ブログ

3泊4日加賀旅行記<前編>19.07.22

2019年7月22日(月)

 

 ここの所、ジメジメした日が続きます。

 

 僕は現在、京都に2週間近く滞在している最中ですが、どういう訳かずっと雨続きで、丸一日、朝からカラッと晴れ上がった日は、まだ一日も体験していないような気がします。

 

 この京都にやってきたのは、この地で初めての試みとなる「四柱推命講座・初級編」を開催する目的の為ですが、初日の講座は、実は、石川の金沢に3泊4日の旅行をして、その帰りの立ち寄りで、京都に来ていました。

 

 理由は言うまでもなく、方位の方違え…

 初日の7月6日は、午月(6月節)となるので、月盤の西の方位は、暗剣殺になってしまいますから(笑)

 

 僕は、どうしても行かなければいけない用事があって、それが凶方位にあたる場合には、暗剣殺だろうが五黄殺だろうが、潔く移動します。

 でも、それが自分の意志で取捨選択できるものであれば、笹木龍一先生も、おっしゃるように、やっぱり、ちゃんと方位は気にしています。

 

 という事で、今回、僕は京都講座の方違えという目的をかねて、前から、行こうと思っていた加賀旅行を敢行したという訳です(^^)

 

 

 前回の金沢旅行で、たまたま見つけた「ビジネスホテル ナカダ」は、宿泊料は安いのに、きれいで快適なホテルだったので、今回も、迷わずここを選びました。

 

 実は当初の計画では、今回の旅行は、一宮の白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)に参拝してから、白山に登るという計画でした。

 

 白山の頂上には、白山比咩神社の本宮があるので、そこに参拝したかったのです。

 

 白山の標高は2,702m…

 

 ちなみに僕は、ちゃんとした登山は、今までの人生で一度も経験した事はありませんが、根性だけは自信があるので、休みながらであれば登れるだろうと、この旅行の為に、事前に山登り用のトレッキングシューズとか、ザップなんかを買いそろえていました。

 

 そして、その1週間前の上級編の講座の時に、参加してくださっている受講生の皆さんの前で「来週は白山に登ります」と宣言したら、みんなから、強く制止されました。

 

 白山は、根性だけで行ける山ではないし、ツアーで登るならまだしも、一人で登るのは自殺行為だという事で、みんなから強く止められている内に、やっぱりこれは辞めておこうと、思いとどまりました。

 

 白山登山の予定日は、7月5日であり、京都の初級編講座(7月6日)の前日です。

 

 もし万一の事があって、京都の講座会場に行けなくなってしまったら、わざわざ京都までいらしてくださった5名の受講生の方に申し訳が立ちませんし、最悪、皆さんに連絡すら取れない状態に陥る可能性もあります。

 

 そうなったら、シャレでは済まされませんから、今回は、いさぎ良くあきらめました。

 

 さてさて、一宮の白山比咩神社に関してだけいえば、前回、一度行っているので、ある程度、勝手がわかります。

(2018/12/8 ブログ 「白山菊理姫に会いに」 参照)

 

 

 という訳で、まずは、金沢駅へと向かいました。

 

 前回はタクシーを利用したのですが、今回は、ホテルに一泊してからの参拝なので、タクシーは使わず、予算を節約しつつ、白山比咩神社に向かう事にしました。

 

 

 金沢駅から北陸本線で1駅で、新西金沢駅にへ到着…

 

 ここで、北陸鉄道石川線に乗り替えます。

 

 

 なんと、北陸鉄道の電車の中には、白山比咩神社の広告が…

 

 確かに、菊理姫様は縁結びの神様ですが、これだといかにも「恋愛を叶える為の神社」という感じですね(笑)

 

 

 そして、石川線の終点である鶴来(つるぎ)駅で下車します。

 

 ここから、バスに乗って、白山比咩神社に向かいます。

 

 

 どうやら、バスが来たようです。

 

 このバスに乗る事、15分ぐらい…(頑張れば、歩いて行けなくもありません)

 

 

 到着しました。

 

 

 半年ぶりの白山比咩神社…

 

 

 あの時は、見事な紅葉でしたが、新緑の白山比咩神社というのも、また素敵ですね。

 

 

 参道の階段の途中にある手洗舎で、手を清めます。

 

 ここには、「今上陛下御製」の和歌が書かれています。

 

 でも正確には、これをお書きになったのは今上天皇ではなく(今上天皇というのは、現在の天皇という意味)、平成天皇であられた明仁上皇ですね。

 この和歌は、半年前に登った時も、同じように、ここにありましたから…

 

 

 この階段を上がっていくと、やがて本殿にたどり着きます。

 

 僕は、人生でこれまでに行った神社の中で、この白山比咩神社が一番のお気に入りです。

 

 

 本殿に到着…

 

 今日は地元の人たちが集まって、何かイベントをやっているようですが、本当にすがすがしい神社です。

 

 そして白山比咩神社に参拝した後、このそばにある、舟岡山に登る事にしました。

 

 

 というか、標識がある割には、道がありません(笑)

 

 いや、たぶん最初は道はあったのでしょうが、誰もこの山に登らないので、どんどん植物が生えて、道が道でなくなってしまったという感じです。

 道なき道を、ズボンを汚しながら、進んでいきます。

 

 ここには、かつて舟岡山城が建っていましたが、今は、城跡になっています。

 

 

 山の裏側の道に通じる、四ノ丸を目指して、進みました。

 

 ちなみに、三の丸を目指して進むと、何にもない三の丸跡にたどり着くのですが、そこで行き止まりで、Uターンして、元の道に引き返すしかありません。

 あみだくじで、ハズレを引いた気分になります(笑)

 

 

 この舟岡山には、縄文時代の遺跡もあるんです。

 

 

 本丸を目指して、歩いていくと…

 

 

 なんと、その場所こそが、白山比咩神社の創祀の地でした。

 

 すごく、感慨深いです。

 

 その後、山を下ったのですが、たかだか標高178mなのに、もう足がクタクタになってしまいました。

 

 もしも、標高2,702mの白山に登っていたら、一体どういう事になっていただろうと、考えるだけで怖くなります(笑)

 

 この後、前回も行った金劔宮(きんけんぐう)に立ち寄ろうと、疲れた体で歩いていたのですが、見事に道に迷ってしまいました…

 

 さらに、いきなりのにわか雨…

 

 僕はいつも、折りたたみ傘を携帯しているので、難は逃れたのですが、雨の中、さらに道がわからなくなってしまいました。

 

 

 知らず知らずに、田畑ばかりのひとけのない道に迷い込んでしまったのですが、そこでたまたま、一軒の喫茶店を見つけました。

 

 雨宿りもかねて、お邪魔してみる事にしました。

 

 こぢんまりとしていて、お店に上がるのに、スリッパに履き替えるのですが、とても雰囲気が良くて、癒されます。

 

 

 GoogleやYahooの地図にも絶対に出てこないし、ひっそりと経営されているのですが、ロイヤルミルクティーの味は絶品でした。

 

 シダーハウスというお名前の喫茶店で、白山比咩神社からも近いので、是非おすすめです。

 

 シダーハウスのお店の方に道を聞いて、再び金劔宮へと歩き始めました。

 

 

 歩く事、20分ぐらい…

 

 金劔宮前のバス停に、到着しました。

 

 

 半年ぶりに、金劔宮に参拝しました。

(2018/12/9 ブログ 「夜の金沢を歩いて」 参照)

 

 船井総研の創業者・船井幸雄氏が最強の金運神社の1つとして紹介した事で、この神社は有名になりましたが、図らずしも、僕も半年前に金劔宮に参拝してから、間違いなく金運は良くなっています。

 

 

 金刀比羅社、乙劔宮、粟島社、恵比寿社、恵比寿社、丈六社、石清水社、招魂社と、摂社末社を片っ端から参拝させて頂きました。

 

 もう、体中がヘトヘト…

 この日は、これでホテルに帰りました。

 

 白山登山の為に空けていた次の日は、前回も参拝した浅野神社を巡ったり、ぐるっと金沢市内の観光をしてみようと、疲れた体で、思い立ちました。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)


2019年 ヨーロッパ紀行 最終話 ~夢かうつつか~19.07.09

2019年7月9日(火)

 

 (In Tokyo Japan Date  24 May 2019)

 

 成田空港から、ヨーロッパ旅行でずっと一緒に行動していた緑のスーツケースが、無事に東京に届けられました。

 

 

 中はまるで、鉛が入っているように重いです(笑)

 このスーツケースを、ここまで運んできてくださった宅配業者の方、本当にありがとうございました。

 

 つい3日前まで、あのヨーロッパにいたと思うと、何とも不思議な気分になります。

 あれは、夢じゃなかったのかな… みたいな…

 

 今いる、日本の東京のど真ん中とは、あまりにも違い過ぎるから…

 

 

 僕は、少なくともしばらくは、この東京という街で、生きていこうと思っています。

 

 こんな場所だって、外国の人々から見れば、決して当たり前の場所ではないし、ちょっとした工夫によって、素敵な思い出の場所にする事だってできる…

 

 そうそう… またしても今回、携帯を手放して失くしてしまった手痛い結果を踏まえて、僕は携帯にしっかりと長いストラップをつけて、体に付けておく事にしました。

 これは、松里さんが、携帯のストラップを首に巻いていたのを見て、思いついたんです。

 

 

 この留め具をベルトなんかにきちんと留めて、乗り物に乗れば、もう二度と携帯を失くしてしまう事はありません。

 

 人生に、失敗が起こるのは当然の事。

 だって、人間なんだから…

 

 その失敗を活かして、前を向いて歩いて行ったら良いと思う。

 失敗した分だけ、人は強く成れるのだから…

 

 その場その場の結果だけが、人生の全てではないし、むしろその経験で得られるプロセスにこそ、価値があるのだと思う。

 

 野尻先生のおばあちゃんが言っていたように、自分が「一合枡」なのか、それとも「一升枡」なのかは、人生を終えるその時が来るまで分からない…

 その時を迎えるまで、自分は一升枡のつもりで、一生懸命ぶつかっていくのがいい。

 

 日本は長い梅雨、でも、それが終われば、暑い夏がやってくる…

 

 夢か、うつつか…

 もしかしたら、人生そのものだって、たかだか100年前後の夢に過ぎないのかも知れません。

 

 だからこそ、生きている事が必ず価値のあるものになるように、この人生を全力でぶつかっていきたいと思います。

 

 <旅の教訓37>

 失敗を悔やんだり、恐れたりするのではなく、その失敗した事をちゃんと活かしていけば、人生はレベルアップする。

 

 ~2019年 ヨーロッパ紀行(全37話) 完~

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)

2019年 ヨーロッパ紀行 第36話 ~旅の終わり~19.07.08

2019年7月8日(月)

 

 (In Prague Czech Republic ~ Moscow Russian ~ Narita Japan Date  21~22 May 2019)

 

 今日は、いよいよ帰国の日…

 昨夜は少し早めに、眠りについたせいか、今朝は朝の5時ぐらいに目を覚ます事ができました。

 

 松里さんから頂いた風邪薬のお陰で、鼻水と咳は止まっているのですが、まだまだ本調子とは言えず、やっぱりいつもよりも、動きが鈍いです。

 

 この状態だと、荷物をまとめるのが遅れて、みんなに迷惑を掛ける必要がある…

 そう思った僕は、音を立てないように、みんなより先に、帰り支度を始める事にしました。

 

 今から始めれば、のんびりダラダラやっていても、十分に間に合います。

 

 買い込んだおみやげや、預かり物なんかで、荷物が行きの時の2倍近くに膨れ上がっています。

 

 

 これをスーツケースに詰め込むのは、かなり至難の業です。

 

 そこで、荷物の隙間をできる限りなくして、ぎゅうぎゅう詰めに押し込んだスーツケースのフタを無理やり閉めようと、上に乗っかって金具をパチンとしました。

 

 痛!!!

 

 右手中指に、激痛が走りました。

 なんと、指を金具の隙間に挟み込んでしまったのです。

 

 心の中で絶叫しましたが、今はまだ朝の5時、みんなは寝静まっていますから、声を上げられません…

 スーツケースの上で、ぐっと正座をして耐えました。

 

 スーツケースの上で正座している僕を見つけた草さんが、眠そうな顔をして「どうしたんですか…」と聞きました(笑)

 

 その後、水道の水で、ずっと指を冷やしていましたが、血豆になってしまって、中々痛みが治まりませんでした。

 

 

 何てこったい… これで、ますます帰り支度が遅くなりそうです。

 

 少し熱っぽい体と、中指の痛みに耐えながら、無理やりスーツケースのフタを押さえつけて、鍵をしました。

 

 もう、このフタは日本に着くまでは、絶対に開けないぞ…

 そう、心に誓いました(笑)

 

 モタモタと帰り支度をしている内に、空も明るくなってきて、7時ぐらいになると、みんな目を覚ましました。

 このアパルトマンで、最後の朝食をとって、プラハ空港へと向かいます。

 

 ものすごく調子の悪そうな顔をして、朝食をとっていたら、高天麗舟先生が、ホメオパシーの「痛みを和らげるレメディー」と「風邪に効果があるレメディー」を、くださいました。

 

 これを口に含むと、程なくして、中指の痛みは、気にならなくなってしまいました。

 風邪の苦しみの方は、すぐには治まりませんでしたが、血豆になった指の痛みが、すぐに取れた事に驚くのと同時に、高天麗舟先生に感謝しました。

 

 いよいよ、長かった旅の終わり…

 プラハのアパルトマンを、みんなで後にしました。

 

 

 アパルトマンを出ると、まずは、最寄り駅であるフローレンス駅(Florence)へと、向かいました。

 

 そして、今回の旅では本当に何度もお世話になったREGIOJETのバスに乗り込み、プラハ空港へと到着しました。

 

 

 まずは、ここから飛行機に乗って、モスクワ航空へと離陸します。

 

 向かう方向が逆なだけで、行きの時と同じように、荷物検査や搭乗手続きをするだけなので、経験がある分だけ、ずい分と楽に感じます。

 

 

 みんな、旅の疲れでぐったりとしています。

 僕も、体調不良で、口数も少なくなっていました。

 

 でも、心の中は、とても満たされています。

 

 早速、アエロフロート・ロシア航空の飛行機に乗り込みました。

 

 

 僕は、ヒデ君の隣りの席…

 

 ヒデ君には、携帯電話のリモート操作のやり方を教えてもらったり、ブルノ行きの電車の時刻を調べてもらったり、本当に色々と世話になりました。

 

 

  ヒデ君が、写真を撮ってくれました… 疲れ切った顔をしていますね(^^;;

 

 これから、この飛行機の中で、9時間30分もの時間を過ごします。

 

 行きの時と違うのは、飛行機が地球の回転の方向に進んでいるので、チェコ時間と日本時間の時差である7時間が消えてしまうという事…

 つまり、僕らにとって、5月21日という日は、たった17時間しかない事になります。

 

 日本の成田空港に着くのは、翌日5月22日の10:30です。

 

 本当なら、この飛行機の中で過ごす貴重な時間を使って、5月26日の四柱推命講座・上級編の準備をしなければいけないのですが、あまりに体調が思わしくないので、それはあきらめる事にしました。

 

 東京に着いて、少し休んでからやっても、十分に間に合うはず…

 そう自分に、言い聞かせました。

 

 こんな時ぐらい、体を休めよう…

 知らない間に、僕は眠りについていました。

 

 飛行機の中で、何度かの機内食を食べ、日本の成田空港に到着…

 想像以上に早くて、正直、もうちょっとだけ飛行機の中でまどろんでいたい気分でした。

 

 11日ぶりの日本…

 日本語がとても新鮮です。

 

 みんな、成田空港のベルトコンベアでそれぞれの手荷物を受け取りましたが、僕のあの大きな緑のスーツケースは、どこにもありませんでした。

 

 どうやら、僕がモスクワ空港で預けた荷物は、日本に未到着との事です。

 ベルトコンベアで、案内用に貼り付けられている紙に、「荷物未到着 アサノ フトシ様」と書いてありました…

 

 そして、成田空港の人から「申し訳ありません」と何度も謝られながら、書類に記入しました。

 

 

 荷物は明後日に、成田空港から自宅へ宅配便で届けられるとの事です。

 

 この時の正直な気持ちを言うと「助かった…」というものでした。

 実は体調が悪くて、重いスーツケースを(ちょっとやそっとの重みではない…)家までずっと転がして歩くだけの体力が、もう残っていませんでした(^^;;

 

 野尻泰煌先生の呼びかけで、みんなで成田空港のお蕎麦屋さんで食事をしました。

 

 

 この時のお蕎麦の美味しい事美味しい事…

 

 ヨーロッパの料理もおいしかったけど、僕はやっぱり日本食が好きなのだな… と、改めて思いました。

 

 いよいよお別れの時…

 

 成田駅で、それぞれが別々の進行方向の電車に乗る為に、バラバラになりました。

 それぞれに、楽しかった11日間のヨーロッパ旅行の思い出を胸に秘めて、解散をしました。

 

 <旅の教訓36>

 素敵な旅の思い出は、じんわりと心に残る。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)

2019年 ヨーロッパ紀行 第35話 ~幻のタロットを求めて~19.07.07

2019年7月7日(日)

 

 (In Prague Czech Republic Date  20 May 2019)

 

 期せずして、REGIOJETのバスの広い席にゆったりと腰を下ろし、しばらく呆然としていたら、体の調子があまり良くないのを実感しました。

 

 これまでは気を張っていたので、体調の事なんて、すっかり忘れていたのですが、気を緩めたら、一気にガタが来た感じです。

 もしかすると、相模泰生先生からもらった風邪薬の効き目が、切れたのかも知れません。

 

 高天麗舟先生からは、「プラハ駅の2Fにある、書店と一緒になった喫茶店で、みんなで待っています」という、連絡が入っていました。

 

 さっきまで、晴れていた空は、また急に曇り出して、ポツポツと雨が降ってきました。

 

 チェコの天気というのは、何て変わりやすいのだろう…

 

 雨の影響か、バスがどんどん遅れ、どうやら実際の予定時刻よりも、30分以上遅れてのプラハの到着になりそうです。

 この分だと、プラハ到着は夕方の4時を回るのは確実だと思った僕は、携帯電話の残りのバッテリーを気にしながら、高天麗舟先生に「少し遅くなります」というメッセージを送りました。

 

 みんな今日は、野尻泰煌先生と一緒に、モルダウ川の向こう側にあるお城に行ったのかな… などと、ボンヤリ考えていました。

 お城に行けなかったのは、確かに残念ですけど、こうやって携帯を再び手にできた事に、絶対に感謝を忘れないようにしよう… と、強く心に誓いました。

 

 REGIOJETのバスが、プラハの停留所に到着したのは、16:00過ぎでした。

 プラハにバスは着いたものの、ここからプラハ駅にどうやって行っていいのかが、分かりません。

 

 とはいえ、分からなかったら、聞けば良いだけの話ですね(笑)

 バスの停留所を降りて、バスの運転手さんに、「ホエア イズ プラハ ステーション?(Where is praha station? = プラハ駅は、どこですか?)」と聞いたら、丁寧に教えてくださいました。

 

「ここからなら、フローレンス駅を使って、地下鉄に乗れば、1駅でプラハ本駅に行けるよ」みたいな事を、英語でゆっくりと、かみ砕いて伝えてくれました。

 

 よし、ならば、地下鉄に乗ってみよう…

 僕は、即座に決断しました。

 チェコ国鉄道の駅とは違って、地下鉄の駅は小さいので、案外わかりやすいです。

 

 それに、ただでさえ、バスが遅れて、遅くなっていますから、むやみに考えこんて、これ以上の時間を、無駄にする事はできません。

 

 フローレンス駅(Florence)から、プラハ本駅(Hlavní nádraží)までは、たった1駅…

 

 でも、フローレンス駅は、地下鉄のBラインとCラインの交差駅なので、間違えないように要注意です。

 プラハ本駅に行くのは、Cライン…

 

 という事で、間違いなくCラインに乗ったのですが、よりによって、反対方向の電車でした…

 

 すぐに気づいて、Vltavská(ブルタフスカ)という駅で、慌てて反対側の電車に乗り換えました。

 

 間違ってしまったものの、それでも2駅分乗車すれば、プラハ本駅…

 プラハ本駅に着くと、大急ぎで、2Fにある書店と一緒になった喫茶店へ急ぎました。

 

 その喫茶店には、草さんが待っていてくださいました。

 感動の10時間ぶりの再開です!!

 

 考えてみれば、たった10時間の出来事に過ぎなかったのですが、まるで1年ぶりの再会のような気がしました(笑)

 

 ここは、本屋さんと一緒になっている喫茶店…

 僕は、暖かいカプチーノを注文しました。

 

 高天麗舟先生は、泰生先生が日本で使う、ある生活必需品の売り場を探す為に、すぐそばのショップで買い物をしているとの事でした。

 

 草さんにお礼を言って、どうやって携帯を受け取ったかの一部始終を話すと、ものすごくウケていました。

 

 草さんにモルダウ川の向こうのお城の話を聞こうとすると、プラハも急に大雨が降りだしたとの事で、結局、お城には行っていないのだそうです。

 では、どこに行って来たのかと聞くと、草さんは一枚のチケットを見せてくれました。

 

 

 す、すごく魅惑的な名前の博物館です…

 

 でも、中はつまらなかったと、おっしゃっていました。

 

 カプチーノを飲んで周りを見渡すと、すごくファンシーな緑のメモ帳が売っていたので、それを買おうと、一人でレジの所まで行きました。

 

 それで、ふと、この書店にタロットカードが置いてあるかも知れない… と思い、「Do you have Tarot Card?」と聞いてみました。

 

 すると、レジの女性は、何やら僕に伝えてくれましたが、僕にヒアリング能力がないので、さっぱりわかりません。

 すぐに草さんを呼んで、通訳してもらいました。

 

「タロットカードは、1Fのレジの所に置いてあると、言っています」

 

 やった~!!

 

「ちょっと見ない間に、たくましくなりましたね」

 草さんから、ほめてもらえました。

 

 しばらくすると、高天麗舟先生と泰生先生が、買い物を終えて、戻ってきたので、4人で1Fのタロットが売っている所に行ってみる事になりました。

 

 

 1Fのレジの所には、3~4つのタロットカードが置いてありました。

 

 その内のいくつかを買う事にしました。

 

 草さんが、他には、タロットカードはないかどうかを尋ねると、お店の方は、姉妹店の「Palac knih Luxor(ルクソール 本の宮殿)」という場所を教えてくださり、さらにパソコンで、グーグルマップを出して、道案内までしてくれました。

 

 いざ、「ルクソール 本の宮殿」へ、幻のタロットを求めて、みんなで出発です!!

 

 

 改めて、仲間がいるという事のありがたみを、ひしひしと肌で感じました。

 

 そのまま歩く事10分ぐらい…

 「本の宮殿」に、到着です!!

 

 

 本屋というよりは、高級ブティックというような外観です。

 

 中に入ると、「本の宮殿」というだけはあって、たくさんの本が、所狭しと並べられていました。

 そして、B1Fにある、その一角には、タロットカードばかりが並んでいるコーナーがありました。

 

 

 草さんと一緒に、夢中になって、一つ一つのタロットカードを手に取って、買うものを選んでいました。

 

「野尻先生が、心配しているから、夕食の買い物をすまして、早くアパルトマンに戻りましょう」

 高天麗舟先生にうながされて、その後、プラハのスーパー・マーケットで夕食の買い出しをし、みんなでアパルトマンに帰りました。

 

 アパルトマンに戻ると、野尻先生と松里さんとヒデ君に、暖かく迎えられました。

 そして、みんなに今日の長い一日の事を報告しました。

 

 みんなでキッチンに集まって、ヨーロッパで食べる最後の夕食を楽しみました。

 

 鼻水が出たり、咳が出たりで、調子が悪いなと思っていると、今度は、松里さんが風邪薬をくださいました。

「その風邪薬は良く効くので、ぜひ飲んでみてください」

 

 松里さんの厚意に甘えて、しばらく経つと、咳が止まって、さっきまでの苦しみがなくなりました。

 

 僕は、満足げに、みんなで集めたタロットカードを、ひと所に並べてみました。

 

 

 タロットカードの収穫は、大漁です(^^)

 

 いよいよ、明日の朝は、このヨーロッパの地を離れて、日本へと帰ります。

 僕は、ちょっぴり寂しい気持ちで、ベッドの中に潜り込みました。

 

 <旅の教訓35>

 過去に頑張っていた事は、その時は叶えられなくても、後で思いがけず、その目的が叶う事がある。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)