占い暦3 浅草の観音様とパチンコとおみくじ

乙未年 戊子月 甲申日 晴れ 「剣の5・逆位置」

 

お正月の三が日も、今日で終わり…
あっという間に、2016年も3日が過ぎてしまいました。

 

今日の運勢はなんだろうと、一枚引き(ワンオラクル)でタロットをめくると、出てきたカードは「剣の5・逆位置」…
完全なる「敗北」のカードです。

 

このままだと気分が滅入るので、もう1枚引いてみました(笑)
     それダメでしょ…

 

今度は「棒のペイジ・逆位置」(「期待外れ」の意)でした。
さすがに観念して、運命を受け入れる事にしました(笑)

 

とはいえ今日は、どう考えたって、楽しい一日にしかならないはずなんです。

というのは、今日は、僕の四柱推命講座の受講生でもあるアニキことRさんと、浅草で新年の打ち上げをやる日ですから…

 

アニキとは、例年このぐらいの時期に、浅草で新年の打ち上げをやっているんです。
(2014/1/2ブログ 「初夢と観音様」 参照)

 

打ち上げの後には、また、浅草寺の観音様に初詣に行こうと思っています。

 

そして、今回も例によって、アニキ行きつけの居酒屋で、盛大に盛りあがりました。

そして、また例のごとく、底なしの酒豪であるアニキのペースにすっかり巻き込まれて、昼間のうちからフラフラになってしまいました(笑)
     ここの所、2日に1回のペースで酔い潰れてる…

 

アニキは、いつもの半分もお酒を飲んでいないので、まだまだ飲み足らないようでしたが、僕は本当にこれ以上飲むと歩けなくなってしまうので、しばらくアニキと浅草を散策する事になりました。

 

それにしても、お酒が入ると、ものすごく好奇心旺盛になるものですね。
日ごろ見向きもしないような、怪しげな店にも、なんとなく興味がわいたりします。

 

ひょっとすると、いつもは自制心が、そういう衝動を抑え込んでいるのかも知れません(笑)
とはいえそれでも、さすがにお店の中に入ってみる勇気は、わきませんでしたけど…

 

途中、アニキがお手洗いに寄りたいという事で、近くのパチンコ屋に入りました。

 

それにしてもパチンコ屋さんというのは、煙草の煙がすごいです。

アニキがお手洗いから出てくるまで、僕は店内のパチンコ台の前で待っていたのですが、強烈なニコチンのにおいと煙で、目と喉を、両方やられそうになりました。
しかも、周りがものすごくうるさくて、気持ちが悪い…

 

そう言えば、パチンコ屋さんの店内に入るのって、27年ぶりぐらいです。

 

僕が初パチンコを経験したのは、18歳ぐらいの時…
みんなが体験しているのだから、試しにやってみようと思ってやったのですが、300円ぐらい使って、そのまま玉が吸い込まれてしまったので、それでやめました。
だから結局、パチンコの何がおもしろいのかが、さっぱりわかりません。

 

それに正直に言うと、「こういう所で昼間っから毎日遊んでいる人って、どうなんだろう…」 って、どこか差別的に物をみている自分もいました。

 

それでふと、そういう風に偏見で物を考えるのは良くないなって、気づいたんです。

 

毎日朝から晩までパチンコで遊んでいるのは、ちょっと考えものだとしても、大の大人がパチンコを楽しむ事自体、別に悪い事でも何でもない…

 

そういう頭が堅くて 狭量で 融通がきかない自分を変えるためにも、目の前にあるパチンコに挑戦してみようと思いました。

それに、アニキはこの店のトイレを借りちゃっている訳だから、お店に対する礼儀としても、今日の僕は、この店でパチンコをやる流れになっているのかも知れないし(笑)

 

それで100円ぐらいなら、いいだろう… とコイン投入口を探したんですが、どこにもないんですよ。

なんと、今時のパチンコは、玉を買うにも最低料金が1000円からだったのですね…

 

最初は、こんな所で1000円も使ったちゃっていいのか… みたいな罪の意識が働いたのですが、あえて自分を変える為の勉強料だと思って1000円突っ込んでみました。

 

浅草の観音様は変幻自在の神様… もっと自在性のある自分になって、人様のお役に立つ為にも、パチンコの楽しさが何かを知っておくのは、今、必要な事かも知れない…

 

パチンコ

 

1000円も投入したのに、出てきたパチンコ玉はほんのわずかだけ…

 

そのわずかな玉をパチンコ台に入れて、解説に従って、ダイヤルを右にねじってみる…
何だかよく分からないままに、次々と玉が下の穴に落ちて行きました。

結局一度たりとも、玉がどこかから出てくる事もなく、3分弱で、貴重な1000円が消えていきました。
     もう、二度とやらない(笑)

 

う~ん、やっぱり何が面白いんだか、さっぱりわからなかったです。

とはいえ、家で一枚引きしたタロットの「剣の5・逆位置」の敗北のカードが出た意味は、わかった気がしました。
結局の所、パチンコの楽しさが何かもさっぱり分からなかったし、それ以外の収穫は、残念ながら何もなかったですけど(笑)

 

アニキと別れた後、一人で浅草寺に参拝に行く事にしました。

 

酔って足元はふらついているものの、十分に歩けるし、人ごみの中で財布をすられないようにだけ気をつけていれば、長蛇の列を並んでいる内に、酔いも覚めて一石二鳥かなと…

 

浅草寺

 

参拝するまでに1時間くらい掛かりましたが、全身に酔いが回っているせいか、並んでいるのが全然苦になりませんでした。

 

観音様の前で今年の抱負を語って、周りの人の発展を祈って、何よりも感謝の気持ちを、思う存分伝えてきました。

 

参拝の帰りに、浅草寺名物の常香炉(じょうこうろ)に寄ってみました。

 

お線香

 

このお線香の煙を浴びると、体の調子が悪い所が治ったり、頭が良くなると言われているんですよ(^^)
     パチンコ屋の煙草の煙より、こっちの煙の方がよっぽど気持ちいい…

 

おみくじ、やってみる事にしました。

 

でも、浅草寺のおみくじって、普通の神社に比べて、かなり厳しいんです。
「凶」の出る確率もかなり高いから、ちょっぴり怖い…

 

23番…

 

おみくじ

 

吉でした。

なんて書いてあるかわからない… と思ったら、裏に解説が書いてありました。

 

紅雲随歩起
良い兆しが見えてきました。行く先々で良いことに出会うでしょう。

 

一箭中青霄
あたかも射た矢が青空めがけていくようにしましょう。そうすれば、どんな望みも問題なく叶うでしょう。

 

鹿行千里遠
だが目先の成功につられて思い上がると、目標を見失うことになるでしょう。
全体を見通した判断と行動が必要でしょう。

 

爭知去路遥
過信は失敗を招くので、高望みを慎み、誠実であることが大切です。

 

願望 :  叶うけれども能力を考えましょう。
病気 :  回復しにくいでしょう。
失物 :  見つかりにくいでしょう。
待ち人:  現れないでしょう。
新築・引越:  良いでしょう。
結婚・付き合い:  良いでしょう。
旅行 :  問題はないでしょう。

 

よっしゃ~(^^)

 

でも、あんまり浮かれすぎていたら、いけませんね。

 

おみくじの裏側に、こんな言葉が書いてありました。

 

大吉が出たからといって油断をしたり、また高慢な態度をとれば、凶に転じることもあります。謙虚で柔和な気持ちで人々に接するようにしましょう。
また凶が出た人も畏れることなく、辛抱強さを盛って誠実に過ごすことで、吉に転じます。

 

う~ん、これこそがおみくじの極意かも知れません。
これは、占いを受ける時の心構えにも、通じるものがあるでしょう。

 

占いの結果、吉が出ても凶が出ても、結局どんな未来を引き寄せるかは、自分自身に掛かっている…

 

これは僕の持論ですけど、最初から絶対に吉になる未来とか、凶になる未来というのは、やっぱり存在していないと思うんですよ。

 

占い師というのは、目の前のお客様を、吉になる未来に導くようにする為の役割があるんじゃないかと思う…
「また、きれい事言いやがって」って思われるかもしれないけど…

 

浅草寺の境内でしばらく過ごしていたら、お酒の酔いもだんだん冷めてきました。

 

自分が仕事で目指している所も、改めて再確認できた気がしました。

 

今年も気合い入れて、頑張ります!

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年1月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi