占い暦547 今年も半分終了

丁酉年 丙午月 戊子日 雨のち晴れ 「カップの6・正位置」

 

今日は、サロン ド シルフィーユで溜まっている雑用を片付けながら、古いパソコンに入っているデータを新しいパソコンに移し替える作業をしていました。

 

新しいパソコンが使い勝手が、まだ慣れていないのですが、パソコンの設定をカスタマイズして、ウィンドウを横に寄せすぎても勝手に大きくならなくしたり、速すぎるマウスのスクロールホイールの速度を遅くしたりして、自分になじむように設定を変更しました。

 

キーボードが、まだ、手になじんでいないのですが、そのうちに慣れてくると思います。(このブログも、新しいパソコンで打っています…)

 

本日の昼食は、本物の緑のたぬきです。

 

少し前には、本物ではない緑のたぬき(ケーキ)を食べたのですが…

(2017/6/15ブログ 「「緑のたぬき」を食べました」 参照)

 

 

本物の緑のたぬきは、さすがにフタまでは食べられません(笑)

 

ふと気がつけば、もう、2017年も半分が終わってしまったのですね。

 

本当に早いものです。

 

後半の残り半分も、気合い入れて頑張ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦546 運命の切り替わりには、思わしくない何かが起こる

丁酉年 丙午月 丁亥日 晴れ 「運命の輪・正位置」

 

今日は、先週予約した、歯医者さんに行く日…

 

サロン ド シルフィーユはお休みにして、溜まっている仕事を少しずつ片づけていました。

 

ちなみに、このサロン ド シルフィーユには、仕事をする為のパソコンが2台もあります。

 

一つは、8年前に買った緑色のVAIO、そしてもう一つは、真藤昌瑳熙先生に手配して頂いた、最新型のWindows10です。

(2016/7/21ブログ 「新しいパソコン」 参照)

 

もう、新しいパソコンを導入して、1年になるのですね。

 

あの時、講座の内容を効率よく刷新する為には、PowerPointが必要だという事になって、真藤先生が、PowerPointが使えるパソコンという事で、新しいパソコンを手配してくださったのですが、僕は相変わらず、講座以外のほとんどの作業を古いパソコンでやっていました。

 

古いパソコンは、起動時間やパソコンの反応の時間がめちゃくちゃ遅いのですが(おそらく、普通の人なら我慢の限界を超えるほど遅い…)、キーボードが手になじんでいて使いやすいのと、データを新しいパソコンに移すのが面倒だったのと、あと、使いなれたパソコンの緑色のボディへの愛着が捨てきれなくて、せっかく新しいパソコンがあるのに、ほとんど活用していなかったのです。

 

それにだいたい、今ではアップデートの機能さえ切れてしまっているWindows Vistaですし…

 

ところが昨日、仕事をしていたら、いきなり電源が切れるというアクシデントに見舞われました。

 

にもかかわらず、きっと、たまたま起こった不具合に違いないと思って、やり過ごしていました。

 

そして、いつものように、メールの文章を、うっかり消えてしまわないようにメモパッドを使って作成していたら、今度はいきなり、コンピューターがフリーズしました。

 

まあ、このまま10分も待っていれば復活してくれるだろうと、フリーズしている間、本を読んでいたら、画面が真っ黒になってしまいました…

 

あわてて、ボタンをでたらめに押したら、しばらくして、電源が切れてしまいました!!

 

せめて、さっき打ったメモパッドのデータだけでも、自動保存されていないだろうかと淡い期待をしたのですが、2時間半以上かけて作った文章が、一瞬で消えてしまいました。

 

さっさとデータを移行して、新しいパソコンで作業をしていればこんな事にならなかったのですが、自分のスタイルを変えようとしなかった事で起こった悲劇ですね(涙)

 

でも、これで目が覚めました。

 

新しいパソコンに少しずつデータを移して、作業もこのパソコンでやる事にします。

 

運命の切り替わりには、思わしくない何かが起こる…

 

時に人生でも、自分があくまでもスタイルを変えようとしないと、まるで運命から催促されるように、トラブルや不幸に見舞われたりします。

 

思い出してみると、僕は、パリに旅立つ前、自分の進路について決めかねていた時には、ちょうどそんな感じだったのですが、その後、思い切ってパリに行ってみたら、その後は驚くくらいに、どんどん運が開いて行きました。

 

まあ、ちょっと話が飛躍しすぎですが(笑)

 

これからは、新しいパソコンを使って、能率よくサクサク仕事をこなします!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦545 メリハリをつければ、能率も上がる

丁酉年 丙午月 丙戌日 晴れ 「剣の4・逆位置」

 

今日は、サロン ド シルフィーユで、お2人の素敵なお客様を鑑定させて頂き、さらに電話鑑定を1件させて頂いたのち、鷺宮の自宅に帰りました。

 

とはいっても、仕事は山ほど溜まっていて、最初はこのまま、サロン ド シルフィーユに泊まって、少しずつでも片付けようと思っていたのですが、家内からの一言で、仕事の能率を上げる為にも、今夜は自宅に帰る事にしました。

 

家内の話では、ある調査で、会社で働いている人の仕事の能率のデータを取った所、休み時間をきちんと取って、昼食は外に行ってしっかりと休んで仕事をやる人と、どこかのコンビニでおにぎりなどを買って、休み時間もそれを食べながら、寸暇を惜しんで仕事をするという人では、意外にも、後者の方が仕事が早く終わる傾向にあるという結果になったそうです。

 

普通に考えれば、休み時間まで献上して仕事をしている人の方が、仕事が早く終わるに決まっている… と考えそうなところなのですが、意外にも、そうでもなかったのですね。

 

休み時間をしっかりと取る人は、確かに仕事に向き合っている時間はそれだけ少なくなるものの、しっかりと脳に休憩を取らせる事によって、脳がフル回転して、仕事の効率がグンと高くなるという事なのでしょう。

 

メリハリをつければ、能率も上がる…

 

今まで僕は、あまりメリハリをつける事なく、時間をかける事を頼りにして、力任せに仕事をしていたのですが、ちょっぴり仕事のスタイルを変える事に挑戦してみようかと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦544 気づかない内に、それなりにうまくなる

丁酉年 丙午月 乙酉日 曇り 「魔術師・正位置」

 

今日は、月一回の書のレッスンの日です。

 

昨日、書き上げた書を持って、板橋区十条にある野尻泰煌先生の教室に行きました。

 

そして、高天麗舟先生浅草とんぼ玉工房の主催者で、とんぼ玉の第一人者である黒澤忍さんと一緒に、野尻先生のレッスンを受けました。

    高天麗舟先生、貴重な書の作品ありがとうございます。大切にします♪

 

早速、昨日(正確には、今日の午前3時)に書きあげた、書の作品を提出すると、野尻先生から「だいぶ、うまくなったね」と誉めて頂きました。

 

特に、この2枚がうまく書けていると、野尻先生が選んでくださったのが、下の2枚の写真の作品…

 

  

 

自分では、あまりうまく書けているいるとは、思っていなかったのですが…

 

本当にわからないものです。

 

野尻先生から、「級で言うなら、一番下を0とするなら、8ぐらいに相当する」と、おっしゃって頂きました。

 

毎月、レッスンの前の日になって、時間に追われながら仕上げているような、一夜漬けの練習であっても、それが何度も重なれば、やがて実力にもなっていくのでしょう。

 

気づかない内に、それなりにうまくなる…

 

本当にありがたい事です。

 

そんな事を感じながら、中野坂上のサロン ド シルフィーユに戻ってきました。

 

うまくなったと言っても、高天麗舟先生から頂いた作品を改めて鑑賞すると、レベルの差を感じますね…

 

さて、これから、素敵なお客様の電話鑑定をさせて頂きます(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦543 目に見えるものの向こう側

丁酉年 丙午月 甲申日 曇り 「棒の9・正位置」

 

明日は、書のレッスンの日…

 

野尻泰煌先生から頂いた書のお題を、いつものごとく、またしても前日になってから、時間に追われて始めています(笑)

 

 

お昼頃から、ずっと書き続けて、今やっと半分ほど終わったところです。

 

書の練習は、ひたすら野尻先生が書いてくださったお手本とそっくりになるように、書き写す事…

 

まあ、どんなにそっくりに書こうとしても、どこか違ったものになってしまうのですが…

 

さっき、何枚も書いていて、ふと気づけた事があったのです。

 

今まで僕は、もしかすると、書というものの表面的な部分ばかり、見ていたのかも知れません。

 

あまりにも、字の形にとらわれていたと言いますか、言い換えると、半紙の白い部分と、墨のついた黒い部分という2つの色の差についてしか、考えていなかったのですね。

 

でも、作品を見た人が感動するのは、そこに書かれている字の形といった表面的な部分ではなく、その作品を見た時におのずと伝わってくる、それを書いた人の気迫や境地といったもののはず…

 

その作品を見た時に、書いた人の筆づかいを感じ取って、そこからそういったものを感じ取るからに他なりません。

 

確かに、それを理屈ではわかっていたのですけど、練習の時には本質を忘れて、いつしか、目に見える形だけにとらわれてしまっていました。

 

もちろん、それがわかったからと言って、書がうまく書けるかどうかは、別問題ですけど…

 

前に、野尻先生が、僕の書を見て、良寛のような才能があると、ほめて頂いた事があったのですが、正直、良寛の書と、僕の書いた字の形はまるで似ていないし、どこでそう思われたのかが全く分からなかったのです。

 

(2017/3/28ブログ 「良寛の書と生き様」 参照)

 

言うまでもなく、超一流の書といわれる良寛の書と、僕の書いた下手な所では、天と地の差がある訳ですが、そんな中でも、形には表れていない部分で、わずかに良寛の書に近いものが書けるようになる可能性を、野尻先生は感じ取ってくださっていたのかも知れません。

 

この事は、書だけに限らず、全てに物事について言える真理のような気がします。

 

なんでも、形や表面的な部分にとらわれてしまうと、大切な事を見失ってしまう…

 

目に見えるものの向こう側にあるものを、自然に感じ取れるようになった時、物事の本質が見えるようになるのかも知れません。

 

さて、それでは気持ちを新たに、書の続きを頑張ります(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦542 人生を決めるのは、その人の器と出会い

丁酉年 丙午月 癸未日 雨 「カップのペイジ・正位置」

 

今日は朝から雨…

 

一日中サロン ド シルフィーユにこもって、電話鑑定と溜まっている仕事を片付けていました。

 

今朝は、長野でかなり大きな地震が起こったようですが、人命にかかわるような被害もなく、不幸中の幸いだったと思います。

 

それにしても、人の人生というのは、いつ何時、何が起こるかわからないものです。

 

例え、生年月日の占いで人生のバイオリズムがわかると言っても、自分がたまたま居合わせた地域に、突然、地震のような自然災害が起これば、よほどに運が強くない限り、その巻き添えをくってしまいます。

 

自然災害に限らず、どちらにしても、多かれ少なかれ誰もが、人生上で起こりうるトラブルを避ける事は難しいでしょう。

 

人生で大きく大成する人というのは、その運の強さゆえに、あんまり、そういうトラブルに巻き込まれる事がないかと言うと、その辺りは必ずしもでは無いような気がします。

 

もちろん、致命傷となるような大きなトラブルからは、不思議と守られていたりするのは、本当だと思いますが、日常で起こりうるような細かなトラブルに遭遇する点については、普通の人の人生と同じです。

 

ただ、大成する人は、そういうトラブルに遭ったとしても、あまり感情的にならず冷静沈着にそれに対処して、難なく乗り越えていきます。

 

その場で起こった不幸に、さほど取り乱す事も無ければ、自分の境遇を嘆いたりする事もありません。

 

つまり、器が大きいと言いますか…

 

こういう人はやがて、大成していきますね。

 

「器の大きい」という言葉は、わかるようでわからない言葉ですが、器の小さい人(いつも、自分の事で汲々としているような人)の逆の存在と捉えれば、いいような気がします。

 

器が大きい分だけ、何かのトラブルが起きても、さほどメンタルをやられる事もなく、ペースを崩す事無く、自分の夢を実現していきます。

 

そして、「器の大きさ」ともう一つ、人生を決めるのは、「人との出会い」かも知れません。

 

もしも自分のすぐ近くに、頼りになる協力者がいれば、自分が多少調子が悪くても、カバーしてもらえるものです。

 

もちろん、自分の人生に与えられた出会いだって、自分の器の大きさと密接に結びついているでしょうから、この2つを別物として分ける必要は無いかも知れません。

 

人生を決めるのは、その人の器と出会い…

 

僕も、今よりももっと器を広げて、やがて幸せを人に分け与えられるような人間になりたいです。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦541 選挙演説の声が飛びかう街で

丁酉年 丙午月 壬午日 晴れ 「棒のエース・正位置」

 

東京都議会議員選挙が告知され、選挙期間に入って、サロン ド シルフィーユのある中野坂上でも、鷺宮の自宅でも、やたらと選挙カーと拡声器の声が騒がしくなってきました。

 

なんでも、定員127人の所を今回は259名が立候補しているとの事…

 

正直僕も、どの候補者に投票するか、全く決めていません。

 

いつもの選挙なら、あまり考える事なく、いつも入れている政党の候補者を、事務的に投票してそれで終わりだったのですけど、前の都知事選の時のやり方というか、有無を言わせないあの党内の強引な締め付け方をみて、ちょっと今回はそういう気分にならないと言いますか…

 

前回の都知事選では、とりあえず、僕と同じ緑色が大好きそうな人に投票したのですが、(もちろん、それが本当の理由ではなく、あの時点で有効票となりそうな3人の候補者の中で一番信頼できると思ったので…)とはいえ、これまでの政治の流れを見てきて、今回もすんなりと、その新しくできた政党に投票するような気分でもないし…

 

完全に、浮動票状態です(笑)

 

そんな訳で、ついつい聞こえてくる選挙演説に耳がいってしまいますね。

 

ちゃんと、政策を話して、どういう政策を立てたいかを話している候補者もいれば、選挙カーで、何度も何度も候補者の名前だけを連呼しているような候補者もいます。

 

同じ名前を何度も何度も聞かされると、人間の脳にインプットされるので、なんとなくその人に投票しやすいという心理的作用を利用しているのだと思うのですが、逆にそういう雑学を知っている人には、あざとさを感じさせてしまうというか、逆効果になると思います。

 

かと思うと、終始批判ばかりで、「それって国会議員の権限であって、都議会議員に全く関係ないでしょ」みたいな演説をしている候補者もいたりして…

 

もちろん、これは僕が主観的にこう感じているだけで、聞いている人がどのように感じているかは、その人次第だと思いますが…

 

選挙演説の声が飛びかう街で…

 

未だにどの候補者を投票するか、結局決まっていませんが、何度も選挙カーとすれ違いながら、一番人間的に信頼できる人に投票できればと思います(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦540 ニュース特集を見ながら

丁酉年 丙午月 辛巳日 晴れ 「ペンタクルスのエース・逆位置」

 

今日のお昼は、ちょうど入った、ある施設の待合室にあったテレビのニュースの特集を、ずっと見ていました。

 

最近はこんなに長い時間、テレビのニュースを見続けた事もありませんでした。

 

その時にたまたま、テロップで悲しいニュースの速報が入ってきました。

 

その時のニュースで写っていたのは、どうみても偽物っぽい100万円の札束をすばやくカバンにしまっている例のあの人の映像や、国会議員が秘書に対して罵ったという、信じられないような汚い言葉の全文…

 

その途端、とても悲しい気持ちと、白けた気分と、やたらと腹立たしい感情が、同時にこみ上げてきました。

 

とはいえ、今抱えている自分の心配事だってありますし、テレビで報道される一つ一つのニュースに対して、思いきり感情移入できるほどに、人生に余裕がある訳ではないのですが…

 

テレビのニュース報道に、どんなに悲しんだ所で、白けてみた所で、腹を立ててみた所で、それによって、何かが変わる訳ではありません。

 

もちろん、心が優しい人や正義感の強い人は、悲しみに暮れる人達にいたわりのメールを送ったり、汚い言葉を発した暴言の主に対して、抗議のコメントをつけたりするような事も、あるかも知れません。

 

だけど中には、こういうニュースを見たとしても、全く感情を動かされない人だっているはずです。

 

どっちが良くて、どっちが悪いというものでもないでしょう。

 

とはいえ、ニュースを見ながら、ついついそこに感情移入をして、悲しんだり怒ったりする事自体は、そんなに悪い事ではない気がします。

 

そうやって、社会や他者の気持ちを共有する事は、ある意味、非常に有意義な事ですし…

 

ただ、ここで気をつけなければいけないのが、そのネガティブな感情に囚われて、いつまでたっても、その事に対して怒っていたり、悲しんでいたりしない事かも知れません。

 

もちろん、そういった怒りや悲しみは、今の現状を打開する大きな原動力となる事もありますし、それによって、その状況や現状の社会を改善すべく、アクションを起こす事はとても素晴らしい事だと思います。

 

ただ、できる事なら、その時に怒りに支配されたまま行動を起こすのではなく、もっと発展的な気持ちでアクションを起こせたら、さらにいいと思うんですね。

 

怒りに支配された行動は、そこからさらなる怒りを生むだけで、その割には概して実りも少ないものですし…

 

腹の立つニュースを聞いた一瞬、心が怒りに支配されるのは、とても健全な事だと思います。

 

ただ、怒りに自分が支配されてしまうのではなく、その怒りの気持ちを自分が支配するくらいの、本当の意味での心の強さが欲しい…

 

そんな事を自分に言い聞かせながら、しばらくぼんやりと待合室のニュース特集を見ていました。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦539 歯医者さんに行ってきました

丁酉年 丙午月 庚辰日 晴れ 「恋人・逆位置」

 

珍しく、鷺宮の自宅でノート・パソコンを使って、ブログを更新しています。

 

今日は、サロン ド シルフィーユは、お休みにして、歯医者さんに行ってきました。

 

そろそろ、行かなくてはと思いつつも、忙しさにかまけて、ずっと歯が悪いのを放置したままでした。

 

冷たいものを食べるとしみるし、歯が悪いと口臭の元になりますから、2年ぐらい前からずっと、早くしなくてはと思いつつも、結局今になってしまいました…

 

 

いつも、なぜか初めてのお医者さんに掛かる時というのは、勇気がいるものですね。

 

今日が初診であるにもかかわらず、下の歯の全体のお掃除と、早速、麻酔を打ってもらって、上の歯の1本の虫歯を治してもらいました。

 

今、麻酔のせいで、上唇が少ししびれていますが、口がお酒に酔っ払っているような不思議な感覚で、なんかいいですね。

 

クセになりそうです(笑)

 

冗談はさておき、下の歯にべったりとくっついていた歯垢を、掃除機のような機械で、全部取って頂きました。

 

実をいうともう3年ぐらい、歯医者さんに行っていなかった事もあって、歯垢がもう何重にも覆いかぶさってカチカチになっていました。

 

それを全て削り取ったので、出血もそれなりにしましたし、結構痛かったですね。

 

定期的には医者さんに行っていれば、こんな事にはならなかったのですが、自業自得です。

 

ちなみに、歯科衛生士さんからお聞きしたのですが、歯ブラシと言うのは、1ヶ月も使ったら、新しいものに取り替えないと、十分に機能してくれないそうです。

 

あと、歯ブラシは、強く歯にこすりつけるのではなく、歯茎と歯の部分にしっかりと当てる事が大事なのだとか…

 

歯間ブラシの使い方なんかも、丁寧に教わりました。

 

さてさて、今使っている歯ブラシは、もうとっくに1ヵ月以上使い続けているので、早速、新しいものを買ってきました。

 

やっぱり、緑♪

 

もう、あと何回かは、この素敵な歯医者さんに、通う事になりそうです(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦538 雨降りと夏至

丁酉月 丙午月 己卯日 雨 「カップの2・逆位置」

 

今日は、朝からずっと雨降り…

 

昨日の夜から、サロン ド シルフィーユで泊まったまま、外には一歩も出ていません。

 

今日は電話鑑定が3件入っていて…

 

先程、2件目の鑑定が終わって、この後、最後の素敵なお客様を、鑑定させて頂きます。

 

そして、鑑定の合間に、昨夜の素敵なお客様がおみやげにくださった、蒲田の「甘藷まれのや」の美味しいおいもと、家内が差し入れてくれたお弁当を、メールの返信をしながら、掛け込むように食べています。

 

今、夜の18:45だというのに、窓の外はまだ明るいです。

 

さっき、浅草とんぼ玉工房を主催する、とんぼ玉作りの名人・黒澤忍さんからのメールで、今日が夏至である事を教えて頂きました。

 

今年の夏至は、6月21日だという事は、しっかり覚えていたのですが、当日にもかかわらず、今日がその夏至の6月21日であるという事を、すっかり忘れてしまっていました(笑)

 

どおりで、空が午後7時近いのに明るいと言いますか…

 

今日が一番、一年で日が長い日だったのですね(^^)

 

本当に時の経つのは早いもの…

 

モタモタしていると、おいて行かれてしまいそうです。

 

雨降りと夏至…

 

さあ、それでは今夜も素敵な鑑定ができるように、頑張ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年6月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi