ブログ

天から与えられたプレゼントに感謝して18.05.13

2018年5月13日(日)

 

 5月のゴールデン・ウィークが終わって、学生さんや会社勤めの方にとっては、休みが明けていつもの生活がのスタート…

 

 新年度の4月から、クラスや職場が変わって、新しい生活がスタートした人にとっては、中々環境になじめない、ちょっと憂鬱に感じる時期かも知れません。

 

 よく「五月病」なんて言いますけど、あまり気負わずに、上手に息抜きしながら、乗り切っていきましょう。

 

 僕の場合は、ゴールデン・ウィークを、朝から晩まで四柱推命講座三昧で気持ちを張り詰めて過ごしたので、逆に、やっと一息ついた所です。

 

 ゴールデン・ウェークを終えて、その後、妻と旅行をしながら気分転換をして、今日は、「四柱推命講座・初級編 ~日曜コース~」の7日目でした。

 

 まあ、仕事と言っても、好きな事をやっているだけですから、僕の場合、ストレスになる事もありません。

 

 それにしても、人生というのは十人十色で、当たり前の話ですが、人それぞれに全く違います。

 

 生まれながらに、お金持ちの所に生まれる人もいれば、貧困を余儀なくされる環境に生まれる事もあでしょうし、体の健康状態だって人それぞれです。

 

 たくさんの友人に恵まれる人生もあれば、人間関係に常に悩みを抱える人生もありますし、幸せな結婚をして、子宝に恵まれる人もいれば、恋愛にいつも悩みを抱える人もいるでしょう。

 

 どんな人の人生も、全ての面において、完全に恵まれている人生というのは、滅多にありません。

 はたから見たら、そう見える事はあっても、実際の所は、本人は、何かしらの悩みを抱えていたりします。

 

 逆に、「人生やる事なす事、全部ダメ…」 という事も、まずありません。

 

 まあ、人生がうまくいっていない時には、一見、自分の人生は何から何まで全くうまくいっていないように感じてしまう事もありますが、そんな時でも、実際には、一つぐらいは恵まれている部分もあるものです。

 

 例えば、お金はないし、恋愛もうまくいかないし、人間関係も最悪だけれど、体だけは元気だ… とか。

 

 人生がうまくいっていない時には、そんな時「体だけ元気で、一体何の意味があるんだ」などと、悲観的に考えてしまいがちですけど、決してそんな事はありません。

 

 体が元気であれば、再起のチャンスは、いくらでもやってくるのですから…

 

 人というのは、特に不幸なモードに陥ると、往々にして、自分の中で最も恵まれていない部分に、意識をフォーカスしてしまいがちです。

 

 そしてついつい、自分は、他の部分では案外恵まれているという事を忘れて、愚痴ばかりが出てきて、周囲に感謝する事も忘れてしまうんですね。

 

 こういう状態になると、せっかくの運気も逃げていってしまいます。

 

 サンタクロースが、クリスマス・イブの夜になると、世界中の子供たちにプレゼントを配るように、我々は、天の神様から何かしらのプレゼントを、受け取っています。

 

 そのプレゼントは、人によって全然違うので、他人がもらっているプレゼントを、自分はもらっていないという事もありますけど、その逆だってあります。

 

 そこで、ないものねだりをして、悲嘆にくれるのも人生ですけれど、もう一回、自分の人生を振り返って、天が自分に与えてくれたプレゼントは何だろうかを確かめて、それを有効利用する方法を考えた方が、はるかに得策です。

 

 生まれながらに体が丈夫な人は、それを武器にしたらいいですし、人徳があって、周りの人に恵まれている人は、その事に感謝して、より、周りの人に愛を与えるような生き方をする事で、それが最大限に生きてくるでしょう。

 

 生まれついて、手先が器用な人は、それを活かしていったらいいですし、生まれながらに容姿端麗な人は、もっとそれを際立たせて、最大限に生かしていったら良いでしょう。

 

 天から与えられたプレゼントに感謝して…

 

 これは、「自分がうまくいっていない部分は、あきらめろ…」 という意味ではありません。

 

 そのうまくいっていない部分に気持ちをフォーカスして、不満を言うのではなく、まずは、今自分に与えられているものに感謝して、そこから、ポジティブな気持ちで一歩を踏み出す事で、自分が欲しいものも手に入りやすくなるし、人生が、実りの多い素敵なものになっていくはずです。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)