2019.04.30こうすれば、どん底の状態の時期が大開運期になる

2019年4月30日(火)

 

 もう間もなく、平成の時代も終わって、令和がやってくるのですね!!

 何か、まるで実感がわかないです。

 

 ブログの更新が、いつにも増して遅くなってしまいまして、本当に申し訳ありません。

 

 初夏だというのに、東京は雨続きでやたら寒くて、今も毛布にくるまりながら、仕事をしています。

 

 前回のブログで、誕生日を迎えた事を発表してからというもの、たて続けに次々と、お祝いのプレゼントやメールを頂いてしまい、すごく驚いています。

 

 中級編9期のYさん、中級編10期のKさん、中級編12期のMさん、初級編12期のTさん、Aさん、Mさん、Sさん、本当にありがとうございました。

 

 それにしても、僕の誕生日は、回を重ねるごとに、幸せなものになっている気がします。

 

 20代の頃なんて、誰一人、僕の誕生日なんて覚えてくれてなかったし、いつも誕生日は、本当に一人寂しく過ごしていましたから…

 それを思い起こすと、今は、なんて幸せなんだろう… と思う。

 

 当時はいつも、自分を人と比べながら生きていたので、年を取るという事がすごく恐ろしかったのですけど、今では、年を取るというのは素晴らしい事だと感じるようになりました。

 

 なんだか、不思議なものです。

 

先日、山口県から、僕の四柱推命講座を中級編まで受講してくださった、水木杏香先生が鑑定を受けにいらしてくださいました。

 

 先日と言っても、それは4月15日の事だから、このブログの記事、かなり遅れてしまっています。

 

 最近、あまりにも忙し過ぎて、ちっともブログを更新できなかったので、もう2週間前の事になってしまうのですが、前回の誕生日の記事を書く前から、このお話を必ずブログに上げなくては… と思っていました。

 

 なぜなら、今からお話しする方法を知っていれば、どんなに、どん底の運気の悪い状態であっても、大きく運を開かせる事が可能だからです。

 

 つまり、僕は思いがけず、この日、水木先生から、その具体的な方法を聞いてしまったという訳です。

 

 水木先生は、山口県を中心に活躍されていて、占いだけではなく、薬膳や中医学の知識も豊富にお持ちですので、僕は、上級編のカリキュラムにある「健康運の見方」を内容をさらに改良する為に、今年の11月、山口に行って、水木先生に薬膳理論の教えを請おうと考えています。

 

 水木先生のブログは、僕のこのブログと違って、かなり濃い内容の記事を、ちゃんと毎日更新されていますので、よかったら、ぜひご覧になってみてください。

 

 https://gokicyousei.com/news/

  ちなみに、このブログの4月16日の記事には、浅野太志の事が書かれています(^^)

 

 さてさて、このブログで、命式を出してもいい… という許可を頂いたので、ここに水木先生の八字を書いておきたいと思います。

 

 時 日 月 年

 丁 癸 辛 丙

 巳 酉 卯 午

 

 ここから、少しマニアックな内容になってしまうので、四柱推命に関心がない人は、数行の間、スルーしてください。

 

 この水木先生の命式は、「身弱の命式」と呼ばれるものです。

 僕の命式とは、まるで対照的ですね。

 

 ちなみに、去年の時点の大運干支は「丙戌」、去年(2018年)の年運干支は「戊戌」です。

 

 水木先生がおっしゃるには、去年は、精神面においても、体調面においても、本当に最悪で、試練だらけの大変な年だったそうです。

 

 おみくじ式の安易な四柱推命で見れば、「丙」と「戊」は、「正財」と「正官」という、とっても良さげな名前の星の組み合わせです(笑)

 

 しかしながら、五行の流れで、きちんと本格的に干支を読み解けば、「カラカラに乾き切った雨の水(癸)が、火の五行と土の五行によって、乾ききってしまう象意」となります。

 

 精神面に関しても、肉体面に関しても、バランスを崩しやすい干支の巡りである事は、確かでしょう。

 惜しむらくも、去年、他界されてしまった人気漫画家さんは、この命式とよく似た五行バランスの命式で、偶然にも、巡っていた大運干支までもが同じでした。

 

 僕が提唱している「スタイル論」による開運法は、五行バランスが崩れた時に、大きく運を開かせるという離れ業ですが、残念ながら、肉体面の負担においてはリスクが高く、本人が体調を崩しているような時は使えませんし、そういう状態の時に活用すると、かなり危険を伴います。

 

 水木先生の2018年の状態を具合的にいうと、とにかく、やらなければいけない事が山のようにできて、あまりに忙し過ぎて、全てが空回りしていたような年(財旺身弱の象意)だったそうです。

 

 次から次へと面倒な事が起きるので、「なんで私ばっかり…」と、いつしか心の中に文句がわいてきて、ついに、そのストレスが体に出て、帯状疱疹になってしまったそうです。

 

 まさしく、四柱推命の象意通り「雨水の癸の星が、ひからびてしまった」ような状態だったとの事…

 

 水木先生は、すっかり弱気になって、自分に自信を失くしてしまったそうです。

 

 そんな大ピンチの状態の中、水木先生は、四柱推命の開運法や、中医学の知識などを元に、この状況を乗り切る方法を、冷静に考えました。

 

 まずは、何もかもが空回りしてしまう事で、すごく辛く感じるのは、心が思いを巡らせているのが原因だと、気がついたんですね。

 

 そこで、どんなに目の前に、仕事が山積みになっていようが、心を思いめぐらせたりしないで、ただ「目の前の事だけを、ただ淡々とやる…」 と決めたそうです。

 

 それから、この自分の命式にとって、金の五行を取り入れる事が、開運につながると知っている水木先生は、金の五行の治療法である針の治療を、信頼している鍼灸の先生に受けに行ったそうです。

 

 その先生は、「帯状疱疹は、ストレスが生み出した悪いものが、体の外側に出てきた事で起きている。でも、もしその悪いものが内側に行っていたなら、癌になっていた。今回は、帯状疱疹で済んで、むしろ良かった」と教えてくれたそうです。

 

 帯状疱疹になってしまった事を嘆いていた水木先生でしたが、逆に、「癌にならないように、守られていたのだ」という事を知り、それからは、心の中で愚痴をこぼすのを、やめました。

 

 そしたら自然と、感謝の気持ちが湧いてくるようになって、忙しすぎる状況は、あまり変わらないものの、奇跡的にうまく仕事がはかどったりして、運気の流れがうんと良くなっていったそうです。

 そして、針治療の効果も出て、帯状疱疹の方も、みるみる治っていきました。

 

 思えば、その2018年は、水木先生が、僕の「四柱推命講座・中級編」に参加する為に、毎回、山口から飛行機に乗って東京まで受けに来てくださっていたのですが、いつもの僕の悪い癖で、講座の終了時間が、大幅に遅くなってしまった回があったんです。

 

 その時に、水木先生が搭乗する予定だった飛行機は、18:50発の便だったのですが、講座に最後まで参加した水木先生が飛行場に着いた時には、なんと18:40になっていたそうです。

 

 普通なら、絶対に飛行機に乗せてもらえません。

 

 ところが、偶然にも、水木先生が乗る予定のその飛行機だけが、なぜか40分も出発時間が遅れていて、奇跡的に乗れたそうです。

  僕も、パターンは違いますが、すごくハラハラしながら飛行機に間に合った経験があります…

 

 そんなこんなで、水木先生にとって2018年の最初こそは、ものすごく苦しい状態だったのですが、気がつくと、慌ただしく時間を過ごしている内に、念願だった四柱推命の塾である五気調整術協会を創設したり、自分の占いの仕事の基盤もできたりと、結果的に、ものすごく大きく開運した年になっていました。

 

 巡ってくる干支は変えられなくても、心の持ち方の工夫と悟りで、ここまで違ってしまうんですね。

 

 もしも、水木先生が、全てが空回りするツイていない自分の運命を呪って、ずっと不平不満を募らせたままだったら、おそらく物事は滞ったままだったでしょうし、病気も治らなかったかも知れません。

 

 僕が思うに、何をやってもダメな時期などというものは、人生の中に存在しません。

 

 だいたい、天の神様は、人を苦しむ顔が見たくて、苦しみを与えるような事は絶対にしません。

 

 だから、どん底の状態の時期だって、大開運期になったりもする…

 

 きっと、我々に何かを気づいて欲しいから、天の神様は、苦しみを与えているのだと思うし、その事に気づいて、心の持ち方が変わったなら、運命だって変わってしまうと思うんですね。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)