占い暦30 自分は弱いと思える人ほど、案外強い

乙未年 己丑月 辛亥日 晴れ 「ペンタクルスの7・正位置」

 

今日もこうして、たくさんのお客様を鑑定させて頂けた事に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本当につくづく、自分は幸せな人間だと思います。

 

とはいえ、ここの所ちょっとだけ、生活環境が替わるプレッシャーや時間に追われる忙しい毎日に、疲れを感じ始めている自分に気づいています。

 

それでも、間もなく新居での新生活がやってくる訳で、多少の不安はあっても、それ以上に胸を膨らませている気持ちの方が大きいです。

 

最近、自分自身の事をやっと「あんまり強い人間ではない」という事に気づいたのです(笑)

 

パリから帰った頃なんて、毎日が意気揚々で自信満々でした。(あの頃は、大運と年運で完璧に水の従旺格でしたし…)

 

あの頃は、自分というのは、タフで、人並み外れた根性のある強い人間だと思い込んでいました。

 

あのパリ・ブログを読み返すと、そんな傲慢さがちょっと垣間見えて、恥ずかしくなります(^^;;

 

でも、(大運も年運もすっかり変わって、どうみても従旺格が取れない今)こうして自分を振り返ってみれば、ちょっとした事で気持ちは落ち込むし、いざ仕事に取り掛かろうとする度に、放心状態になっちゃってインターバルに時間がかかるし、やっぱり、強くて立派な人間というには、程遠いかな… と(笑)

 

ここ最近、文章を考える集中の糸が持たなくて、常にブログが一日遅れです。

パリ・ブログの時は、「そんな事では絶対いけない…」とか言って、自分に鞭打って夜中にグシャグシャの文章を更新していましたけど(翌日、いつも校正した)、このブログでは、1日遅れる事に関してはOKという事にしています(笑)
    ちゃんと1月2日のブログで、宣言してます♪

 

今までは、「人から相談を受ける立場の占い師なのだから、人から頼られるような強い人間でなくてはいけない」なんて、自分に言い聞かせて、虚勢を張っていましたけど…

 

逆に今思うのは、そんな弱い人間だからこそ、弱い人の気持ちを理解して、大事な相談に乗れるのではないかという事…

もしも強くて立派な人が、弱い人の相談に乗ったとしても、本当の意味で、その人の気持ちを理解するのは難しいと思うんですよね。

 

そうは言っても、自分は弱い人間だからと言い訳して、いつでも常に人に甘えてしまうのは、あんまり良い事ではないと思う…

 

僕は、自分の心の中にもう一人、自分を振るい立たせてくれる自分を作っているんですよ。

そのもう一人の自分が、弱い自分を受け入れながら、いつも奮い立たせているんです。

 

だから僕の場合、あんまり自分の悩みを誰かに聞いてもらう事はありません。

もう一人の自分が、いつも自分の相談に乗ってくれていますから(笑)

 

意外な事ですけど、「自分は強い立派な人間だ」と思っている人ほど、案外弱かったりするものです。

中島みゆきさんの「誕生」という歌にもあるけど、「強気で強気で生きてる人ほど、些細な出来事につまずくものね…」というのは、まさに本当だと思います。

 

だから、自分は弱いと思える人ほど、案外強いのかも知れない…

 

長い人生を生きていて、時々グッタリときた時には、そんな弱い自分を受け入れて、ありのまま弱音を吐いてみるのもまた良いかも知れません。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年1月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi