ブログ

何ができ上がるかなんて、その時は分からない18.04.02

2018年4月2日(月)

 

 気がつけば、4月になってしまいました。

 学校や会社では、いよいよ新年度…

 

 僕も最近は、ブログの毎日更新をやめて、その分、ホームページの直しや、講座の準備に時間を掛けています。

 正直、やる事が多すぎて、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

 僕のホームページも、タロットカードが間違っていたり、段落がぐちゃぐちゃだったり、リンクが切れていたりバクっていたりで、最初は本当 悲惨な状態でしたが、今、やっと少しずつ、まともな状態に戻りつつあります。

 

 今回、リニューアルした事によって消えてしまったページのかなりの量を、自分で作り直しましたが、完全な移行までには、もう少し、時間が掛かりそうです。

 

 それにしても、思わぬ所で、我流ながらも自分のパソコンのスキルが役に立ちました。
 全く、何が幸いするか、わからないものです。

 

 ホームページの事はさておき、僕は、本当に周りの人に恵まれていて、いつも、助けられているのを感じます。

 

 何かピンチな事が起こったり、困ったなあ… と思う事があると、必ずそばにいる優しい人が助けてくれるといった感じで、どれだけ感謝してもしたらないほどです。

 

 もしも、それがなかったら、絶対にここまで来られなかったと思います。

 

 自分で言うのもなんですが、僕は、運だけは、ものすごく強いと思うのですが、それ以外、大した才能がある訳ではないですし、仕事の要領がいい訳でもないですし…

 

 たまたま自分の得意な占いというジャンルが活かされただけで、本当、人に助けてもらっていなかったら、間違いなく、今の自分はないですね。

 

 パリに行った時もそうでしたけど、本当、行き当たりばったりの人生でした。

 

 でも、思うに、未来において、計画を立てて、その計画通りに物事が全てすんなり進んでいくという事は、滅多にはないような気がします。

 

 もちろん、小さな計画だったら、そういう事もあるかも知れないですけれど、ビジョンが大きくなればなるほど、ましてや、一生モノのビジョンだったりしたら、まずは計画通りには行きません。

 

 その原因は、自分にあるという事もあれば、自分以外の人が原因の場合もあるでしょう。

 

 まあ、多くの場合、割合こそ違えども、自分にも他者にも何らかの要因があるものですが…

 

 計画通りに物事が運ばない… というのは、確かにストレスを感じるものですし、そんな時は、ついついその原因を作った誰かの事を、責めてしまいがちです。

 

 逆に、真面目な人は、その計画にのった自分自身を責めて、ずっと後悔をし続けるような事もあるでしょう。

 

 でも、僕はむしろ、「計画通りに行かない事は、当たり前だ」と考えるようにしています。

 

 計画通りに行かない事は、悪い事でも何でもないですし、必ずしも、「計画通りに行かない=失敗」とは、限らないですから…

 

 むしろ、その計画通りに行っていない所を、リカバリする事に、人生の醍醐味があるような気もします。

 

 身近な所で言えば、料理や日曜大工なんかも、そうだと思うし、芸術作品なんかは、まさにその典型だと思います。

 

 僕の場合でしたら、ちょうどこのブログやメルマガなんかが、そうなのですが、例えば、メルマガやブログを書いていて、最初に書こうした文章の内容と、出来上がった文章の内容が、まるで違ってしまうという事が、よくあります。

 

 これが、本の執筆ともなると、その傾向は顕著で、自分が想像していた本のイメージと、実際に出来上がった本は、完全に全くの別物ですね。

 

 もちろん、結果が、計画とは違って、残念なものになってしまう事もありますけど、中には、計画していたものよりも、うんと素晴らしい作品になる事だってあります。

 

 自分一人で作る作品でもそうなのですから、人とコラボしたり、協力したりして作り上げるプロジェクトや、例えば、会社を立ち上げるなんてなったら、なおさら、もう思い通りになんて行きません。

 

 もちろん、あまりにも計画と外れてしまって、維持するだけで負債がはなはだしい時には、途中で見切って断念する事も、一つの大切な選択であるとは思いますけど、ただ、出来上がったものが自分の思惑とは違う… というだけの理由で、途中でやめてしまうのは、もったいない話だと思うんですね。

 

 自分の計画や思惑通りに行かないのは、当たり前なのですから…

 

 僕が思うに、どんな作品でもプロジェクトでも、一生懸命にそれに取り組んでいると、途中から、自分の意思とは違う不思議な力が味方してくれるように思うんです。

 

 だから案外、その作品を全て自分で作っているようで、実はそうではなかったりするし、僕はむしろ、作らされているようすら、感じる事があります。

 

 ちょうど、「四柱推命完全マニュアル」と「タロット占い完全マニュアル」の2冊の本の原稿を書いていた時が、そうでした。

 

 あの本の原稿は、まぎれもなく全部、自分で書いていますが、出来上がったものを読み直してみると、到底、自分の力だけで、あれを書き上げられたと思えないと言いますか…

 

 今、もう一度、あれと同じような原稿を書けと言われても、もう、できないと思います。

 

 どちらの本も、書く前には当然、構想やビジョンは練っていますが、出来上がった本の内容は、最初に計画していたものとは、まるで別物です。

 

 僕の場合は、最初に計画していたものよりも、うんと素晴らしいものになったのですが…

 

 思うに、人生において、計画を立てる事は大切ですけど、もしも途中で計画通りに行かなくなった時には、行き当たりばったり覚悟で、冒険をしてみるのもありだと思うんです。

 

 そんな時も、無心になって、一生懸命額に汗をかきながら、真剣に取り組んでいれば、ふと湧いてきた良いアイデアや、誰かからの助けによって、窮地を乗り切る事が出来たりもします。

 

 結局、何ができ上がるかなんて、その時には分からない…

 

 だから、人生は面白いし、時には、ちょっぴり不安になりながら、どんなものが出来上がるのかを、全て天に委ねてみるのも、また一興のようにも思います。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)


3 / 2512345...9...最後 »