2019.07.012019年 ヨーロッパ紀行 第33話 ~チェコ共和国一人旅・プラハ編~

2019年7月2日(火)

 

 (In Prague Czech Republic Date  20 May 2019)

 

 昨夜の晩は、かなり早くベットの中にも繰り込んでしまったお陰で、今朝は5時ぐらいに目を覚ましました。

 

 今日はいよいよ、携帯電話を取りに、たった一人でブルノへ向かう日…

 

 昨夜、草さんに、どうやって、バス・ステーションの人にあいさつをして、名乗ったらいいかとか、どの道を通って行ったら、駅につくかとか、細かい所まで、いろいろと聞きました。

 

 いつもは、頭の中で全部記憶して、ほとんどメモを取らないのが、僕のスタイルなのですが、昨夜は念入り過ぎるほどに、しっかりとメモを取りました。

 

 隣りのベッドを見ると、草さんは、すやすやと眠っています。

 僕は昨日、草さんは、てっきり今夜、夜の観光に行くものとばかり思っていました。

 

 せっかくプラハに来たこの時を逃したら、もうそんな観光はできませんから、タロット占いの結果にかかわらず、出掛けてしまうだろうと思っていたのですが、そこは、さすが草さんです。

 タロットをちゃんと生かして、「君子、危うき近づかず」を、見事に実践していました。

 

 今回こうして、僕が携帯を見つけられたのも、全部、草さんのお陰です。

 

 “本当に、ありがとうございます”

 眠っている草さんに、心の中でお礼を言いました。

 

 しばらくすると、野尻泰煌先生が、僕を起こしに来てくださいました。

「浅野さん、起きたかい。少し時間は早いけど、お風呂の湯をためておいたんだ。出掛ける前にお湯につかっていったらいいよ」

 

 バスルームに行くと、バスタブの中に、たっぷりとお湯が貼ってありました。

 僕の為ににわざわざ、早起きしてお湯を溜めてくださったのかと思うと、涙が出るほどに嬉しくなりました。

 

 野尻先生のご厚意に甘えて、お湯につかりました。

 

 今朝は、相模泰生先生からもらった風邪薬のお陰で、咳はおさまっています。

 

 ヒデ君が調べてくれた情報では、電車の発車時刻は7:50…

 今の時刻は6:00になったばかり…

 

 草さんの話では、駅までは歩いて10分ぐらいで着くという事でした。

 

 でも、道に迷うかもしれないから、念には念をという事で、今すぐに出発する事にしました。

 

 部屋を出ようとすると、草さんがベッドの中から、手を振っているのが分かりました。

「草さん、行ってきます」

 

 玄関のドアまで行くと、今度は、野尻先生が見送ってくださいました。

「気をつけていっておいでよ」

「はい。必ず戻ってきます(笑)」

 

 笑い事ではなく、一つでも何かを間違えたら、戻ってこれない可能性だってあるんですね。

 見知らぬ土地の言葉が通じない世界に、携帯電話も持たずに、たった一人で遠出する… 考えると少し震えが来ます。

 

 7年前のパリだって、こんな感じだったんだ… 大丈夫、心配ない。

 強くそう自分に、言い聞かせました。

 

 昨日、草さんがパソコンのGoogle地図を見せてくれながら、駅までの道順を説明してくれまhした。

 

 

「大丈夫ですよ。プラハの駅まで行くのは、ちょろいっす」

 

「門を出て、左に行くと、横に広場がありますから、その前の道をずっとひたすら真っすぐ行くだけです」

「2本目の交差点が、かなり大きくて、そこで曲がりたい衝動に駆られるかも知れないけど、そのまま真っすぐ行ってください。そうしたら、もう駅です」

 

 とはいえ、今日はグーグル地図は持っていけません。

 僕の持ってきているノートパソコンは、携帯電話のルーターを利用しないとネットにつながらないのです。

 

 そこで、昨日、必死に地図を描きました。

 

 

 考えてみれば、10日前からヨーロッパに来ているのに、たった一人で、みんなとうんと離れて行動した事は、一度たりともありませんでした。

 いつも誰かと一緒だから、考えもなく、どこに行くのか目的地も知らないまま、みんなの後について、ただ歩いている事も多かったんです。

 

 でも、こうして、たった一人になってみると、玄関から外に出て、アパルトマンの階段を下に降りて門を出るだけでも、ものすごく勇気がいる事が分かりました。

 

 門を出て、草さんの言った通り、左に行くと、右側に広場が見えました。

 

 

 ここに広場が存在していて、本当に助かりました。

 この目印がなかったら、どこを曲がっていいのか、絶対に分からなかったです。

 

 草さんの言う通り、その道をひたすら真っすぐに、進みました。

 

 

 2本目の交差点がかなり大きくて、曲がりたい衝動に駆られますが、そこも真っすぐ突っ切ります。

 

 それにしても、草さんの道順の説明は、すごくわかりやすくて、助かりました。

 

 

 まもなく、左側に駅が見えてきました!!

 草さんの言った通り、本当にすぐに駅に着いてしまいました。

 

 時間が1時間半ぐらい余っていますが、まだこれから、切符を買うという困難なミッションと、間違いなくブルノ行の電車に乗る、という厄介なミッションがありますから、丁度いいです。

 

 先ずは、駅の中に入って、切符売り場の人に聞いてみました。

 下手な英語を使って、間違って伝わろうものなら、大変になりますから、確実に意味がつながるように、シンプルに駅員さんに問いかけました。

 

「I want to go Brno.(私はブルノに行きたい)」 

 まるで赤ちゃん言葉ですが、恥や外聞を気にしていられません。

 

 すると駅員さんは、「No」というのです。

 なんて話しているのかが、よく分かりませんが、「ここからは乗れないよ」というニュアンスが伝わってきます。

 

 そして、出口の方を指さして、「レフト、ダルビッ、ダルビッ」と言います。

 

 「ダルビッ」は、おろらく「真っすぐ」という意味だろう… と、感覚でわかりました。

 せっかく駅に着いたのに、何で出口から出なくてはいけないのだろうと思ったのですが、とりあえず、その方向に行ってみました。

 

 

 外に出てみましたが、何にもありません。

 困りました…

 

 あそこにある「POSTA」というのは、交番の事だろうか…

 でも、おまわりさんに聞いても、やっぱり言葉が通じないのだから、意味がないし、不審者扱いされて、つかまってしまったら大変です。

   いいえ、POSTAは交番ではなく、郵便局の事です(笑)

 

 思わず音を上げて、いっそアパルトマンに帰ろうかとも思いましたが、それはさすがに、自分のプライドが許しませんでした。

 

 仕方ないので、さっきの駅に戻って、別の人に「I want to go Brno.」と言いました。

 

 今度の駅員さんも、やっぱり出口を指さして、「レフト、ダルビッ、ダルビッ」と言います。

 そして最後に「セブンハンドレッドミーター」とつけ加えました。

 

 せっかく駅に着いたのに、ますます意味が分かりません。

 

 どうやら、「出口を出て、700mぐらい左に行け」という事らしいのですが、もしかしたら、ブルノ行きの路面電車かなにかがある… という事かも知れません。

 言葉が分からないので、確かめようもありませんが…

 

 さすがに、また駅に戻って、別の人に聞くのは気が引けたので、その駅員さんの言った通りに行ってみる事にしました。

 

 幸い、電車の発車時間までには、まだ1時間ぐらいあります。

 

 

 すると、そこには路面電車が走っていました。

 

「この路面電車に乗れば、ブルノに行けるのかなあ…」

   …いいえ、絶対にブルノには行きません(笑)

 

 さすがに、そのまま乗るのは不安なので、電車を待っている男の人に、「I want to go Brno.」 と言って、聞きました。

 

 すると、その男の人は、近くの樹木がいっぱい茂っている公園のような場所を指して、そっちに行くようにジェスチャーをしました。

 

 よくわからないけれど、そこに行ったら、誰かがブルノ行きの電車に案内してくれるのかも知れない…

 

 

 そのまま、緑の中の舗装した道を進んでいくと、建物があって、そこに「Praha hlavní nádraží(プラハ本駅)」の看板がありました。

 

 後から分かった事ですが、最初に入った駅は、「プラ中央駅」ではなくて、「Praha Masarykovo nadr(プラハマサリク駅 )」だったのです!!

 

 時間に余裕をもって出発しておいて、本当に良かったです。

 

 

 なんとか無事に、プラハ本駅に到着…

 

 でも、まだまだ安心できません。

 果たして、ちゃんと切符が買えるかどうか…

 

 発車時間まで、あと45分ぐらい…

 

 駅の案内所らしき所や、切符が打っていそうな所を見つけ「I want to go Brno.」を連発しました。

 その度に、行くべき場所の方向を指さしてもらえるので、ようやく、本当のブルノ行きの切符売り場にたどり着きました。

 

 ちゃんと切符が買えるのかすごく心配だったのですが、結局「I want to go Brno.」という言葉だけで、何とかなりました。

 

 購入した切符には、ヒデ君が調べてくれた通り「7:50」と書いてあるので、間違いなさそうです。

 

 乗り場が分からないので「Where?」と聞くと、「電光掲示板を見てほしい」みたいな事を言われました。

 

 7:50発、EC275便、切符と電光掲示板をしっかりと見比べて、ホームを確認しました。

 念の為、少し早めの時間にホームまで行ってみました。

 

 1時間50分の余裕があったはずなのに、発車時刻まであと30分ぐらいになっていました。

 

 プラハ駅のコンビニで、サンドイッチとレモンジュースを買いました。

 

 呼吸を落ち着けて、ホームで深呼吸していると、やがてその列車はやってきました。

 

 

 これで、とりあえずブルノには行けそうです(^^)

 

 あとは、ちゃんとブルノのバス・ステーションに着いて、携帯を受け取って、さらにそこからプラハに無事に戻ってこれるか…

 

 前途はまだまだ多難ですが、前に進むしかありません。

 僕は、強くこぶしを握りしめました。

 

 <旅の教訓33>

 時間に余裕を持って行動すると、思わぬ所で救われる。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)