占い暦2 初夢は朝日の中で

乙未年 戊子月 癸未日 晴れ 「棒のキング・逆位置」

 

1月2日… これから毎日、このブログが続けられると思うと、ワクワクします(^^)

 

なんて、半分冗談ですけど、半分は本気です。

 

パリブログを続けていた2年前は、確かに苦しかったですけど、そういう縛りがなかった去年に比べると、ずっと輝いていた気がします。

 

こうやって、最初はメモ書きとかにして、文章を考えるのも時間がかかるし、ネガティブな記事を書く訳にもいかないし…

すみません、そう言いつつもネガティブな記事、結構書いていますけど(笑)

 

それでも、最後までネガティブな内容で終わらせる訳にはいかないし、ちゃんと人に伝わるような文章にするのも、結構頭を使います。

 

ところが、そうやって自分で自分を奮い立たせて頑張っていると、いつの間にか輝いているんですよ。

 

昨日は、ブログの画面のカスタマイズがうまくできなくて、それに苦戦していたら、いつの間にか朝でした。
しかも、結局やり方がわからなくて、そのまま途中でダウンして初夢を見ていました(笑)

 

ちなみに、今年の初夢は、鑑定の仕事の予約が次から次へと連続で入っちゃって、あたふたしている夢…

鑑定の合間に、前もって次のお客様の準備をしたいのに、頂いた生年月日のデータをどこかにやってしまって、パニクっている夢でした。

 

一富士、二鷹、三なすび… なんて言いますけど、どれも見れませんでした。
    せっかく昨日は見事な富士山を見たというのに…

 

あのことわざって、徳川家康にちなんだものとも言われています。

 

昔から富士山が大好きで、鷹狩りが日課だった家康ですが、晩年、駿府城に住んでいた頃、初なすが高騰した事があったそうです。
その時に、「まず一に高きは富士なり、その次は足高山(鷹)なり、その次は初なす」と言ったとか…

 

まあ、他にも諸説ありますけど…

 

実を言うと昨日は、元旦の初ブログをきちんと完成しきらないまま、眠ってしまったんです。

ブログのソフトである、ワードエクスプレスの使い方が良く分からなくて、意外なほど苦戦していました。

 

ブログ全体のデザインが、一応自分の好きな緑色であるという以外は、あまりにも思い描いたイメージとかけ離れていて、それを少しでも理想に近づけようとこだわっていたら、その前に体力がつきました。

 

僕の悪い癖で、目の前にちょっと気になる事があると、それにこだわって優先順位を忘れてしまう所があります。

応用が利かないというか… しゃくし定規で融通がきかないのは昔からでしたけど…

 

そうそう、今日タロットの一枚引きで引いた「棒のキング」の逆位置そのままです(笑)

 

だから、そういう自分の欠点を、改めていこうと思います。
それこそが、今の自分にとっての開運法だから…

 

パリブログを書いている時も、24時ジャストまでに更新する事に、あまりにも執着しすぎていて、それができなかったりすると、ずっと自分を責め続けるような所がありましたけど、別に24時過ぎたからって、何も変わる訳でもないんですよね。

 

これからは、そういう細かい所にこだわらないようにしようと思います。

だから、前日のブログが翌日になって、まだ更新されてなくても、心配しないでください(笑)

 

でも、あまりに なあなあになってしまっても困るから、最低限 翌日までには更新するようにします。

 

それから、後からブログの内容を、勝手に改変する事もあるかも知れません。
僕もうっかりと、間違った内容を書く事もあるかも知れませんし、もちろん、そうならないように最大限気をつけますけど…

 

メルマガは夜遅くに送る訳に行かないから、ちゃんと期限を気にしなければいけないし、しかも送ったが最後、二度と訂正できないから、とってもストレスがたまりますね。

 

ちなみに、本の出版ともなると、間違った原稿を作ってしまったら、それが永遠に世に残りますから、プレッシャーは半端ないです。
そして、後から間違いを見つけてしまうと、本当に死にたくなります(笑)

 

そういう点、ホームページやブログは便利です。
間違いを発見したら、その場で修正できますから…

 

自分が失敗する事で落ち込むのは、誰でも同じだと思うのですが、僕の場合、度が過ぎてそういう所があるみたいです。
なんでそんな風になってしまうかというと、そういう細かい部分にこだわりすぎるからでしょうね…

 

運命を切り開く鍵というのは、意外とものすごく当たり前の所にあると思うんです。

 

案外、その人の持っているこだわりが、運を閉ざしているような事も多いものです。
僕の場合は、こういうしゃくし定規な所だと思うし…
もちろん、これは裏返せば長所にもなる事もあるんでしょうけど…

 

やたらと自分の損得にこだわりがあったり、世間体にこだわりがあったり、変な所にプライドを持っていたりすると、それが原因で重要な事を見落としたり、知らず知らずデリカシーのない言葉で人を傷つけてしまいかねないから、そうなった時には、自分だけのこだわりというものも、案外、自分だけの事ですまされない問題になったりしますし…

 

人は弱い生き物だから、そう簡単に自分の性格を変えられるものではないし、こだわりを捨てられるものでもない…

 

だから、悪意のあるものや、あまりに度を過ぎているものでなければ、ちょっとした人のミスや失言は、なるべく許容してあげられたら良いと思う。
お互い様の所はあるから…

 

それでも、あきらめずに、気負わず少しずつ自分の性格を変えていけたらいいかな…

 

僕も頑張ります!

 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

2016年1月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : futoshi