この空の下で…

台風15号が九州北部を通過して、やっと越えていきました。

西日本にお住まいの皆さま、お怪我はなかったでしょうか…

今日の東京は曇り空…
最近、急に肌寒くなって、早くも秋の訪れを感じます。

月日が経つのは本当に早くて、なんだかんだ言い訳して、ブログも更新していないし、とりたてて仕事に追われているという訳でもないのに、時間がすりぬけていきます。

一年前の僕が今の僕を見たなら、思いっきり叱りつけられそうな位、だらけています(笑)

最近になって、人生の筋書きというのは、「元々ある程度決まっているものなのか…」 それとも、「自分で切り開くものなのか…」 大真面目に考えるようになりました。

昔の僕なら、「人生なんて、自分の力で、どうにでも切り開けるものだ」 って、即答していました。

だって、そうじゃなかったら、何のために生きているのかわからないし、生きている事自体、虚しく思えてしまうし…

でも、今までの人生を振り返ってみると、何だかかなり決められた道を歩かされていた気がするんですよ。

まあ、かなり人とは違う、風変わりな道なんですけど(笑)

そうですね…

これまでの仕事運に関しては、自分としては大いに満足していますし、何でこんなに恵まれているのだろうという位、僕は周りの人に恵まれている。

でも、恋愛運なんかは、まあ、昔のブログでは立派な事を書いていますが、いつもいつも自分で墓穴を掘るような言動をして、つぶしているような気がします。

「それはお前が悪い」 って、言われそうですけど(笑)

金運と健康運に関しては、可もなく不可もなくという感じです。

とりあえず贅沢をしなければ、生活はやっていけますし…

体に関しては、以前は超タフネスだったのですが、本を出版したあたりから、急に無理がきかなくなって、今ではお酒も昔の半分も飲めませんね。

で、全てをトータルすれば、運気の流れは、自分としては十分すぎる位、幸せに満たされています。

この運命傾向って、どこから来ているのだろう… って考えると、間違いなく、自分の性格や物の考え方からだと思います。

なんで、物事がうまく行く場合と、うまく行かない場合があるのかと言えば、きっと人間というのは、本音の部分でその必要性にせまられないと、うまく行くように行動しないからなんじゃないかな… って気がします。

それで、今までなら、「思い通りにならないというのは、なんて嘆かわしい事なんだろう…」 と思っていたんですけど、最近はふと空を見て、こんな風に思うようになりました。

人が生まれる時も、死ぬ時も、何にも世界は変わらない。
みんなこの空の下に生まれて、この空の下で死んでいくのだな… なんて。

ちょっぴり、達観した気持ちになってみたりして(笑)

だから人生、そんなに気負いすぎる必要も、ないのかも知れません。

でも別に、僕は宿命論者になった訳じゃないんですよ。

2年前のまだ熱かった頃の自分もまだここにいて、「それでも、運命は変えられる」 って、心のどこかで叫んでいる。

今、少しだけ、その答えが見つかりかけているんです。

自分の運命を変える鍵って、誰かの事を本気で、思いやる事なのかもしれないと…
自分の利益も、自分の存在すらも、忘れるほどに…

自分の中で、相手を思いやっているような気分に浸っているだけじゃ駄目で、「本気」  じゃなくっちゃいけない。

そっか…
今まで恋愛がうまく行かなかったのは、自分で勝手に、相手を思いやっているような気になって、ただ自己満足していただけだったからかもしれない。

ふとし

よろしければ、↓ポチッと押してください

ホームページ 浅野太志の占い鑑定
過去ブログ Songe à Paris

あきらめたら終わり

今日の東京は、朝から小雨がちらついていたのですが、それでも夕方頃には、その雨も止んでいました。

だいぶ、涼しくなってきました。

いつの間にか、秋はもうすぐそこに来ているのですね。
本当、月日が経つのは速いものです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

最近、ブログの更新がめっきり少なくなって、本当ごめんなさい。
どうも今、こっちに比重を掛けていられないような人生の流れで…
   言いわけ…

今、僕はとても充実した人生を送っています。
とはいっても、とりわけ贅沢に暮らしている、という訳でもありませんけど…

どこにでもあるような、さりげない幸せを満喫している感じです。

気に合う仲間とシルフィーユでコーヒーを飲みながら語りあかすみたいな…
その程度の幸せです(笑)

今、胸をよぎる思いは、「これまでの人生、それなりに苦しい事も辛い事もあったけど、こうやって生きてて良かったな…」 という事。

苦しい事とか、辛い事が起きた時には、案外、それに真っ向から挑んでいくのが良いのかも知れない…

そんな長くは続かないから大丈夫ですよ。

それに、例え状況がずっと変わらなかったとしても、感情はだんだんと慣れてきて、苦しいと思う気持ちだって薄れていくものです。

それを乗り越えた後には、必ず素敵な未来が待っている…
そこでは、今まで不可能だと思っていた事が実現しちゃったりする。

だから何でも、あきらめない方がいいんです。

「この年になったら、もう恋なんてできない」 とか…
「どうせ残りの人生なんて、たかが知れてる」とか…

ハスに構えて、さめて人生を考えるのは楽だけど、そうやって 「これは無理だ」 ってあきらめた所で、全て終わるんじゃないかな…

あきらめなければ、未来は続くし、自分が忘れかけた頃に、ずい分前に願っていた夢が不意に叶う事だってあるかも知れない。

こうして今なら、これまでの全ての人生に、「ありがとう」 って、心から言えます。

ふとし

よろしければ、↓ポチッと押してください

ホームページ 浅野太志の占い鑑定
過去ブログ Songe à Paris

失敗

ふと、気がつけば、一番暑い夏の時期も終わって、お盆の真っただ中…
本当に、時がたつのは早いものです。

結局、今年も、一番暑い時期に海で遊べなかったです(笑)

今までの人生を振り返ってみると、随分と失敗した事も多かったなあ、と思います。
でも結果、現在の満たされた生活がある訳で、「それはそれで良かった」 と今なら思えます。

失敗にもいろいろありますけど、僕は、本当にそそっかしくて、昔からとんでもないケアレスミスをする事が多かったんです。

これは、小さい頃からずっとそう…

学校の試験問題とかで、間違った所の半分以上は、だいたいケアレスミスでした。

問題を読み違えていたり、記号で書く所を言葉で書いてたり、ひどい時には、まだ問題用紙が残っているのに、それに気づかずにテストを提出する時になって初めて気づくとかか…

今はその頃に比べれば、随分と減ったとは思うのですが、それでもごくたまにやります。

そのミスをフォローするのに、ものすごく時間がとられる事もありますし、それによって、大切な信用を無くしてしまったりしますから、こういうミスは仕事では致命傷です。

本当、自分でミスに気づいた時にはガックリきますね(笑)

それで、クヨクヨと思い悩む…

なんで、あんな風に書き間違えたんだとか、なんで、あれを表記をし忘れちゃったんだとか、どうして、あんな風に思いこんじゃったのだとか… しばらくの間、悶々と自分を責め続けたりしていました。

昔からいつもそのパターンです。

ところが、それだけ反省している、というか、それだけ失敗を悶々と悔やんでいる割に、どういう訳か、いつまで経ってもミスが減らなかったんです。

若い頃は、毎回同じようなミスをして、バイト先の社員さんに叱られたりしてました。

う~ん、僕の他にも、耳が痛い人いるんじゃないですかね(笑)

今、なんでそんなだったかな… と振り返ると、反省のしかたがちょっと間違っていたみたい…

「どうして普段ならありえないミスを、よりによって、こんな時にするんだ」 とか、悔む気持ちもわかりますが、そりゃ人間だからそういう事もありますよ(笑)

まずいのは、そこじゃないんです…

本当にまずいのは、ミスをしていないか、一通り確認するという習慣がついていなかったという事。

だから、自分を責めるとしたら、「どうして、あんなミスをしたんだ」 じゃなくて、「どうして、もう一回見直さなかったんだ」 という事…

そういえば学生の頃、試験問題とか、いつも億劫がって全く見直さなかったです。
毎回、「まあ、今回は大丈夫だ」 とかタカをくくって、実は全然大丈夫じゃないという…

反省すべきは、こういう無精癖なんですね。

失敗をクヨクヨ悔むんじゃなくて、自分の仕事のチェック体制を改める…

これだけで、ケアレスミスは格段に減るし、いつの日かきっと 「あの時のミスのおかげで今がある…」 って思える日が来るんじゃないですかね。

ふとし

よろしければ、↓ポチッと押してください

ホームページ 浅野太志の占い鑑定
過去ブログ Songe à Paris

信じる

ついに、過去最長の未更新期間記録をつくってしまいました…

度々このブログに訪れてくださった皆さま、本当に申し訳ありません。

というか全然更新されないから、とっくに忘れられて、ひょっとすると、この記事が読まれる事もないのかも知れません(笑)

この2週間、怒涛のごとく、いろんな事がありました。
嬉しい事も、それなりに大変な事も…

それにしても、本当暑いですね。

外を歩いていると、大して体を動かしてもいないのに、照りつける日差しで汗が吹き出します。

「こんな日には、思いっきり海に入って遊びたい」 と、いつもいつもこの時期にはそんな事を思いつつも、結局どこも出かけないまま、夏が通り過ぎていきます(^^;;

2012年にパリから帰ってきて、早3年…

この3年間、いつも時間に追われて、個人的な人生のプランは全て成り行きまかせでした。

結果的にはそれが良くて、今があるみたいなものですけど、これは全部、僕の周りにいてくださった優しいたくさんの人達のお陰です。

でも、そろそろ自分の人生プランも考え始める頃に来たのかな… なんて、少しだけ感じ始めている今日この頃です。
  大運、替わったし(笑)

「より、人生を充実させる為には、時間を無駄にしていられない…」 そんな事を最近、思い始めるようになりました。

この場合の時間の無駄とは、レジャーをしたり、息抜きをしたりという、仕事以外の時間という意味ではなく、「無駄な事に心がとらわれている時間」 という意味で…

人生にはいろいろな事があるから、思い通りにいかない時には、ついつい、人は落ち込んだり、腹を立てたり、自分に自信を無くしてしまったりするものです。

それは当然の事ではあるけど、いつまでもそこにどっぷりつかってるような時間の余裕なんて、本当は無いのかも知れません。

そんな事はわかっていても、いつもそのパターンにハマってしまう…
僕もずっとそうでした。

でも、そんな時に、つい忘れてしまっている大切な事… それは 「信じる事」 かも知れません。

人を信じる事… 運命を信じる事…

※注… この場合の人とは、電話営業や訪問セールスしてくるの業者とかの事ではなく、ある程度自分と縁ができた人と言う意味です。一応、念の為(笑)

これは決して、お人好しになれという意味ではなくて…
まずは、信じる所から入ってみた方がいいと思うんです。

最初から、全てを疑ってかかっている所には、人とも、天とも、信頼関係は生まれない…

人や天を信じられるようになると、人生に不安がなくなるし、何でもかんでもうまく行くようになります。

一見、うまくいかないような事も、しばらくすると、「かえって、それで良かったんだ」 って思えるようになったりします。

ついでに、悪意を持った人間や、世の中のいろんなわなに、感覚で気づけるようになったりする…

今まで人からガッカリさせられたり、いろいろと辛い目にあってきた人にとっては、これがなかなか難しい事なんですけど…

相手の事を信じてあげられると、その人だって変わるし、天を信じきる事ができれば、運命の方が微笑みかけてくれるはず…

僕もまだまだ器が小さくて、ついつい信じきれなくなってしまう事もあるんですけど、常に気を取り直して、それを信じてみようって、今心掛けています。


<お知らせ>

メルマガ「シルフィーユ」8月号の発行は、明日(8/7)の予定です。
今月号のお題は、
「気を循環させれば、運は必ず動き出す」…

一応メルマガの 「自分ルール」 は、その月に入って1週間以内(つまり7日まで)に発行するなのですが、不覚な事に、現段階で下書きすらもできてません…(8/6 9:30現在)
  久しぶりのピンチ… でも、天を信じて頑張ります(笑)

いつでもすぐに登録解除できますし、お金は一切かかりませんから、よかったら是非、メルマガ登録してみてくださいね(^^)

ふとし

よろしければ、↓ポチッと押してください

ホームページ 浅野太志の占い鑑定
過去ブログ Songe à Paris