2020.05.22西日本紀行記 ~出雲・山口への旅~<12>さらなる西へ、新たなる旅立ち

2020年5月22日(金)

 

 気がつけば、もう5月も、半ばを過ぎてしまいました。

 

 大阪などの関西圏も含めて、多くの地域で、緊急事態宣言が解除されて、少しだけ、ホッとしています。

 

 もちろん、これで油断したら、せっかくの今までの頑張りも水の泡ですし、サロン ド シルフィーユのある東京などの関東圏では、解除はもう少しだけ、先になりそうですが、とりあえず、峠は越したのかも知れません。

 

 さて、僕もいよいよ、Zoomを使った講座に挑戦していこうと思います。

 

 本当にちゃんとZoomを扱えるかどうか不安で、準備に時間を掛けた割に、二の足を踏んでいたのですが、やってみなければ、何も始まらないですから、今、新たな講座の日程を組んで、少しずつ受講生の方に、連絡を取っている所です。

 

 初めての事というのは、ついつい気後れしますが、失敗は覚悟の上で、前に進んで行こうと思います。  万一、うまく扱えなかったら、本当にごめんなさい…

 

 さて、去年11月の西日本旅行記のお話は、これから、第二幕「山口編」へシフトしてまいります。

 

 粋(いき)な古刹(こさつ)の一畑薬師(いちばたやくし)を最後に巡って、ILU開運ツアーの全日程も、これで全部終わり…

 

 ツアーバスはこれから、出雲空港、米子駅、米子空港の順に停車していき、ツアーに参加したメンバーは、その中の希望の場所で降りて、お別れをします。

 もちろん、中には、もう一泊して、さらに出雲の旅を続ける人もいます。

 

 一人一人が、バスを降りる前に、バスに備え付けのマイクで挨拶をして、みんなに別れを告げました。

 

 この3日間、一緒だった仲間達…

 本当に、忘れられない思い出になりました。

 

 最初の出雲空港で、ツアーの3分の1ぐらいの人と、お別れをしました。

 

 時刻は、夕方の5時です。

 

 僕は次の米子駅で下りて、そこから列車で新山口へと向かい、今夜は、新山口の東横インの部屋に、泊まる予定です。

 

 何時頃に、新山口に着けるのかが、見当がつかないので、多少遅くなっても大丈夫なように、チェックインは、少し遅めの午後10時にしておきました。

 

 バスを降りる支度をし始めた時、隣りの席のHさんが「携帯の乗換案内で、一応、目的地までのルートと時間を、確認しておいた方がいいですよ」と、アドバイスをくれました。

 

 いつものごとく僕は、列車の路線とか、発車の時刻とか、全く調べていなかったのです。

 

 米子から新山口までの距離は、東京-名古屋間とほぼ同じぐらいだし、東京-名古屋間なら、新幹線で1時間40分もあれば行けるのだから、仮にその倍の時間が掛かったとしても、最大3~4時間ぐらい見ておけば、まあ大丈夫だろうと、タカをくくっていたのですね。

 

 それで、早速、携帯の乗換案内で時間を調べてみると、僕の見込みが、ものすごく甘かった事が分かりました(笑)

 

 30分後の17:30に米子駅のホームに到着したと仮定して、新山口までのルートと到着時間を出してみると、なんと、新山口到着が23:48だったのです。

 

 えーっ、何で6時間以上も掛かるの!?

 

 正直、すごく驚きました。

 

 というより、これは僕の完全なミスですね。

 

 特急列車の本数が少ないので、もしも一本タイミングを逃すと、次の特急列車まで、かなり待ち時間があるのです。

 

 でもまあ、逆に言うと、今日中に新山口に着くという事だけでも、感謝しないといけないのかも知れません。

 もしも、終電までに着かなかったら、経由地のどこかで宿泊場所を探さなくてはいけないし、新山口のホテルのキャンセル料も、当然、掛かってきてしまいます。

 

 次の米子駅で下りるのは、出雲の湖畔の宿「くにびき」で、同じ部屋だったSさんと、Nさんと、僕の3人だけでした。

 

 藤尾美友先生、僕をこのツアーに誘ってくださったKさんとYさん、そして一緒に旅をした素敵な仲間に別れを告げて、バスを降りました。

 

 

 米子駅に下りたってからも、3人で、バスに向かって手を振っていると、バスの中からみんなが、手を振っているのが見えました。

 

 バスが見えなくなるまで、ずっと見送っていました。

 

 帰る方向が違うNさんと、駅でお別れの挨拶をして、僕は、写真家で鉄道オタクのSさんと一緒に行動しました。

 

 携帯電話を見ると、次の山口での旅で、お世話になる五気調整術の水木杏香先生から、着信が入っていました。

 

 その場で、すぐにお電話して、水木先生にご挨拶して、明日からの日程の事を話しました。

 

 しばらくの間、水木先生と話していると、Sさんが手招きしているのが見えます。

 

 水木先生と電話で話しながら、Sさんが手招きする方向へ向かうと、そこは自動券売機でした。

 

 何と、Sさんは短い時間に、新山口まで行く為に、次に僕が乗る列車から、路線ルートから、全部調べてくださって、しかも、電車の特急券や、新幹線の切符の種類のボタンなど、全部押して、後は、僕がお金を入れるだけでいい状態に、してくださっていたのです。

 

 一分後の17:26に発車する「特急やくも26号」に乗って、岡山駅で「新幹線のぞみ49号」に乗り換えれば、最速で新山口に到着するから、急いだほうがいいとの事…

 

 Sさんにうながされるまま、きっぷの券売機に現金を入れて、Sさんの指し示す改札口から、目の前に停車している特急列車に乗りました。

 

 

 僕が乗り終えると、すぐに電車ドアは閉まりました。

 

 ドアの窓から、手を振りながら、Sさんにお別れしました。

 

 僕は本当に、周りの人に助けてもらいながら、こうやって無事に生かされている…

 

 感謝の気持ちで、胸がいっぱいになりました。

 

 

 これからの旅の日程…

 

 米子駅から、この特急やくも26号に乗って、伯備線(はくびせん)で、少し東に戻るような形で、岡山へと向かいます。

 

 そして、ここから新幹線のぞみ49号博多行に乗って、一気に西へと向かっていきます。

 

 まさに、電車に詳しいSさんが、調べてくださった完璧な最短コースです。

 

 

 やくも26号の中は、意外にすいていて、ほとんど乗客はいませんでした。

 

 帰りのツアーバスの中で、Tさんに「伯備線は振り子電車だから、すごく揺れる」と聞いたので、乗り物酔いになるのが、少し心配だったのですが、こんなきれいな最新型の車両なら、その心配もなさそうです。

 

 イスのリクライニングを思いっきり下げて、思う存分くつろぎながら、2時間10分あまりの贅沢な車両の旅を楽しみました。

 

 岡山駅に到着したのは、19:39…

 よく考えてみたら、岡山駅に降りたのは、生まれて初めてです。

 

 ものすごく、大きくて立派な駅でした。

 

 

 岡山という場所も、すごく興味があったのですが、残念ながら、この先予定が詰まっていて、時間が取れそうにありません。

 

 すぐに、のぞみ49号に乗り換えて、これからの新しい旅の目的地である、山口へと向かいました。

 

 車窓の外は、すっかり夜の闇に包まれています。

 

 ものすごいスピードで、列車は、西へ西へと向かっていきました。

 

 やがて、新幹線のアナウンスが、列車が新山口に到着した事を、知らせてくれました。

 

 新山口に到着したのは、何と20:57でした。

 もしも、Sさんがいらっしゃらなかったら、間違いなく、到着は深夜の24時近くになっていたと思います。

 

 

 初めて見る、山口の街…

 

 東横イン 新山口駅新幹線口は、駅から歩いてすぐの所にあります。

 水木杏香先生に、どこに泊まったらいいかを相談した所、山口を観光するのに最もアクセスが良い、この新山口をお勧めして頂きました。

 

 駅を出てすぐの所にある、コンビニ ポプラで少しお腹の足しになるものを買い込んで、今日のねぐらに向かいます。

 

 

 東横イン、すぐに発見!!

 

 ホテルに着くと、フロントの方から、水木杏香先生からメッセージを預かっている事を、告げられました。

 

 「明日の朝、東横インの玄関口に、車でお迎えに上がります」

 

 いよいよ明日から、ここ山口で、新たなる冒険が始まります。

 

 気分がどんどんが高揚して、今、胸が高鳴っています。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)