占い暦517 過去に頑張った事は、全て未来に活かされる

丁酉年 乙巳月 戊午日 晴れ 「世界・逆位置」

 

今日は、Robin先生からお誘いを受けて、新宿のルノアールで、一緒にお食事をしました。

 

サロン ド シルフィーユを作る前には、僕もよく、直接鑑定をやらせて頂く時やミーティングをする時には、ルノアールを活用させて頂いていたものですが、最近はすっかり喫茶店に入る機会も少なくなっていて、本当久しぶりここに来ました。

 

 

Robin先生も、新宿の占い館アゥルタ-ムで、パワフルに毎日たくさんのお客様の鑑定を、鑑定されています。

 

久しぶりに、Robin先生の元気な姿を見たら、僕もとてもやる気がみなぎってきました。

 

今日は、Robin先生から、本当にたくさんのお話を伺いました。

 

特に、音楽業界に関するお話…

 

僕も10代20代の頃は、ミュージシャンになる事を目指しながら、アルバイトを掛け持ちにして、毎日を過ごしていました。

 

Robin先生も、若い頃、ミュージシャンとして活動していた時期があったのですが、それはかなり本格的なものでした。

 

だから、音楽に関する思い入れも半端なくすごいですし、外国の様々なジャンルのミュージシャンの事や、音楽理論やコード進行など、いろいろな知識を持っていらっしゃいます。

 

ギタリストの為の分散和音練習ノート

http://robinmusic.blog.fc2.com/

 

このレベルになると、僕はもう追いつけないですね。

 

本当にすごいです!!

 

それで、Robin先生のこの頃の経験が、最近、鑑定の中でとても役に立った事があったそうです。

 

一見、占い師の仕事と、ミュージシャンの経験とは、あまり関連性がないように思えるのですが、こんな風に、人生というのは、過去の経験が思わぬ所で役立つような事があるのですね。

 

過去に頑張った事は、全て未来に活かされる…

 

目の前の事を、いつも一生懸命やる習慣がついている人は、思わぬ事でそれに助けられるし、人生で起こる出来事には、本当に無駄なものは何一つないんだなあ… と改めて思わされました。

 

ROBIN先生のBLOG

http://uranai-robin.seesaa.net/

 

Robin先生は、占い師として、これからますます大きな活躍をされる事と思います!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦516 先手に回れば、勝機はつかめる

丁酉年 乙巳月 丁巳日 晴れ 「剣の10・逆位置」

 

今日も初夏らしい、少し暑い一日でした。

 

5月も、残す所あと1日…

 

月日の経つのは、本当に早いものです。

 

今日は、みずぽんさんをサロン ド シルフィーユにお呼びして、4名でこの先の仕事のプロジェクトのミーティングをしました。

 

それで、みずぽんさんはさすがだな… と思ったのが、きちんとそのプロジェクトの準備をして、自分なりの資料を作って、それを持ってきてミーティングに臨んでいる所…

 

だから、話が早いと言いますか、それを元に、どんどん具体的にプロジェクトが進んでいきました。

 

※村野大衡先生のアドバイスに従って、プロジェクトの内容は、完全に実現するまで伏せておく事にします(^^;;

(ほのぼの占い師“村野大衡”「夢は人に話すな!」参照)

 

みずぽんさんは、今年、自分の夢を叶える為に、東京に上京したのですが、やっぱり気合いが入っています。

 

どんな分野であっても、自分の理想を実現させるというのは、並大抵の事ではありません。

 

そんな時に、先手を取れるかどうかというのが、一つのポイントになると思うんです。

 

先手を取っていれば、勢いがつくし、そうやって一生懸命に頑張っている姿を見れば、周囲の人も応援したくなるものです。

 

ところが、一旦後手に回って、周りの人にせかされたり、自分が組んだスケジュールに追われるような仕事のやり方になってしまうとしまうと、現状維持だけで精一杯で、前に進んでいきません。

 

後手に回って、いっぱいいっぱいの状態になってしまっている姿を、周りの人が見たら、「心配だなあ… やっぱり、これ以上無理させない方がいいんじゃないかな」と思わせてしまうし、このスタイルだといつかは破綻してしまいます。

 

物事の先手を取る為には、自分にとって、本当に大切な事とそうではない事を、きちんと区別する事が必要になってくるかも知れません。

 

みずぽんさんのブログを読むと、かなり忙しいのが伝わってきますが、それでも、ちゃんと本当に自分は何がしたいのか… という事を忘れていないのがさすがです。

 

大部屋のストーリーテーラー

http://storytellermizupon.blog.fc2.com/

 

みずぽんさんは、きっと来年には、大きく自己実現をしていのではないかと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦515 日常のありがたみ

丁酉年 乙巳月 丙辰日 晴れ 「剣のナイト・逆位置」

 

昨日の「中級編フォローアップ講座」を終えると、もう体の限界が来ていたのか、そのままサロン ド シルフィーユで眠ってしまいました。

 

講座の準備などで、あまり休んでいなかった事もありますが、それ以上に、精神的なプレッシャーから、一気に解放された事と、自分の思っていたイメージの通りに行かなかったという課題も突きつけられて、そのまま気を失ってしまったような感じでした。

 

僕自身、周りの人達に支えられているから、こうして今がある… という事を、今回の講座を終えて、改めて実感しました。

 

昨夜はぐっすりと眠って、今日は、常連のお客様の電話鑑定と、サロン ド シルフィーユでの直接鑑定を1件ずつ頂いて、溜めてしまっていたメールの返信をしました。

 

外の初夏の日差しが、サロン ド シルフィーユのベランダから降り注いで、少し暑かったので、珍しく冷房を入れました。

 

こうやって、無事に仕事ができて、贅沢はできなくとも不自由なく生きていけるという日常のありがたみを、また改めて実感した一日…

 

若い頃の僕はいつも、成功者というものになりたくて、必死でした。

 

5年ぐらい前も、まだまだそんな感じだったのかも知れません。

(2012/3/12ブログ 「成功者の条件」 参照)

 

自己実現ができなければ、死んでも死にきれない… みたいに、あの頃はいつも自分を追い込んでいましたね。

 

当時は劣等感のかたまりでしたから、そんな事もできたのだと思います。

 

そんな風に必死になって生きるという事が、良い事か悪い事かは別としても、自己実現をしたいと思っている人にとって、劣等感というものは、苦しいですけど、大いに役に立つはずです。

 

今の僕には、あの頃の真似はもうできないですけど、その分 逆に、「なんて事のない日常がいかに幸せか」という事を、心から実感できるようになりました。

 

もしも、5年前だったら、今日と全く同じ一日を過ごしたとしても、ただ焦りしか感じられなかったと思います。

 

人生というものには、きっとその時期その時期に、必要な学びというものがあるような気がします。

 

5年前の僕が、「自己実現もいいけど、それよりも、毎日無事に生きられている事に感謝しなさい」と、仮に誰かから忠告を受けたとしても、あの頃の僕に、それを理解する事は難しかったし、それにあの時代には、そんな事よりも、もっと別の学びが必要だった気がします。

 

それでまた、必死になって、空回りしながら頑張っている内に、ふとした瞬間に、自分でそういう事が気づけたりもするんですね。

(2012/3/15ブログ 「この瞬間の光の中で」 参照)

 

今は、5年前と同じような貪欲さも必死さもなくなってしまったけど、日常のありがたみが、ひしひしと伝わってきて、毎日がとてもいとおしく感じられるようになりました。

 

僕の人生の残りの時間がどれだけあるかはわかりませんけど、せっかくここまで来られた人生だから、少しでも誰か縁のある人に、さりげない心の幸せを、おすそ分けできたらなあ… と、今では柄にもなく、そんな事を思うようになりました。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦514 試行錯誤を繰り返しながら…

丁酉年 乙巳月 乙卯日 晴れ 「剣の7・正位置」

 

今日は、「中級編フォローアップ講座」の初日…

 

お忙しい中、9名の過去に中級編を受けてくださった方が、集まってくださいました。

 

実は今回、忙しさにかまけて、中級編の受講生の方への個別のメールでのご案内は行なっていなかったのですが、こうして多くの方に集まってくださった事に、本当に感謝しています。

 

今回は、会場をサロン ド シルフィーユではなく、急遽、中野区の東部地域センターに移す事によって、9名の受講生の方に対応する事ができました。

 

もしも、サロン ド シルフィーユの部屋で、この人数で講座をやったら、きっと暑苦しくて、全然講座に集中できなかったと思います。

 

それにしても、本当に失敗だらけでした。

 

今回、初めての会場を借りて、たった3時間の中で、2回分の講座以上の凝縮して行なうという初めての試みですから、失敗はある程度は覚悟していたのですが、まさかここまで、てんやわんやになるとは思いませんでした。

 

まずは、いつもの事ですが、講座の案内の場所の表記や、ファイリングしたテキストの中に、不備が見つかった事…

 

まあ、これは部分的に差し替えればいいだけの話ですが、自分では完璧にしたつもりが、思わぬ所でとんでもないミスがあったりすると、落ち込みますね(笑)

 

とはいえ、完全無欠なものなんて存在しなくて、こうやって、間違いを訂正しながら、より完璧に近づいていくのかも知れません。

 

間違いが見つかった事に、むしろ感謝です。

 

そして今日は、プロジェクターの貸し出しを申し込み時にお願しておいたのですが、その連絡が警備の方に伝わっていなかったようで、急遽、自分の持っているプロジェクターを取りに、東部地域センターとサロン ド シルフィーユの330mの距離の往復を全速力で走る事になりました。

 

だから、講座の開始時には、講座用に決めたはずのスーツの上着を脱いで、息をぜいぜいさせながら講義をやるという有様でした(^^;;

 

それはともかく、肝心な講座の内容ですが、説明がわかりにくかった所や、ちょっとモヤモヤしていた所も、多々あったと思います。

 

四柱推命は、たくさん流派により、考え方が微妙に違うので、「この考え方が正しい」と胸を張って語るには、実際の事例を出してくる以外には方法がありません。

 

結局の所、その事例をどれだけ集められるかが、勝負のような気がします。

 

そうはいっても、周りの方の助けを得て、なんとか無事に、こうして第1回目の講座ができた事に、とても感謝しています。

 

今回の失敗は、また次回以降の講座の課題として、試行錯誤を繰り返しながら、一歩一歩より良い内容の講座にしてまいります!!

 

次の「中級編フォローアップ講座」は、6月4日の来週の日曜日…

 

途中参加でも全然構いませんので、第6期までの中級編を修了された方で、お時間のあります方は、是非とも「中級編フォローアップ講座」に、お申し込みになってみてください(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦513 日本人の感覚

丁酉月 乙巳月 甲寅日 晴れ 「カップの5・逆位置」

 

今日は、池袋の東京芸術劇場の会議室で開かれた、藝文会の集いに行ってまいりました。

 

藝文会は、書家・野尻泰煌先生が主催する、様々な分野のつわものの芸術家たちが集まった最強集団です。

 

隔年で、「藝文東京ビエンナーレ」を開催するのですが、開催しない年は、こんな風に集まって、講話という形で、お互いの芸術や得意分野のお話を拝聴します。

 

みんなすごい人達ばかりなので、講話を聴く為に、たくさんの気づきがあります。

 

冒頭で、野尻先生がお話してくださった事は、日本人としての芸術に対する取り組み方への提唱でした。

 

我々日本人の芸術家の多くは、海外に目を向けて、自分の芸術を打ち出していく傾向があるものの、その時に、あまりにも海外の芸術の手法を取り入れる事に意識し過ぎて、本来の日本人らしさを失ってしまっている…

 

これは、海外の人達から見たら、自分達の芸術の真似事をやっているようにしか見えない訳で、今こそ、そういう手法に囚われない、日本人の持っている本来の良さを活かした芸術表現が必要である…

 

芸術家をはじめ、おそらくどんな職業でもそうだと思うのですが、その人が作る作品の輝きは、その作り手の内面にあるものが醸し出される訳で、我々日本人が内面に持っている日本人らしさを活用しないで、西洋の文化の手法をまねた所で、それはただの模倣品しかない、という事なのでしょう。

 

本当に、目からウロコのお話でした。

 

そして、今日の講話の主役は、海外を飛び回っている実業家でもあり、書家でもあり茶人でもある、草さんのお話でした。

 

人間の体からアプローチした、心への影響やコミニュケーションの取り方という、ものすごく興味深い内容でとても面白かったです。

 

それで、そこでもあったお話が、我々日本人は、江戸時代までは「感覚」というもので生きていて、それをそのまま芸術というものに表現していたとの事。

 

例えば、ゴッホなんかが憧れていた、葛飾北斎の絵などが、きっとその良い例なのだと思うのですが…

 

ところが、明治時代になると、とにかく西洋の文化を吸収する事に夢中になって、日本人本来の「感覚」が失われてしまった… という事らしいのです。

 

我々日本人の芸術家達は、大事な事を忘れかけてしまっているのかも知れません。

 

そんな事を、深く考えさせられた時間でした。

 

講話が終わった後は、藝文会恒例の楽しい飲み会…

 

   

 

池袋の居酒屋「魚や(ととや)」にみんなで移動して、思いっきり盛り上がりました。

     移動途中で、道に迷ってしまい、ご迷惑をお掛けしましたm(_)m

 

あまりに楽しかったので、明日は「中級編フォローアップ講座」にもかかわらず、日本酒にカクテルと、ちょっとだけ飲んでしまいました(^^;;

 

身も心も充実した、最高に素敵な一日でした(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦512 備えあれば、憂いなし

丁酉年 乙巳月 癸丑日 雨 「棒のキング・正位置」

 

昨日、「中級編・フォローアップ講座」の参加者人数が増える事を見込んで、中野区の公民館の部屋を借りる正規の手続きをしてきたのですが、それをしておいて、本当に良かったです。

 

現在の参加人数を見ると、だいたい8名前後といった所でしょうか。

もしも、部屋を借りていなかったら、とんでもない事になっていました。

 

これで安心して、フォローアップの参加者の人数が増えていく事を、心から願う事ができます。

 

公共の施設でもある部屋なので、催し物に金銭の授与が発生する事は許されないのですが、それ以外の部分では、特に制約もないですし、部屋も広いし綺麗です。

 

   

 

ゆったりと、20人以上は、中に入れそうですね。

 

こんな素敵なお部屋を、午後1時~5時まで4時間も借りて、料金はいくらかといいますと…

 

なっと、たった300円(^^)

 

さらに、無料で、プロジェクターまで借りられました。

 

願ったり叶ったりです。

 

あきらめないで探し続けていれば、案外いくらでも、良い方法があったりするものですね。

 

さっき、5月28日の講座参加予定の方全員に、メールで、四柱推命講座の会場が変更になる事を、お伝えしておきました。

 

山手通りにはバスも走っていますので、サロン ド シィルフィーユのある「中野坂上」の停留所から、公民館がある「宮下交差点」の停留所まで、一区間分だけバスに乗るという手もあります。

 

もちろん、バスなんかに乗らなくったって、サロン ド シルフィーユから公民館まで全速力で走れば、1分以内で着いてしまいますが(笑)

 

行き方の地図は、こちらです。

     なにげにこの地図作るの、めちゃくちゃ時間掛かった…

 

備えあれば、憂いなし…

 

後は、講座の最後の準備をして、当日が来るのを静かに待とうと思います(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦511 メキシコのラテンな風

丁酉年 乙巳月 壬子日 晴れ 「棒の7・正位置」

 

今日は、常連のお客様の電話鑑定をさせて頂いて、その後に、中野区の東部区民センターに行って、今度の中級編・フォローアップ講座の会場の正規の予約をしてまいりました。

 

このお話は、また明日のブログにでも書こうと思います。

 

そして、夕方から、サロン ド シルフィーユで、メキシコから一時帰国されたロメロ・ミツエ先生と、Tさんの鑑定を、続けてさせて頂きました。

 

ロメロ・ミツエ先生と会うのは、本当に久しぶりです。

 

前回、直接お会いしたのは、サロン ド シルフィーユを開店して間もない時期でしたから、もうかれこれ2年が過ぎます。

 

うちの家内は、僕のサイパン・ブログのリンク先から、よくあちこちのブログを訪問するのですが、その中でも特にロメロ・ミツエ先生のブログがお気に入りだそうです。

 

ロメロ・ミツエ先生のブログは、写真も文章もすごく素敵で、とても癒されるのだとか…

 

確かに、ロメロ・ミツエ先生のあのブログを読んでいると、本当にメキシコに行ったように、素敵な気持ちになります。

 

今日も、ロメロ・ミツエ先生から、メキシコの話をいっぱい聞かせて頂きました。

 

メキシコは公用語がスペイン語なんですけど、とにかくみんな、のんびりとしているそうです。

 

それで面白かったお話なのですが、最近のメキシコの恋愛事情として、インターネットを通じて、お相手を見つける事が、ものすごく多くなっているのだそうです。

 

それで、メキシコの登録制の出会いサイトはすごく進化していて、なんと、登録している者同士の男女がGPSですぐ近くにいるとわかると、携帯がベルを鳴らして教えてくれるそうです。

 

ベルが鳴ったら、その近くを探し回って、お相手と会ってみて、もしもフィーリングが合ったら、その場でデートをするそうです。

 

まさしく、メキシコは恋愛先進国ですね。

 

ロメロ・ミツエ先生が、メキシコに旅立ったのは、第2期の四柱推命講座・中級編が終わった後だから、もう丁度3年になるはずですが、メキシコのパワーを受けて、ますます素敵になっていらっしゃいました。

 

メキシコののどかな田舎町に住んで、占いでたくさんの人を幸せにしながら、スラム街などで苦しい思いをしている子供達を救いたい、という思いにかられて、旅立ってもう3年…

 

ロメロ・ミツエ先生は、スラム街の子供達を救う為に、それを専門にしている団体に、時々、お金を寄付するのだそうです。

 

すると、必ずその後、決まって小さな子供が鑑定を受けにくるのだとか…

 

不思議なお話です。

 

きっと、天の神様からの「子供達を思う気持ちを、ちゃんと受け取ったよ」というメッセージではないかと思います。

 

ロメロミツエ先生から、本場メキシコの美味しいコーヒー豆をいただいました。

 

   

 

これを飲んで、のんびりとしたメキシコのラテンな風を感じたいと思います。

 

ロメロ・ミツエ先生は、いつもはメキシコに住んでいますが、スカイプ鑑定もうけたまわっております。

 

ロメロ・ミツエ 仕合せ拍子 ~ラテンな風に吹かれて、占い鑑定~

http://romeromitsue.blog.fc2.com/

 

占い鑑定士:ロメロ・ミツエ 【Skype(スカイプ)占い】

http://romeromitsue.xsrv.jp/

 

よろしかったら、ロメロ・ミツエ先生のメキシコ・ブログも、ぜひご覧になってみてくださいね(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦510 迷った時は、とりあえず行動する

丁酉年 乙巳月 辛亥日 曇り 「星・逆位置」

 

今日の東京の空は、曇り空…

 

暑い毎日が続いていましたが、今日は、いつもよりだいぶ過ごしやすいです。

 

サロン ド シルフィーユの鑑定はお休みにして、四柱推命講座に向けての仕事を始めました。

 

そしてこの度、初級編を受講してくださったNさんから、中級編開催のリクエストを受けた事もあって、急遽、9月30日(土)から、中級編講座を開催する事になりました!!

 

今回は、来年1月までの超ロングスパン・コースですが、ショートスパン・コースや平日コースの中級編の開催も、今、検討しています。

 

四柱推命講座・中級編

http://www.asano-uranai.com/conference26.html

 

内容は、フォローアップ後の最新版・中級編講座で、僕も、この内容にはかなりの自信があります。

 

これまでに、初級編に参加された方、もしくは今度の超速習コースに参加予定の方のご参加を、お待ちしております。

 

今日は、ホームページに、中級編募集の記事を追加したり、今度の「中級編フォローアップ講座」のテキストの紙を、クリア・ファイルに入れる作業をやっていました。

 

なんせ、紙が160枚もありますから、テキストを一冊作るに、だいたい1時間近く掛かりますね(笑)

 

一人ではとても時間が足りないので、家内にも手伝ってもらいながら、どんどんテキスト作りの作業をすすめました。

 

今、気がかりなのは、初日の5月28日(日)の参加者の人数です。

 

参加が確定しているのは、5名の方なのですが、今後増えないとも限りません。

 

サロン ド シルフィーユは、6名までは入れるのですが、7名以上となるとちょっとキツイです。

 

それならば、7名以上入れる近くの会議室を借りればいいのですが、それでももし、5人のままだった場合、サロン ド シルフィーユ開催すれば十分ですし、その方が受講生の方も中野坂上駅からの移動距離が少なくて楽ですし、僕も、プロジェクターの機械なんかを移動させる手間が省けます。

 

悩ましいです(^^;;

 

でも、こんな時は、とりあえず行動するに限りますね。

 

もしかしたら、28日がすでに予約がいっぱいで会議室が借りられない可能性だってある訳ですから、まずは動いてみなければ、そこから先に進めません。

 

という事で、早速、中野区の区民センターに行って、会議室の予約状況を聞いてきたら、まだ、辛うじて1室のみ空きがありました。

 

そこで、事情を話して、28日の午後の会議室をとりあえず仮押さえしておきました。

 

やっぱり、行動して良かったです!!

 

これで、28日は何人参加者が来ても安心です。

 

という事で、第6期までの中級編参加者の皆さま、引き続き、「中級編フォローアップ講座」の参加お申し込みを、お待ちしております(^^)

 

迷った時は、とりあえず行動する…

 

もちろん、大きな決断に関しては慎重さが必要ですが、日常のこまごました事に関しては、考え込む前に行動してしまった方が、案外良い事が多いです。

 

という事で、このままフォローアップ講座の日曜日まで、全速力で突っ走ります!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦509 当て木があれば、人はのびる

丁酉年 乙巳月 庚戌日 晴れ 「棒の10・正位置」

 

今日は、野尻泰煌先生の書のレッスンの日…

 

昨日は、ほぼ徹夜で提出する書を仕上げて、何とかギリギリ間に合いました(汗)

 

時間に追われながら、あまり穏やかでない精神状態で書いた書だから、さすがにこれは野尻先生にダメ出しをされると思ったのですが、意外な事に、野尻先生から、「前よりうまくなったね」と、ほめて頂きました。

 

確かに、時間に追われながら書いていたものの、比較的、内面は充実していましたし、限られた時間の中で一生懸命に書いたのが、良かったのかも知れません。

 

書のレッスンから、サロン ド シルフィーユに帰ったら、そのまま、倒れるように眠ってしまいました。

 

それで、1時間ぐらいで目が覚めたのですが、寝ぼけて、「しまった。書を仕上げなければ間に合わないのに、うっかり寝入ってしまった」と、あせって、慌ててしまったのですが…

 

「考えてみれば、さっき、書のレッスンを受けたんだっけ」と、我にかえって、胸をなでおろしました(笑)

 

それにしても、毎回、野尻先生の書のレッスンを受ける度に、たくさんの気づきがあります。

 

今日も、野尻先生の含蓄のあるお話を、一緒に参加した浅草とんぼ玉工房の黒澤忍さんと一緒に、聞きいりました。

 

今回、野尻泰煌先生が話してくださったお話は、古代中国の傅説(ふせつ)という人のお話…

 

中国の歴史で、確実に存在していた王朝という意味においては、殷(いん)王朝までさかのぼる事ができるのですけど、その殷王朝22代目の王で、武丁という人がいました。

 

武丁は、ある夜、説(えつ)という名の聖人が夢に出てきて、「この人物こそが、自分を補佐してくれる人物に違いない」と思い、探してみたのですが、臣下の中にはそのような人はいませんでした。

 

そこで、あちこちに人を遣わせて探させると、道を作っている労働者の中に、それらしいの人物がいました。

 

そして、全く政治経験もないこの傅説という名の労働者を、自分の補佐役である国の宰相として用いた所、国を復興する事ができた、というお話です。

 

野尻先生は、この宰相となった傅説の述懐の事を教えてくださいました。

 

傅説は、「自分は、もしも王(武丁)の教えを受けることができなかったら、決して、このような大事を全うする事はできなかっただろう」と後に語っているんですね。

 

このように、どんな人であっても、しっかりした「当て木(添え木)」さえあれば、道を全うする事ができるようになるものだ… と、野尻先生はおっしゃいました。

 

当て木とは、何か作品を作る時に使う、定規のような役割をさせる木…

 

植え木なんかでも、枝にくくりつけて、枝をまっすぐに伸ばすのに使ったりします。

 

人生でもこれと同じで、傅説が名宰相として活躍できたように、例え全く経験が無い人であっても、良い師に巡り合って、そこからたくさんの事を学んでいくことさえできれば、大成する事ができるのでしょう。

 

僕もこれまで、たくさんの師に出会って、今の自分があります。

 

30代前半の僕は、本当にどうしょうもない人間だったというか、夢も破れて、あの頃は目標もなくフラフラと生きていました。

 

子供の頃から占いが好きで、しかも凝り症だったので、ある特定の占術知識だけはマニアックそのものでしたが、お客様を鑑定した経験もなければ、だいたい、人を鑑定させて頂くような器でもありませんでした。

 

だから、あの時に、西谷泰人先生と出会って、いろいろと教えて頂く事ができなかったなら、今の僕は存在していなかったはずです。

 

逆に言うと、今がどんなに冴えない状態であったとしても、自分の「当て木」となる良い師に巡り合って、そこから学んで行く事さえできれば、誰もが、大成する可能性は十分に残っている、という事だと思います。

 

今日も、野尻先生から本当に良いお話を伺う事ができました。

 

当て木があれば、人はのびる…

 

僕もいつしか、誰かの「当て木」となれるような、そんな人間になりたいです。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦508 道は全てに通じる

丁酉年 乙巳月 己酉日 晴れ 「剣の8・正位置」

 

東京ではまるで真夏のような、暑い日が続いています。

 

四柱推命講座・上級編は、本日満席となりました。

 

次は来年の始めに、さらに気合い入れて、第2期を開催しようと思っています。

 

引き続き、「中級編フォローアップ講座」参加募集中ですので、第6期までの中級編までお受けになられた方は、ぜひご参加ください♪(…無料です)

 

明日は、野尻泰煌先生の書のレッスンの日…

 

いつもギリギリになってしまうのが、本当に僕の悪い癖なのですが、今日も必死で書を書いています(汗)

 

 

やっぱり、心のコンディションというのは、書に表れますね。

 

忙しすぎると、心が擦り減っていくし、かと言って、暇でのんびりしすぎると、気持ちがだらけます。

 

何事も、ほどほどが良いみたいです。

 

以前、高天麗舟先生から、野尻泰煌先生がゲストで出演している東京FMの「石井竜也のディアフレンズ」の収録のCDをお借りして、それを何度も聞いていました。

 

僕は、石井竜也さんの大ファンでもあるんです(^^)

(2012/10/16ブログ 「コンサートの余韻の中で」 参照)

 

番組の中で、石井さんも「これまでも、たくさんの超一流のアーティストのゲストが出演されまして、みんな異質なのですが、その中でも野尻先生は、際立って異質です」とおっしゃっていました。

 

というのは、この番組の中で、野尻先生の作曲してアレンジした曲が紹介されているのですが…

 

とはいえ、野尻先生は音楽を習った事もなければ、本人いわく「ドレミもろくに知らない」との事なのですが、ただ、シンセサイザを買って、いじっていたらできてしまったという曲です。

 

これがまた、見事なんですね。

 

僕が言うと、ただの身内びいきですけど、石井竜也さんに「これは音楽勉強した人でも、ここまでかけないですよ。ショックですよ。これ今度のコンサートのオープニングにぜひ、使わせて頂けたら嬉しいんですけど…」と言わせてしまうほどの曲なんです。

 

野尻先生は、焼き物に関しても超一流です。

 

何で焼いているのかと言えば、なんと電気窯だとか!!

 

それでも、こんな素敵な作品が、できてしまうんですね。

 

道は全てに通じる…

 

そう言う事かも知れません。

 

さて、それでは書の続き、気合い入れて頑張ります。

    ごめんなさい… どう考えても今日の書は、ダメダメです(汗)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2017年5月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi