占い暦121 ふれあいの中で心が癒されていく

丙申年 壬辰月 壬午日 晴れ 「カップのペイジ・正位置」

 

4月も、いよいよ終わり…

今日は、一日ずっと、サロン ド シルフィーユの溜まっている仕事を片つけていました。

 

さすがにパソコンの前に座って、同じような作業をしていると、だんだんと眠気がやってくるといいますか(笑)

いや、そうではなくて、こうやって、やるべき仕事がたくさんあるという事に、感謝するべきですね…

 

家内はその間、サロン ド シルフィーユの押し入れの中をずっと整理してくれていました。

 

今まで、もう整理するのをすっかりあきらめていた、禁断の開かずの押し入れがこうやって、少しずつ整理されていくのかと思うと、とても嬉しいです。

 

夕方になって、少し気分転換をしようと、大阪のHさんから、誕生日プレゼントに頂いた「思い出のマーニー」を見る事にしました。
     Hさん、本当にありがとうございました…

 

思い出のマーニー

 

スタジオジプリの心温まる作品…

 

本当に感動しました。

 

元々これはイギリスの文学作品だったのですが、ジプリの作品では、イギリスの海辺の村という設定を、北海道の田舎町におきかえてあります。

 

逆に、それにより、「マーニー」という少女が、物語の中で異国情緒たっぷりに引き立てられていて、ものすごく完成度が高い作品になっているようにも思えます。

 

主人公である杏奈は、おとなしい感情を表に出さない中学生…

 

その実、自分の事が大嫌いで、過去の人に対する憎しみもぬぐい切れず、苦しいでいる…

そんな彼女が、喘息の療養のために海辺の町で過ごす事になります。

 

そこで知り合うおじさんやおばさん達、そして、「しめっち屋敷」で、知りあう事になるマーニーとの出会いによって起こる心の変化が、見事に描かれ、最後にはそのマーニーと自分との関係が明かされます。

 

やっぱり、人間に一番大事なのは、人と人との心のふれあいなのかなあと、じんと考えさせられる映画でした。

 

物語の中で何回も、杏奈とマーニーがハグしあうんですね。

 

お互いがハグし合う事によって、何かを確かめ合っているのかも知れません。

 

昔、ローマ帝国のある国王は、国中から生まれて間もない赤ちゃんを母親から引き離して一か所に集めて、ミルクだけを与えて育てようとしました。

 

すると、ミルクを与え続けられていたにもかかわらず、全員の赤ちゃんが死亡してしまったそうです。

(2012/6/27ブログ 「いたわりと愛情を与え続ける事で…」 参照)

 

人は、誰かから愛されているという実感なしにしては、生きていけないのかも知れません。

 

ふれあいの中で心が癒されていく…

 

頭で考えるとよく分からなくなりますれど、理屈ではない、その純粋な思いが、人を本当に強くしてくれるのでしょう。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦120 全てはこの地上から始まった

丙申年 壬辰月 辛巳日 晴れ 「剣の9・逆位置」

 

今日から、ゴールデンウィーク…

 

自営業にとっては、休みも何も関係ないのですが、みんな、この時期はレジャーで外にお出かけするのかなあ… となんて想像するだけで、何となく心がウキウキします。

 

今日もいつものように、朝一番で素敵なお客様を電話鑑定をさせて頂いて、その後は溜まっていた仕事を少しずつ整理していきました。

 

新緑がまぶしい季節…

 

外にお出かけしたかったのですが、雑用を片つけている内に、結局1日が終わってしまいました(笑)

 

やっぱり、もっともっと1日1日を大切にして行かなければいけない…

 

そんな風にいつもの僕なら、ついつい思ってしまうのですが、ちょっと視野を変えて、地球規模で時間を考えてみたら、これって、全然大した事ではないのかも知れません。

 

そもそも地球が誕生して現代まで、46億年もの時が流れているのですから…

 

46億年の歴史の中で、地球がやっと温暖化して、恐竜なんかが現れ始めたのが、たかだか1億年前です。

 

まあ、たかだか1億年前と言ったって、それさえ途方もない長い時間ですから、想像すらできないんですけど(笑)

 

人類が誕生するのは、約200万年前…

地球が誕生してから現在までの46億年の歴史を1年として換算するなら、人類が始まったこの200万年前というのは、12月31日の23時59分30秒ぐらいにあたると言われています。

 

我々の人生の100年そこそこなんて、地球規模で考えたなら、微塵の中の微塵です。

ましてや、その中の1日なんて…

 

だからといって、「1日を無駄に過ごしていいという事がいい」という意味ではなく、ひょっとしたら我々は、もうちょっと地球の為に生きてみるべきかもしれない… なんて、今日は柄にもなく思ってみたんです。

 

今、この46億年の歴史をもつ地球は、我々100年そこそこしか生きない人間のエゴの為にどんどん破壊されつつある…

 

こうやって過ごしている今も、世界では、1分間につき東京ドームの面積分の森林が、人間によって消滅させられています。

(2014/5/4ブログ 「限りある緑を守るために」 参照)

 

森林だけではなく、海や大気や地上の生き物たちが、ほんの少数の人間のエゴの為にこんな風に犠牲になっていっている現代…

便利さを追求するという目的だけならまだしも、人間同士が争い合って殺し合う為に、我々を生み出してくれた、この地球が破壊されていく…

 

この悪循環を、そろそろ止めなければけない時代が来ているのかも知れません。

 

全てはこの地上から始まった…

 

我々一人ひとりの力は小さくても、一人一人がこうした意識に目覚める事によって、この大きな歴史の流れが変わってくるのかも知れません。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦119 シンプルに考えれば、人生は楽しい

丙申年 壬辰月 庚辰日 雨のち曇り 「月・逆位置」

 

今日は、「四柱推命講座・初級編」の第7講座でした。

 

7日目の講座は、大運や年運の出し方や、その鑑定法を見ていく内容…

 

途中休憩では、Iさんから頂いた結婚祝いの美味しいお菓子や紅茶をごちそうになりながら、みんなで盛り上がりました。

 

たくさんの人の命式を、こうやって検証してみて思うのは、やっぱりその命式の通変の象意にからむ問題が、常にその人の人生で突きつけられるという事…

 

ひょっとしたら、その人の思いが、何らかの問題を引き寄せているのかも知れません。

 

だから、例え同じような事が、他の人に起きたとしても、大して大事になる事もなかったり、場合によっては気に止める事さえもなく、通り過ぎてしまう事もあるでしょう。

 

結局の所、心がそこにとらわれてしまうからこそ、問題が大きくなったり、苦しく感じてしまう…

 

もしも、目の前に起こる事に、一切心がとらわれる事なく、淡々とそれをこなしながら、毎日を過ごす事ができたら、例え状況が何一つ変わらなかったとしても、どんなに幸せかも知れません。

 

もちろん、人生の長期的な計画も立てた上で、そのスタイルを実践するのが理想なのですけど…

 

人生には、苦しい事や辛い事もあるけれど、それをそれを補って余りある楽しい事や幸せがあるのも事実だから、思い悩んでないで、目の前の起こった事を流れのままに受け止めて、淡々とこなすのが面白い… 最近僕は、そんな風に考えるようになりました。

 

シンプルに考えれば、人生は楽しい…

 

一歩一歩踏みしめながら、人生という遥か彼方まで続く道を歩いていけたら、今は本望です。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦118 本当の芸術には、大自然のいぶきがある

丙申年 壬辰月 己卯日 晴れ 「カップの6・逆位置」

 

今日は朝一番で、素敵なお客様を鑑定させて頂き、その後は少しずつ溜まった仕事をこなしながらも、いつもよりは、少しだけのんびりと時を過ごしました。

 

ここの所、あまりにも時間に追われて過ごしていたので、たまにはあえて、ゆっくりと時間を味わって過ごすのもいいかと思いまして…

 

実は、昨日の書道のレッスンのクラスメートでもある黒澤忍さんから頂いた、素敵な結婚祝いのプレゼントを、ずっと眺めていたのです。

 

とんぼ玉

 

これは、「とんぼ玉」という名前の芸術作品…

 

しかも、忍さんが自ら作ってくださった、真心がこもった世界に一つしかない作品です。

 

「とんぼ玉」とは、いろいろな模様や柄が、中に織り込まれたガラスの玉の事で、トンボの眼みたいだから、「とんぼ玉」と名づけられたとか…

 

ストラップとしても使用できるように、紐がついていますが、勿体なくて、とてもそんな使い方はできません。

 

夫婦亀

 

このとんぼ玉、亀の形をしています。

 

これは「夫婦亀」と言って、不老長寿の意味をもつ縁起物…

 

この写真を見て頂ければわかるように、本当にきめの細かい、究極の芸術作品です。

 

美しい金箔の上に、可愛い桜の花が7つ散りばめられていて、真ん中には「寿」の文字が…。

 

実は、黒澤忍さんは、浅草に工房をもつ、とんぼ玉作りでは、日本では第一人者の芸術家なのです。

 

ちなみに、このとんぼ玉、僕の人差し指の頭ほどの大きさなのですが、色といい形といい、見事なまでに調和がとれています。

 

まさに、これは「匠の技」…

 

見ているだけで、心が癒されてきます。

 

黒澤忍さんは、とんぼ玉制作のプロフェッショナルであり、「浅草とんぼ玉公房」でワークショップや体験教室などもされている、とんぼ玉の講師でもあります。

 

ホームページを見ると、たくさんの素敵なとんぼ玉の作品を見る事ができます。

 

浅草とんぼ玉工房

http://www006.upp.so-net.ne.jp/asakusatonbo/

 

これらの美しい作品を見ると、不思議な事に、どれ一つとっても、モチーフは大自然からのものだったりします。

 

いや、この世にある芸術作品のほとんどが、実は大自然に元々あるものを表現しているものだったりします。

 

花や、動物や、山や川なんかは、言うまでもありませんが、人間だって大自然の中のひとつです。

 

まあ、中には、車とか、飛行機とか、波止場とか、人間が人工的に作り上げたものがモチーフになる事もあるでしょうけど、やっぱり人の心を感動させるのは、元々大自然の中に存在するものだと思うんですね。

 

本当の芸術には、大自然のいぶきがある…

 

美しいとんぼ玉に心癒されながら、ついつい長い時間、そんな考えにふけっていました。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦117 体当たりでつかんだものこそが、本当の知恵になる

丙申年 壬辰月 戊寅日 晴れ 「棒のキング・正位置」

 

今日は、野尻泰煌先生の書のレッスン…

 

1ヵ月ぶりに、十条にある野尻先生のお稽古場に行って、野尻先生と一緒に書を学んでいるクラスメートの皆さまとお会いしました。

 

1ヵ月前に開かれた、前回のレッスンの時には、まだ僕は結婚をしていませんでしたから、そのご報告もさせて頂きながら、今回も野尻先生から、たくさん内容の濃いお話を聞かせて頂きました。

 

野尻先生は、書家というジャンルの芸術を極めた、世界の第一人者ですから、やっぱりお話にも含蓄があります。

 

今回、野尻先生がおっしゃったのは、「専門職というのは、どうしても偏りやすいから、その技術の部分を究める為には、全体を究めないと大きくなっていかない」という事…

 

つまり、専門職は、この世界の事象のたった一つの部分だけを注目してしまうので、他の全体の部分が抜け落ちてしまって、その結果、偏った一面的なものになってしまいやすいという事なのでしょう。

 

これは、この世の中にあふれている様々な知識というものに関しても、言える事なのかも知れません。

 

知識を学ぼうとすれば、それは「部分認識の拡大視」になってしまう。

 

そうではなくて、むしろ人生の実体験の中で悟入(ごにゅう)して、培っていかなければならない…

 

その為には、先入観をなくして、すいも甘いも、目の前のものを全て、飲みこむような心構えで生きる事が、芸術家には必要になってくる…

 

そんな風に野尻先生はおっしゃいました。

 

僕はそれを聞いて、なるほどなあと思いました。

 

もちろん、外から取り入れた知識や学びというものも、人生を有意義にしてくれる手助けをしてくれるはずです。

 

とはいえ、そこに全ての答えを見つけようとするのではなく、あくまでも、自分が答えを見つける為の一つのヒントとして、それを活用すべきだという事なのでしょう。

 

人間は誰でも多かれ少なかれ、過去の経験やトラウマによって、目の前の事物に対して、自分の思い込みの壁を作って、知らず知らずそのフィルターで見てしまっているのかも知れません。

 

その壁を全てとっぱらって、すいも甘いも全部飲みこんで、体当たりでつかんだものこそが、本当の知恵になる…

 

探し求めた答えは、人生の中でふとした時に遭遇する、言葉では言いあらわせないような心が震える体験の中に、隠されているのかも知れません。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦116 継続する事で得られるもの

丙申年 壬辰月 丁丑日 晴れ 「ペンタクルスの9・逆位置」

 

今日は、急遽予約してくださった素敵なお客様をお一人鑑定させて頂いて、それ以外の時間はずっと、野尻先生の書のレッスンに提出する作品づくりをやっていました。

 

通常月曜日は、お休みにしているのですが、どうしてもこの日しか来れない… というようなお客様はがいらっしゃる場合には、また別です。

基本的に、こちらに予定が入っていなければ、できる限りお客様のご都合に合わせて、鑑定をさせて頂こうと思っています。

 

とはいえ、明日は野尻泰煌先生の書のレッスン日の当日…

しかも、日頃なかなか時間が取れなくて、提出用の作品が、例のごとく、全く書き上がっていない状況ですから、またもや、時間に追い立てられています。

 

最近ではいつも、レッスン日前日になって、このパターンなんですね(笑)

 

本来だったら、毎日ちょっとずつ時間を取って、書をたしなむのが理想なのですが、今となっては、なかなかそれも難しくて…

 

自分のやらなければならない仕事のでさえも、取捨選択して、一部を後回しにしています。

 

という事で、早速ちょっとずつ書きはじめています…

 

皇帝

 

皇帝…

 

これは、「行書」という書体ですね。

 

一ヵ月に一日だけ、一夜漬けで書をやって、こんなやり方で書が上達するのかと思われるかもしれませんけど、こんなやり方でも1年以上もやっていると、違ってくるんですよ。

 

もちろん、書いている時は、どれだけうまくなったかなんて、まるでわからないんですけど、いつしか上達していたりするものです。

 

1年前の書と比べてみると、やっぱり格段の差だったりする…

 

こうやって継続する事で、知らず知らずに得られるものは、一生ものの財産ですね。

 

さあ今夜も、徹夜覚悟で書にうちこみます(^^)

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦115 与えられた愛を忘れない為に

丙申年 壬辰月 丙子日 晴れ 「剣のエース・正位置」

 

今日は「四柱推命講座・初級編」第6期の最終日…

 

毎回、この最終日というのは感慨深いです。

 

たった8回の講座とはいえ、いつも一緒になって、真剣勝負で四柱推命というものを学んできた仲間と、これでしばしお別れかと思うと、何とも言えない気持ちになります。

 

特に今回の講座は、僕自身の人生の大きな転機の時期だったので、それもひとしおでした。

 

一通りの講座が終わった後で、受講生一同から、素敵なサプライズがありました。

 

お祝いケーキ

 

いきなりのお祝いのケーキのプレゼント…

 

こうやって、たくさんの人から愛されているのだなあと思うと、胸がいっぱいになります。

 

リクエストにこたえて、ケーキ入刀をさせて頂きました(^^;;

 

ケーキ入刀

 

結婚式の時には、この「ケーキ入刀」は、やらずじまいだったんです。

だから、こういう場所で、思わぬ形でケーキ入刀ができた事に、感激です。

 

ケーキカットのナイフは、普通の台所包丁でしたけど(笑)

 

今まで45年間の人生を過ごしてきて、僕は、これほどまでに、人からの愛される事の喜びを実感する事もありませんでした。

 

たくさんの人から愛されながら生きているんだなあ… と思うと、決してこの人生を無意味なものにしてはいけないと、改めて実感します。

 

これまでも、生まれた時からずっと、誰かに愛され続けていたに違いないとは思うのですけど、それを、あまり実感できずにいました。

 

人生には様々な事が起こるし、人にはちっぽけなプライドがあるし、いつもいつも素直なままでいる事は難しい…

 

それでも、根本に帰れば、やっぱり、人は誰もが愛を受ける事で生きていられるし、その分、誰かに愛を与えていかなければいけない…

 

ときどき、こうやって思い出します。

 

与えられた愛を忘れない為に、素敵な思い出を、しっかりと心に焼き付けておきたいと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦114 背負った役割の分だけ、天から恩恵がやってくる

丙申年 壬辰月 乙亥日 晴れ 「棒の7・正位置」

 

今日は素敵なお客様を電話鑑定させて頂いて、その後の空いた時間に、家内とサロン ド シルフィーユの部屋のデコレーションをしました。

 

いつもいつも同じ部屋の外観では、やっぱり飽きがくると思いまして(笑)

 

マスキングテープを取り換えたりして、部屋の雰囲気が変わるのを楽しむのも、また面白いものです。

 

ちょっと飛躍しますが、人生というものも、自分をレベルアップさせる為に、新たな模様替えをする事も、時には必要になってくるのかも知れません。

 

もちろん、そうは言っても、今までの生活スタイルを変えて、新たな事に挑戦するのは、どうしても不安がともないます。

 

とはいえ、決まりきった毎日を繰り返すだけでは、この先に進んでいけません。

 

わかりやすい例でいえば、夢に向かって、何かの勉強を始めるとか、結婚したり子供を授かったりする事で、養っていく家族が増えるとか…

 

今の生活を辛うじてキープして、自分一人で生きていくのさえ大変なのに、これ以上新たな負担を背負い込むなんて、絶対に無理だ~

 

こんな時には、ふとそんな気持ちになったりするものですが、これが、案外なんとかなってしまうものなんですよ。

 

いざ、自分をこういう状況に追い込んでみると、不思議なくらいに、天から助けがきて、奇跡的にうまくいくと言いますか…

 

僕自身、今、それをひしひしと実感しています。

 

普通に単純計算だけで考えれば、新たに掛かってくる負担の費用で、生活が破綻してしまいそうなものなのですが、意外となんとかなってしまうんです。

 

どうやら、天の神様は、夢に向かって挑戦をする人や、家族を養っていく為に頑張る人を応援しているみたい…

 

だから人生で、ちっぽけな自分の生活を維持する為に、守りに入ってしまうのは、とってももったいない事なのかも知れません。

 

背負った役割の分だけ、天から恩恵がやってくる…

 

無茶を覚悟で、新たな挑戦に踏み出した時、期せずして、人生の可能性が広がっていくものだったりします。

 

P.S.
この度、4月20日に「エテイヤ・タロット」が、BIGLOBEの占いサイトにも、リリースされました!!

 

なんと、BIGLOBE占いの方でもランキングを見てみると、「エテイヤ・タロット」が総合ランキングで、第3位でした!!

 

BIGLOBEランキング

 

占術別「タロット」部門では、見事に第1位

 

アプリを体験してくださった皆さま、本当にありがとうございましたm(_)m

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦113 悩みは人を成長させるが、迷いからは何も生み出せない

丙申年 壬辰月 甲戌日 曇り 「カップの7・正位置」

 

今夜は満月… いつものようにみどりん先生のメールで、その事を知りました。

 

今日も、素敵なお客様を鑑定させて頂いて、その後はずっとメールの返信をしていました。

 

たくさんのお祝いメールを頂きまして、本当にありがとうございます。

改めて、僕は幸せ者だと、つくづく感じます。

 

人生には、いろいろな選択肢があって、それは「今日の昼食をどこへ食べに行こうか」みたいな小さな事から、その選択によって、一生の運命が変わってしまうような大きなものまで、いろいろとあります。

 

選択が自由にできるから、人生は面白いし、楽しい…

 

とはいえ、選択が自由にできるからこそ、人は苦しむとも言えなくはありません。

フランスの思想家・サルトルの言葉ではありませんが…

(2013/12/20ブログ 「悩みの原因は選択の自由にある」 参照)

 

迷いというものがあると、やっぱり人間は強く生きられません。

 

例えば、一つの事を決めて、それを成し遂げようと努力をしている段階になっても、心のどこかに「本当に、この道でいいのかな…」とか「なんか、もっと他の道があるんじゃないかな」なんて思っていると、どうも集中できません。

 

たいがい、こう言う気持ちでやっていても、うまく行かないですね。

 

逆に絶対にこの道しかないんだ… と、決めてしまって、努力する時というのは強いです。

 

もちろん、それでもうまく行かなかったり、悩みが出てくる事があったりするでしょうけど、そういう時の苦悩というものは、あとで必ず人生の役に立ちます。

 

数学の応用問題を解くみたいに、悶々としながら苦悩する…

 

その問題が解けない事だってあるかも知れませんけど、試行錯誤して考えた分だけ、それは、脳ミソの筋肉になっています。

 

頑張った結果、惜しくも失敗したとしても、その時の努力は自分の実力になっていますし、それが後々役に立つようになります。

 

僕も20代の頃はミュージシャンを夢見て、的外れな努力をしながら頑張っていましたけど、結局ミュージシャンになるという夢は叶いませんでした。

 

でも、その時のせっぱ詰まった悩みや葛藤が、今の自分の血肉になっているように思います。

 

もしも、ミュージシャンで本当にいいのかなあ… なんて迷いながら、ボンヤリした気持ちで努力していたら、やっぱり気合いも入らなかったし、今現在の僕も、おそらくは無かったでしょう。

 

苦悩というものから、生み出されるものはそれなりにあっても、迷いというものからは、何も生まれてきません。

 

よく「夢の中の有無は有無共に無なり。迷いの中の是非は是非共に非なり」と、言います。

 

夢の中でどんないい事があっても、それは無いのと同じ… それと同じように、迷いの中でどんなに良い事を思ったとしても、それは良い事ではない…

 

迷っている時というのは、ある意味、他の選択肢を考える事で、自分に逃げ道を与えているとも言えます。

だから、無理やりにも方向性を決めてしまって、自分を追い込んでしまった方が良かったりします。

 

迷いを捨てて、悩みながらも全力で物事にぶつかる時、道は開けていくのかも知れません。

 

P.S.
Yahooサイトの「エテイヤ・タロット」がリリースして1週間が過ぎました。

 

ふと、Yahoo占いのランキングを見てみると、なんと「エテイヤ・タロット」が全てのジャンルを含めた総合ランキングで、第3位になっているではありませんか!!

 

エテイヤ・ランキング

 

当然ながら、カテゴリ別「タロット/カード」部門では堂々の第1位、そして、目的別「恋愛運」部門でも、なんと第2位に食いこんでいました。

 

皆さま、ご愛顧頂きまして、本当にありがとうございますm(_)m

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi

占い暦112 今までの習慣をどれだけ捨てられるかで、人生の広がりは決まる

丙申年 壬辰月 癸酉日 曇り時々雨 「棒の10・逆位置」

 

今日は、朝からメールの返信をずっとして、 夜は、素敵なお客様を鑑定させて頂きました。

 

だいぶ新しい生活にも慣れて、今では自分の住居での生活と、仕事場のサロン ド シルフィーユとの行き来を上手にこなしています。

 

これまでと違った生活をするというのは、すごく新鮮ですし、いろいろな意味で楽しいですけど、反面、これまで習慣にしていた事ができなかったり、逆に慣れない事をしなければいけなかったりで、中には、ストレスを感じる事もあるかも知れません。

 

特に頑固な人で、今までの自分のスタイルを崩すのが苦手な人には、これは案外試練だと思うんですね。

 

僕なんかは、それまでは、いつも朝お風呂に入って、夜はそのまま疲れたら寝るような生活を送っていたのですが、今では、普通の人と同じように、夜お風呂に入って寝るという生活習慣に戻しました。

 

最初はこれ、かなりストレスだったんです。

 

夜は疲れたら、そのまま普段着で靴下を履いたまま、布団に入って寝るというのが、これまでの僕のスタイルでしたから(笑)

 

しかも、ひどい事に、いつも電気をつけたまま寝ていました。

 

正確には、寝っころがったままできる仕事をやったり、本を読んだりして、疲れ果ててしまった時に、自然に眠ってしまうという感じです。

 

あの頃(といっても3ヵ月前ですが…)は、基本的に夜型の生活だったのですね。

だから、寝る前に風呂に入るという、普通の人の生活スタイルが、どうしてもなじめない…

 

一事が万事で、普通の人の生活スタイルに戻すのに、何もかも変えなければなりませんでした。

 

今 思うのは、こういう時に今までの習慣をどれだけ捨てられるかによって、人生の広がりは決まるのではないかという事…

 

そうですね… 今から4年前、最初はフランスに渡航して、パリの地でずっと生活するつもりで、僕はアパルトマンを借りたのですけど…

 

そんなにお金があった訳ではないのに、一つのこだわりを叶える為に、パリのアパルトマンにはあまり存在しない条件の、それなりの家賃の所を借りたんです。

 

そのこだわりは、「お風呂がある物件」という事…

 

フランスではそもそも、お風呂を入るという習慣があまりありません。

普通はみんな、シャワーで済ませてしまいます。

 

フランス革命のルイ十六世の時代、オーストリアから輿入れした王妃のマリー・アントワネットは、入浴の習慣がないフランス王朝の生活習慣になじめず、寝室にお風呂をもちこんだそうですけど…

 

今思えば、僕もかなりぜいたくだったと思うのですが、あの頃は、毎日風呂に入るという生活習慣が、どうしても変えられなかったんです。

 

「お風呂に入らない生活なんて、絶対にできるわけがない」みたいな固定概念に、凝り固まっていました。

 

人間というのはどうしても、これまで過ごしてきた生活習慣をなかなか捨てられないものです。

 

でも、ここぞという時に、それを自由に捨てられるような自在性こそが、人生を切り開く鍵になったりします。

 

人間、本来無一物…

 

これまでの習慣に囚われないで、新しい生活に思いっきり飛び込んでいこうではありませんか。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年4月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi