2019.05.252019年 ヨーロッパ紀行 第2話 ~旅支度~

2019年5月25日(土)

 

 (In Tokyo Japan Date  9 May 2019)

 

 時間に追われる毎日を過ごしながら、気がつけば、ヨーロッパ旅行まで、あと2日と迫っていました。

 

 それにもかかわらず、旅行の準備は、何一つ準備が出来ていません。

 

 スーツケースは空のままですし、旅行に持っていく物の買い出しやら、現地の通貨の交換やら、やらなければならない事は山ほどあるのに、全く手つかずのまま…

 

 昨日は、真藤昌瑳煕先生の会社である芝公園のウィスタリア・ガーデンに行って、「四柱推命講座・中級編DVD」の撮影を進めた後、その後の打ち上げに集まってくださった7名と、かなりお酒を飲んだ事もあって、目が覚めたら、もうお昼になっていました。

 

 そして、今日の夕方からは、朝日カルチャーセンター立川のタロット講座の予定が入っています。

 

 という事は、旅行の準備に使える残された時間は、あと3時間ほど…

 

 今、海外旅行に行く前にやらなければいけない仕事は、明日ご予約頂いている総合鑑定1件と、2週間後に備えた上級編第2講座の準備…

 

 上級編の準備に取り掛かってしまったら、もう旅行の準備ができないので、それは、行きと帰りの飛行機の機内でやる事にして、急いで、持ち物の買い出しに出掛けました。

 

 近くの100円ショップとスーパーで、日用品を買って、そのまま新宿へと向かいました。

 

 新宿の街へ向かったのは、ハンガリーとオーストリアとチェコの3か国で使う通貨を入手する為と、もう一つ、ヨドバシカメラであるものを買う為…

 

 早速、新宿駅西口の換金所に行きました。

 

 

 3か国とも使われている通貨は別々で、ハンガリーではフォリントという通貨、オーストリアではユーロ通貨、そしてチェコではチェコ・コルナという通貨が使われているようです。

 

 という事は、この3種類の通貨を、あらかじめ準備していなければなりません。

 

 換金所に行くと、運悪く、ハンガリー通貨のフォリントだけはストックがありませんでした。

 

 別の換金所を探し回っていると、ヨドバシカメラでの買い物ができなくなってしまうので、とりあえず換金は後回しにして、ヨドバシカメラに急ぎました。

 

 残された時間は、1時間ぐらいです。

 

 新宿の街を歩いている、たくさんの外国人観光客の間をすり抜けながら、あと2日後には、自分も異国の国にいるのかと思うと、何とも不思議な気持ちになりました。

 

 

 ヨドバシカメラで何を買ったかと言いますと、これです。

 

 

 それぞれの国のホテルのコンセントに対応する、日本から持って行った電子機器をつなぐ為のコンセントのソケット…

 一つの国の中でも、ホテルによって、コンセントが異なるあるみたいで、結果的に6つもソケットを買う羽目になりました…

 

 でも、これでホテルで携帯を充電できるし、パソコンをつないで仕事もできます。

 

 この日は、ハンガリー通貨は手に入らないまま、急いで家に帰って、昼食を取る事もなく、朝日カルチャーセンター立川に向かいました。

 

 そして、翌日の総合鑑定を始める前に、また、別の換金所に行って、無事にハンガリーのフォリントも手に入れる事が出来ました。

 

 

 もしも、旅行の買い出しを翌日に回して、立川の朝日カルチャーセンターに向かっていたら、結果的に、ハンガリー通貨を換金できないまま、成田空港に向かう羽目になっていたと思います。(成田空港の換金レートは、かなり割高)

 

 やっぱり、何でも、時間がある時に早め早めに行動をするのが良いようです。

 

 書のレッスンの時に、高天麗舟先生から預かった旅のスケジュールを、改めて、見直してみました。

 

 

 ヨーロッパ11日間の日程…

 

 最初の3泊は、ハンガリーのブダペストに泊まり、続く3泊は、オーストリアのウィーンに泊まり、続けてチェコのブルノに2泊、プラハに2泊して帰国…

 

 一体どんな旅になるのやら…

 

 とても、ドキドキしています。

 

 <旅の教訓2>

 物事の準備は、先送りしないで、早め早めにできる時にやっておいた方が良い。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)