東京ディズニーランド

 昨日は、東京ディズニーランドに行ってきました。
    今日は、どこにでもありがちなブログネタ…

日差しは暖かいものの、風は冷たくて、真冬並みの寒さの中、胸がワクワクする素敵な一日を過ごしました

ディズニーランド

実を申しますと、僕、東京ディズニーランドは、生まれて初めて入ったんです。

もう、東京に住んで26年にもなるというのに、これまで、一度たりとも、ディズニーランドに足を踏み入れた事がありませんでした。

ディズニーシーのほうには、とりあえず入った事はあるのですけど…

少し前まで、僕は千葉に住んでいたので、ディズニーランドの場所は、目と鼻の先でしたけど、結局行くような機会もなくて…

いい年をした男が、一人でディズニーランドに入るのも変ですし、例え入った所で、たくさんあるアトラクションを、どう回っていいのかもわからないですし(笑)

今日は二人でディズニーランドを回ったのですが、僕と一緒に来てくれた姫は、ディズニーランドのアトラクションを知りつくしているので、すごく心強いです。

ファーストパスというのを上手にとりながら、見所のあるアトラクションを、時間を効率的に使いながら、思いっきり楽しみました。

ディズニーランドに入ると、まず最初に、大人気の 「ビックサンダー・マウンテン」 というアトラクションのファーストパスをとっておいて、昼食をすませ、白雪姫の「願いの井戸」に行ってみました。

すると、井戸から白雪姫の歌声が聴こえてきて、それが反響して、とってもロマンチックな気持ちになりました。

いつでもすんなり、この場所にこれば歌声が聴ける訳じゃなくて、白雪姫の歌声を聴く為には、辛抱強くこの場所で待っていなければいけないみたいです。

こんな風にタイミング良く、白雪姫の歌が聞ける人はすごくラッキーな人らしいです。

後から知ったのですが、なんでもこの場所は、願いを叶えるパワースポットのような場所らしい…

今まで僕は、こういう話をまともに信じる事はなかったのですが、ボージョボー人形の事があってから、いくぶん素直に信じられるようになりました。

「信じれば、願いは叶う…」 って、 案外、悪くないかも知れない…

次に、姫が案内してくれたのは、「ホーンテッド・マンション」 というアトラクション…

これ、例えるなら、遊園地のお化け屋敷のディズニーランド版といった所でしょうか。

とはいえ、ディズニーのお化けというのは、全然おどろおどろしくなくて、キュートでセンスが良いから不思議です。
おとぎ話を旅しているような、楽しいアトラクションでした。

続けて入ったのは、「カリブの海賊」…

水路に浮かぶ舟に乗って、妙にリアルなたくさんのドクロや、金銀財宝を横目に、悪そうな海賊たちの戦いの最中をくりぬけていきます。

途中、ジャック・スパロー(=ジョニー・デップ)そっくりな、仕掛け人形が出てきて、これがまた本物そっくりでウケます。

そしていよいよ、さっき取ったファーストパスを利用して、「ビッグサンダー・マウンテン」の元へ…

ビッグサンダー・マウンテン

廃坑とか鍾乳洞みたいな所を、ジェットコースターが進んでいくのですが、途中急に下に落ちたりして、これは本当スリル満点です。

高所恐怖症の僕には、かなり怖かったですけど(笑)

ここが大人気である理由が、わかる気がします。
かなりお勧めのアトラクションです♪

のどが渇いたので、少し休んでから、おみやげ売り場を回りました。

姫が言うには、閉園時間まぎわには、おみやげ売り場はすごく混雑するので、おみやげは早い時間に買ってしまっておくのが良いとの事…

なるほど、まさに、「先達はあらまほしきものなり(=何事にもその道の先生や指導者はいてほしいものであるという意)」 です(^^)

おみやげ店を回った後、さっきの 「ビッグサンダー・マウンテン」 に並ぶ大人気アトラクションの 「スプラッシュ・マウンテン」 に入る事にしました。

しかし、所要待ち時間は、なんと驚異の150分…

でも、それだけの価値はあるだろうという事で、2時間半じっと列に並んで、「スプラッシュ・マウンテン」 を体験してきました。

これ、すごいです!

丸太のボートに乗って、水しぶきの中、最後は16mの滝つぼへ垂直に地面に急降下します…

死ぬかと思いました(笑)

さっきの 「ビックサンダー・マウンテン」 も確かに怖かったですけど、正直、この 「スプラッシュ・マウンテン」 に比べれば可愛いものです。

この16mの滝つぼへの急降下の様子が、デジカメで撮影されていて、帰りがけにモニターで見られます。

見てみたら、すごく情けない格好で映っていました…

お恥ずかしくて、これはとても公開できません(笑)

楽しく時間を過ごしている内に、夜になってしまいました。

でも、このディズニーランドの本当の醍醐味は、どちらかというと夜が更けてからとも言えます。

蒸気船マークトウェイン号

これは、アメリカ河を渡るライトアップされた、「蒸気船マークトウェイン号」…

すごく、ムードあります。

この後、二人で夕食をとって、あちこち気の向くまま、散策しました。

ミッキーの家やミニーの家、ドアを開けようとすると、いきなり大音響の稲妻が落ちてくる不思議な家もあったりして…

まるで、子供の頃みた夢の世界にいるような感覚です。

その途中、ライトアップされたディズニーの凱旋パレードに遭遇しました。

パレード

綺麗だなあ…

うっとり見とれていると、冬の寒ささえも忘れてしまいそうです。

時間はもう夜の8時…

大きな花火が次々と空に上がると、歩いていた人も、しばし足を止めて、くぎ付けになっていました。

いよいよ、このディズニーランドの最後の醍醐味…

シンデレラ城(東京ディズニーランドのシンボル的存在でもある建物)をスクリーンにして映し出される「ワンス・オブ・ア・タイム」と呼ばれるイベントが始まります。

姫は、僕に、一番このイベントを見せたかったらしい…

ワンス・アポン・ア・タイム

巨大なシンデレラ城に映る、3Dの立体映像のおとぎ話…

「白雪姫」「シンデレラ」「ピーターパン」「人魚姫」「美女と野獣」「アナと氷の女王」… 次々と繰り広げられる、物語のクライマックスの場面の美しい映像は、見ている人を幻想的な世界にいざなっていきます。

まるで、夢の中にいるような、至福の時間でした。

閉園時間になって、ディズニーランドを出てからも、しばらく夢がさめきれなくて…

正直、東京ディズニーランドが、これほどまで楽しいものだとは、思ってもみませんでした。

素敵な夢を見せてくれてありがとう、ディズニーランド…

ふと気がつけば、今年もあと3日ですね。

皆さま、どうか良いお年をお迎えください。

ふとし

よろしければ、↓ポチッと押してください

ホームページ 浅野太志の占い鑑定
過去ブログ Songe à Paris