占い暦29 いつも淡々と冷静に

乙未年 己丑月 庚戌日 雨 「剣の8・逆位置」

 

外は雨…

 

今日はS君と、新居のマンションの部屋の契約書を交わして、その後で、S君に車に乗せてもらって、中野のホームセンターの島忠で買い物をしてきました。

 

本当、S君にはお世話になりっぱしです。

 

僕は、本当に周りの人に恵まれていて、どんなピンチになっても、いつも誰かが助けてくれる…

 

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今、僕の身辺は大きく変化しようとしています。

 

続けざまに、重大事項を決定しなければならない事が出てきたりして、基本、優柔不断な僕には、ちょっと荷が重かったりして(笑)

 

そんな時、間違った選択をしてしまったら取り返しがつかないし、もう周囲の収拾もつかなくなってしまうから、自分の感情は極力入れないで、なるべく人に対して平等になるように心掛けています。

 

今、やたらと、芸能界のゴシップや、政治献金の不正疑惑なんかがニュースで取りざたされていますけど、我々も大事な所で決断を間違えてしまうと、有名人ほどではなくても、同じように非難の的になりかねないでしょう。

 

まあ、非難の的になる事自体は、その結果の事であって、「決断を間違ってしまった」という事が問題かも知れません。

 

あの関ヶ原の戦いにおいて、東軍が勝って、その結果として、戦国時代の日本に260年間の平和が訪れたのは、徳川家康が全国の大名の論功行賞を、ちゃんと平等に行なったからだと思うんです。

多分、感情的には、身内の譜代大名にたくさん領地を与えたかったのでしょうけど、家康は決してそれはしませんでした。

 

そういう所がやっぱり、一番大事なのかも知れません。

 

物事何でもそうですけど、感情的になって物を考えると、仕事の疲れが50倍になりますね。

でも、理性的に感情を入れずに淡々とやれば、疲れ方は少ないし、常に胸を張ってまっすぐにいられます。

 

そういうスタイルに徹する事によって、天からのパイプがつながって、エネルギーをもらえるのかも知れません。

 

一番ヤバいのは、自分の利益とか損得なんかに心が囚われる事…

そうなってしまうと、途端に腰砕けになって、弱くなってしまいます。

 

僕自身、そんなに強い人間じゃないので、口で言うほどには立派な決断ができている訳でもない気もしますが、常に今の自分があるのは、周りの人のお陰だという事を、決して忘れないように、これからもモリモリ頑張っていこうと思います!!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年1月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi