占い暦26 本物の芸術は、人生を豊かにする

乙未年 己丑月 丁未日 晴れ 「剣の7・正位置」

 

今日は、月に一度の書道のレッスンの日…

 

板橋区の十条にあるお稽古場で、野尻泰煌先生の書のレッスンを受けてまいりました。

 

普通、書のレッスンと言うと、筆の持ち方や姿勢のフォームなんかを教わりながら、体をガチガチに意識して、お習字をするイメージが浮かんできそうなものですが、野尻先生の書のレッスンは全然違います。

 

そういう堅っ苦しい事は、ほとんどしないのですが、毎回のレッスンの内容はすごく深くて、とにかく楽しい…

 

毎回、3~4人ぐらいのお弟子さんが集うのですが、先生の芸術の話や、その芸術を日々の生き方や心の持ち方に活かしていく方法などを教わりながら、みんなでワイワイ思い思いの話をしています。

 

そして、そんな話をしながら、野尻先生がそれぞれのお弟子さんに、次のレッスンまでに提出する、書のお手本を書いてくださるんですね。

 

野尻泰煌先生

 

僕にとって、この月一回のレッスンは、心の状態を本来の場所に戻してくれるような時間と言ってもいいかも知れません。

今日もまた、気の知れあった、素敵で個性的な面々が集まって、本当に内容の濃いお話を聞く事ができました。

 

野尻先生は、書家としてだけではなく、芸術や文化全般や、歴史や東洋医術にも見識が深いので、質問をすると、的確に本質に踏み込んだ答えを返してくださいます。

 

そして毎回、どんな話の展開になるか、予想さえつきません。

 

僕はこうして書の勉強をしながら、野尻先生から姓名判断の奥義「泰煌式生命法」を教えて頂いているのです。

 

今日も盛りだくさんの内容の濃いお話があったのですが、特に印象深かったのは、「精をつける事の大切さ」についての内容です。

 

気迫に満ちた作品を制作する為のコツなど… 絶対にここでしか聞けない、貴重な内容のお話でした。

 

それで、野尻先生が、精力をつける食べ物の一覧を教えてくださいました。

それは以下の通り…

 

(果物類)いちご、ビワ、梨、柿  (野菜)白菜、トマト、クズ、

 

(根菜類・豆類など)レンコン、やまいも、くこ、アーモンド、えんどう豆、きくらげ

 

(魚介類など)あさり、イカ、さめ(ふかひれなど)、スッポン

 

(乳製品など)豆乳、ヨーグルト、牛乳、水(ミネラルウォーター)

 

この中で、自分の好みに合うものを選んで、お取りになられると良いでしょう。
姫みたいに、乳製品がダメな人は、無理して牛乳とか飲む必要はありません。

 

心が気力に満ちていなければ、優れた芸術作品は作る事はおぼつかませんが、心は体と密接に連動していますから、こうやって体に良いものを取って精力をみなぎらせておく事は、芸術家にとってはまさに必須事項です。

 

人を感動させる事ができる、本物の芸術というのは、人間のちっぽけな作為というものを作品から取り去った所で見えてくるそうです。

「人から称賛される良い作品を作ろう」みたいな作為があると、いやらしさが出てきてしまう…

 

芸術作品を作る時の心境で のぞましいものとして、野尻先生は、「例えるなら、計画を立てないで旅に出て、熱海に行くつもりが、乗り越して三島まで行ってしまって、そのままふらりと電車から下りて近くの居酒屋に入るようなもの」とおっしゃっていました。

 

これは深い言葉です。

意識して、作品を作ろう作ろうとしている内は、まだまだだという事なのでしょう。

 

この話は、禅の世界にもつながるものがあると思います。

一切の作為を捨てる事によって、本物が見えてくるし、そこに真実の美がある…

 

芸術作品には2種類あって、その一つは外側をきれいにきれいに着飾って見せるようなタイプのものだと言います。

こういう芸術作品は、すごくきらびやかで、分かりやすいのですが、残念ながら本当の意味で人の心を感動させるには至りません。

食べ物で言うなら、添加物たっぷりで味が濃くって、刺激的で健康に悪そうな食べ物です。

 

もう一つは、あまりにも自然な作品なのに、人の心の奥深くの記憶を呼び覚ますような、すごいパワーを持った作品です。

食べ物で例えるなら、味がしないほどの薄味なのに、素材の良さが生かされていて、口に入れるだけで体と心が癒されて、それだけで元気になるような食べ物…

 

今、必要とされているのは、きっと後者の方のような気がします。

これは芸術だけではなく、人生のあらゆる分野のあらゆる事にいえる真理かも知れません。

 

本物の芸術は、人生を豊かにする…

 

さりげなく、あるがままに、僕も黙々と精進していきたいと思います。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年1月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi