占い暦24 それぞれの年齢に趣がある

乙未年 己丑月 乙巳日 晴れ 「棒の10・正位置」

 

外は、底冷えに寒いです。

 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか…

 

お風邪など召さないように、どうかくれぐれも暖かくしてお過ごしください。

 

今日は、「四柱推命講座 初級編」の2日目…

十干と十二支の字源や成り立ち、特徴といったものを、順にみてまいりました。

 

ちなみに、昨日の晩は、少し前サイパン旅行に共に行ったS君夫妻と一緒に夕食。
昨夜も、ほろ酔い気分でした。

 

今日の講座の事も考えて、羽目は外さなかったものの、本当、毎日酒びたりです。

ちょっと、ヤバいです(笑)

 

それで、若い頃を振り返って思うのは、やっぱり酒弱くなったな… という事。

 

20代の頃なんて、軽く今の4倍以上の酒量は飲めていましたもん…

 

これは、お酒に限った事ではないですね。

 

そうですね… 僕もやっと今になって、恋愛運というのも、正真正銘に良くなったと思うのですが、とはいえ今は、昔のみたいに、恋にのめり込んで我を忘れるような勢いもないです。

 

精力だって、やっぱり衰えています。

 

それに容姿だって… 少なくとも、もうジャニーズ事務所には入れませんね(笑)

            当たり前…

 

僕の若い頃は、いつも焦りまくっていたんです。

 

体も元気で、容姿も若さにあふれて魅力的なうちに、世間で脚光を浴びて、思いっきり恋愛をしたり、体じゅうで快楽を味わってみたい… って、いつも頭はそんな事だけしかありませんでした。

 

とにかくあの頃は、若いうちしかできない、快楽を味わう事ばかりに夢中でした。

あの頃の僕は、年を取ってからの人生設計なんてものも、まるで皆無でしたし…

 

お恥ずかしい話です。

 

お酒一つとったって、もう体の感覚が無くなる極限まで、酔っぱらって快感を味わいたいって思っていました。

 

もちろん、夢を目指していたので、滅多に酒びたりになる事もありませんでしたが、お酒の席で羽目を外した時の酒量は半端なかったです。

いつも、前後不覚になっていましたね(笑)

 

それに比べれば、最近確かに飲み会が毎日のように続いていますけど、さすがに前後不覚にはなった事はありません。

というより、その前に気持ち悪くなって、体が酒を受け付けなくなってしまうんです。

     ううっ、残念…

 

でも、この年齢になってみると、このほろ酔いというのが、また良かったりするんですよ。

 

夜の営みだって、この年だと、毎日は厳しいです。

まあ、人によっては、僕と同い年でも、まだまだ現役という人もいるかも知れませんけど…

 

でもその分、若い頃にはわからなかった、風流みたいなものに心が惹かれるんですね。

 

夕凪のざわめきや、風鈴の音とか、庭に咲いている花とか、素朴な作りの土の茶碗とか…

そういう何て事のないものに、心が潤ったりします。

 

「年を取ったね」と言われたら、それまでなんですけど…

 

若い頃は、自分の性欲を満たす事ばかりに夢中で、相手の気持ちなんて考える余裕もなかったのに、今では、そうでもなかったりします。

 

人は年を取ると、体が衰えた分、心が敏感になるんですよ。

 

年を取る事で、心はどんどん進化させる事ができる…

だから、年を取る事を恐れる必要なんてないのかも知れません。

 

それぞれの年齢に趣がある…

 

これから、もっともっと内容の濃い年の取り方をして、素敵な年寄りになりたいです。

 

P.S.

今日は満月の夜…

みどりん先生からの“満月メール”で、頂いたブレスレットに月光を当ててようと、新居の方に行って見ました。

 

新居のドアの前の共用部分の通路に、見事な満月が差し込んでいたので、そこにブレスレットを置いておきました(^^)

 

それにしても、今夜はやけに冷えますね…

皆さまどうか、暖かくしてお休みください。

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年1月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi