらいのおじさんに見えますね。

 

 

なんとも、シュールな看板です(笑)

 

この後、約20分ぐらい歩いて、鼓ヶ滝を見に行きました。

 

 

見事な滝にうっとりと、しばしの感動…

 

温泉街の近くの利休というお店で、夕食の広島焼きと焼きそばを食べて、ホテルに帰ると、うっすらと夕暮れになっていました。

 

 

このままホテルで今夜は一泊して、明日は、六甲山のあたりを散策する予定です。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

 

2017年9月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦621 旅の始まり

丁酉年 己酉月 壬寅日 曇り 「棒の9・逆位置」

 

今日から、いつもお世話になっているお客様からのご招待を受けて、兵庫県の有馬温泉へと旅立ちます。

 

そのお客様、本当に大成功者なんですけど、とてもやさしくて懐が広い事業家で、4年前にも神戸にご招待いただいて、鑑定をさせて頂いた事もあります。

 

(2013/7/17ブログ 「神戸のゴージャスな夢」 参照)

 

まだあの時は、サロン ド シルフィーユもなければ、結婚もしていないし、しかも千葉の小さなワンルームマンションの物置のような状態の部屋で、毎日を過ごしていた時期でした。

 

振り返ると、あの時代が懐かしいと言いますか…

 

人生というものは、本当に不思議なものだなあと思います。

 

東京から新幹線で、一路「新神戸」へ…

 

 

その後、神戸電鉄有馬線に乗って、有馬温泉駅へ到着しました。

 

 

小高い丘を上へ上へと登っていくと、そこにあったのは、最高級のホテルのエクシブ有馬離宮

 

 

お客様が予約してくださったのは、そのホテルの中でも特別なもっとも特別なお部屋の一室でした。

 

 

ここがリビング…

 

でも、お部屋はこれだけではありません。

 

僕の今までの人生でのホテルの感覚は、「ワンルームでそこにベッドとテレビ…」 というものだったのですが、その常識をくつがえされました。

 

広い寝室…

 

 

そして、最高のバスルーム…

 

 

さらにさらに…

 

 

7Fのホテルの広いベランダには、なんと外風呂が…

 

本当にさっき、ホテルの部屋の中で迷子になりました(笑)

 

そして、お客様と一緒に3人で頂いた、華暦の鉄板焼…

 

 

最高級のお肉と最高級の野菜に、最高級のお酒、そしてお客様がエスコートしてくださる最高級の夜に、もう心の底からうっとりです。

 

おそらく、僕の人生でこれ以上美味しい料理をを食べる事もないと思います。

 

素敵な夢のような1泊目…

 

まだまだ、旅は続きます。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年9月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦620 天気雨

丁酉年 己酉月 辛丑日 晴れ時々雨 「太陽・正位置」

 

今さっき、窓の外で、いきなり天気雨が降ってきました。

 

空は青いのに、雨がすごい音をたてて降っていて、何ともシュールな感じでした。

 

しばらくの間、サロン ド シルフィーユの部屋の窓を開けて、降り続ける雨を眺めながら、人生というのは本当に不思議で、それ自体がまるで、素敵なアトラクションのように感じました。

 

もしも、この世に生まれてこなかったら、この天気雨も見る事は叶わなかったでしょうし…

 

日常の小さな顛末に囚われて、あれこれと思い悩んでいると、つい、大切な事を忘れてしまいますね。

 

確か前にもこんな事を。パリに行った時もブログに書いたような記憶があるのですが、やっぱりいつしか忘れていました(笑)

 

(2012/3/15ブログ 「この瞬間の光の中で」 参照)

 

外はすっかり雨も止んで、今度は太陽がまぶしく照らしています。

 

明日からしばらくの間(4日間ぐらい)、妻と一緒に東京を離れる予定でいます。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

 

2017年9月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi