ブログ

負け方が良ければ、必ず未来は開ける18.07.03

2018年7月3日(火)

 

 つい、今しがたまで、徹夜でサッカーの試合見ていました…

 

 結果だけ先に言いますと、日本はベルギーに2-3で負けてしまったのですが、後半の最初に、原口選手と乾選手がゴールを決めて、その時点では2-0で勝っていたんです。

 

 もちろん、相手がベルギーだけに、そのまま終われるかどうかは不安だったのですが、この時点では、日本は初のベスト8進出になるかもしれない… とかなり期待していました。

 

 いや、この負け方は本当に悔しいです。

 実際に夜中の3時にテレビをつけて、中継を見ていた人しか、この悔しさはわからないでしょうけど(笑)

 

 最後に入れられた1点なんて、まさかのロスタイムのカウンターで、ホイッスルが鳴って、僕の中では、24年前の「ドーハの悲劇」の記憶がよみがえりました。
(といっても、若い人は「ドーハの悲劇」知りませんね…)

 

 あんまり悔しくて、眠れそうにないので、このブログ書いてます(^^;;

 

 でも正直言うと、FIFA3位のベルギー相手に、日本チームがここまで良い試合ができるとは、最初は思っていませんでした。

 ほとんどのサッカーファンは、そう思っているんじゃないですかね…

 

 2-0になって勝てると思っていたのに、結果的に負けてしまったので、どうしても「悔しい」という気持ちが先行していますが、西野ジャパン、本当によく頑張ったと思います。

 

 今回、得点の取り方も良かったですけど、それ以上に、日本チームの「相手に1点も得点を許すまい」と、チームが必死にゴールを守っていた姿が、すごく印象的でした。

 

 ゴールキーパーの川島選手のミラクルプレーも、冴えわたっていましたし、ベルギーのエースのロメル選手なんかにぴったりと誰かが張りついて、ショートをさせない様にしていたんですね。

 

 執念というか気迫というか、確かに試合には負けてしまったんですけど、日本のサッカーチームのものすごい成長を感じました。

 

 日本が得点差をつけた所で、また、ポーランド戦の時のように、自陣でボールをゆっくり回しながら、完全に守りに徹すれば勝てたんじゃないか… という意見も出るとは思いますが、ベルギーは、そんな事が通じる相手ではありません(笑)

 

 たまたま、あのボール回し戦術が、ポーランド戦で通用したのは、あの時ポーランドがすでに1点勝っていて、無理をして追加点を入れる必要がなかったからです。

 

 それでも、これでトーナメント敗退ですし、結果だけを見れば、負けは負け… という事になるのでしょう。

 

 すみません… ワールドカップに興味のない方もいるのに、あまりに悔しくて、熱く語ってしまいました。

 

 「いつやるか… 今でしょ」の林修先生が、予備校の生徒にしていた話の中で、すごく共感した話があって、僕も四柱推命講座の中で、時々使わせて頂いているものがあります。

 

 林先生は、受験に取り組む姿勢と結果には、4つのパターンに分類できるというんですね。

 

 1つ目は「一生懸命取り組んで、その結果、合格した」

 2つ目は「一生懸命取り組んだけれど、残念ながら、不合格だった」

 3つ目は「適当にやっていたけれど、合格した」

 4つ目は「適当にやっていて、不合格だった」

 

 この分類法は、受験だけに限らず、人生における全ての事に当てはまると思います。

 

 結果だけを見てしまえば、1つ目と3つ目は合格できたのだからラッキーだし、2つ目と4つ目は不合格だったのだからアンラッキーだ… と普通の人は考えます。

 

 中でも、2つ目の「一生懸命取り組んだけれど、不合格だった」なんていうのは、「骨折り損のくたびれもうけ」で、最悪のパターンだ… と考える人もいるでしょう。

 

 でも、林修先生は、「本当に問題なのは、3つ目と4つ目のパターンです」と言い切ります。

 

 3つ目の「適当にやっていたけれど、合格した」というパターンで、例え運良く志望校に合格できたとしても、それまでに、何かを本当に一生懸命取り組んだ経験をしないまま先に進んだ人は、その後で頭打ちになってしまう…

 

 逆に、2つ目のパターンの人は、確かにその時は不合格になった打撃で言えば、4つ目の「適当にやっていて、不合格だった」の人よりも、うんと悔しい思いをする事になるのですが、もう一度、受験にリベンジするしないに関係なく、一生懸命物事に取り組んだ経験が、その後の人生を開く事になる…

 

 僕は、この林修先生の意見に全く同感です。

 

 だから、「大殺界の時期は、何をやってもダメな時期なので、悪い事が起こらない様に、3年間なるべく何もせずにじっとしていてください…」 という類いの近視眼的なアドバイスは、その人の未来の可能性を食いつぶしてしまう事になりかねないんですね。

 その3年間が死んでしまいますから…

      By 大殺界の時期に、プロとしての占い活動を開始した、一人の人間より…

 

 今回の日本×ベルギー戦は、ワールドカップのサッカーの事を良く知っている人は、ほとんどの人がベルギーの勝ちを予測していたと思うし、確かに試合が終わって結果だけ見れば、その通りになってしまいました。

 

 もしも、未来というものが、完全100%に決まってしまっているのであれば、サポーターが試合を応援する事さえも、全く無意味だという事になってしまいます。

 

 でも、未来というものは、いつ何時も変えられる可能性に満ちているし、むしろ人生は、その未来を変えようとする努力に意味があると思う…

 

 結果だけに執着しすぎると、結果が出せなかった時に、何もかもが虚しく思えてくるし、それまでの努力が全て無意味のように思えてきますが、長期的なビジョンで見たら、決してそんな事はありません。

 

 西野ジャパンのメンバーに比べたら、ゴマ粒みたいな僕の人生ですが、また例によって、例えに出せば、僕の人生で、30歳直前までずっとミュージシャンを目指して、空回りしながら頑張っていた事は、結果としては、何も生み出せなかったし、確かに不毛の時期でした。

 

 でも、あの不毛の苦しい時期がなかったら、今の僕は100%存在していなかったと思います。

 

 ある意味で、自分の中で明確な期限を決めてやっていた事が、良かったような気もしますが…

(2013/7/2ブログ 「夢を夢で終わらせない為に…」 参照)

 

 別に今、音楽に関する仕事をしている訳じゃないんだから、ミュージシャンになろうと頑張った事なんて、何も活かされていないんじゃないか… と思われる人もいるかも知れませんが、もしも、あの時の報われなかった悔しい思いがなかったら、きっと今のこの人生を築く事はできなかったと思います。

 

 占い師としての観点から、林先生の話に少しつけ加えるなら、2つ目の「一生懸命取り組んだけれど、結果が出せなかった」というパターンは、この4つのパターンのうちで唯一、強烈に運気を貯め込む作用をする事になります。

 

 1つ目の「一生懸命取り組んで、結果を出した」というのは、頑張った結果が出ているので、努力の度合いにもよりますが、運気はそれほど貯め込まれません。

 

 3つ目の「適当にやっていたけれど、結果が出ちゃった」というのは、もう最悪で、この世的にはラッキーに見えますが、ただ、自分がこれまでに貯め込んでいた運気を外に放出しているだけです。

 

 だから、林先生のおっしゃるように、このまま自分のスタイルを変えないで、適当に生きていたら、後は下っていくしかないんですね。

 

 これと比べれば、4つ目の「適当にやっていて、結果は出なかった」の方が、運気を外に放出する事もない分、まだマシです。

 

 今朝の試合で、一生懸命戦ったのに残念ながら結果につながらなかった日本のサッカーチームは、また一段と運気をため込んでいると思うし、それは必ず4年後の未来につながっていくでしょう。

 

 負け方が良ければ、必ず未来は開ける…

 

 今期の西野ジャパンは、もう少しでベスト16の壁を超えられそうだったものの、結果的には超えらえませんでしたし、前回のポーランド戦での戦い方になんかに関しては、確かに批判を受けても仕方ない部分もあると思います。

 

 でも、そういった部分もひっくるめた上で、やっぱり同じ日本国民として頑張っている西野ジャパンを応援したいと思ったし、実際の所、強豪のコロンビアやセネガル相手に、互角以上に良く戦ってきました。

 

 どんな厳しい状況であっても、どこかに勝機はあるし、それを信じて全力で一生懸命取り組む…

 

 今朝の西野ジャパンの試合には、その意気込みが本当にひしひしと感じられたし、頑張ってくれた日本代表メンバーに、心からエールを送りたい気持ちでいっぱいです!!

    あまりに眠いので、少し寝ます(つ∀-)

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)


1 / 41234