2019.06.292019年 ヨーロッパ紀行 第30話 ~プラハの景色に恋して~

2019年6月29日(土)

 

 (In Prague Czech Republic Date  19 May 2019)

 

 チェコ国鉄の電車に乗って、いよいよ旅の最終目的地である、チェコの首都・プラハへと到着しました。

 

 

 いよいよ、この11日間に渡る旅も、これで大詰め…

 このプラハに2日間滞在したら、プラハ空港から、モスクワ経由の飛行機で東京に帰ります。

 

 思い返せば、本当にいろいろな事があったヨーロッパ旅行でした。

 

 

 プラハに到着して、目に飛び込んでくるのは、威厳ある古き建物とおしゃれな景色…

    この塔は、プラハの火薬塔

 

 まるで、おとぎ話の国に迷い込んだみたいな、うっとりとする街並みです。

 

 

 このプラハの街を流れる川こそ、かのモルダウ川…

 

 “ボヘミアの川よ モルダウよ 過ぎし日のごと 今もなお♪”

 

 中学生の時に音楽の授業で「モルダウの流れ」を歌ったのですけど、今になって、本物のモルダウ川を見られる機会がやってくるなんて、夢にも思いませんでした。

 

 まずは、このプラハで借りたアパルトマンに行って、荷物を部屋に置いてから、行動開始です。

 

 プラハの我々の隠れ家は、とっても広くて、きれいな部屋で、面倒見の良さそうな、チェコ人の年配の男性の管理人さんが、いろいろと部屋の使い方を説明してくれました。

 

 また別に、管理人さんがボスと呼んでいる家主さんがいるらしく、後から分かった事ですが、そのボスとは、管理人さんの娘さんなのでした。

 

 部屋に荷物を置いて、早速、街に繰り出して、みんなで昼食を取る事になりました。

 

 

 ここは、プラハの市民会館…

 

 市民会館の北側の右の方に、アールヌーヴォー式の本格フランス・レストラン(Francouzska restaurace Art Nouveau)があります。

 一生に一度の旅なのですから、ちょっぴりリッチな気分で、お食事をするのも、また良いもの…

 

 

 店内は、豪華絢爛のアールヌーボー様式です。

 

 みんなで、このお店のおすすめコース料理を注文しました。

 

 

 次々と出てくる、美しくて美味しい最高級の料理…

 とても豊かな、夢のような時間を過ごさせて頂きました。

 

 

 今回の旅で、ヨーロッパのたくさんの都市を巡ってみて、どこも本当に素晴らしかったけれど、「あえて、どの都市が一番素晴らしかった?」と聞かれたなら、やはり僕は「プラハ」と答えると思います。

 

 ブルノの街も、この街と似ていたけれど、やっぱりプラハの方が、より洗練されていて、都会的な感じがします。

 

 ヨーロッパの街並みは、一見、同じように見えるけれど、それぞれの街には、そこにしかない特徴があって、そういった意味では全然違います。

 

 このプラハの景色は、パリの景色とは似て非なるものです。

 ウィーンの街とは、もう全く別物ですし、かといってブダペストとも違う… やっぱり、チェコの国にしかない独特な風景だと思う…

 

 

 プラハはチェコの首都でもあり、時代をさかのぼれば、かつては、あの神聖ローマ帝国の都でもありました。

 プラハの事を「黄金の都」とか「百塔の街」などと表現される事もあります。

 

 プラハの街そのものが、芸術と言っても過言ではないでしょう。

 

 建物は、威厳ある様々な建築様式のものが立ち並んでいますが、ショップなんかは、とてもファンシーだったりします。

 

 

 ヘェー… と、別に欲しいものがある訳ではないのに、思わず立ち止まってしまう可愛いお店が、いっぱいありました。

 

 なんだろう… これが、このプラハの魅力なんですかね。

 ウィーンとかブダペストにはない、プラハ特有の魅力です。

 

 

 SALAMANDERは、靴屋さんなのですけど、このファンシーな雰囲気が好きで、思わず、相模泰生先生に携帯を借りて、写真に収めました。

   このグリーンな色合いも好きだったし(^^)

 

 

 街中にあった、映画のヒーローなんかのレプリカがある不思議なお店…

 

 ヒデ君の演出で、ちょっぴりポーズを取ってみました(笑)

 

 ウィーンで聞く事ができなかった、本場のクラシックの演奏を、今度こそこのプラハで聴こうという事になって、みんなで、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地でもあり、「プラハの春音楽祭」の会場でもある、ルドルフィヌム(Rudolfinum)をのぞいてみました。

 

 

 草さんが受付の人に聞いてみてくれたのですが、ちょうど今日は、見たいコンサートがやっていないようでした。

 

 ここには、新鋭芸術家の画集なんかも売っていたので、おみやげに、画集を一冊買う事にしました。

 

 

 ルドルフィヌムの表にあるドボルザーク像と、記念撮影しました。

 

 その後、ミラーチャペル・クレメンティヌム(Mirrror Chapel Clementinum)に行って、今夜、19:00から演奏される「弦楽四重奏」をみんなで聴こうという事になり、チケットを購入しました。

 

 やっと念願のクラシックが聞けると思うと、胸が高鳴ります。

 

 クラシックが始まるまでの19:00まで約4時間ぐらい、各自、自由行動…

 

 草さんは、このプラハでチェコのタロットを探してみると言うので、僕もそれに乗っかって、草さんと一緒にタロット探しをしてみる事にしました。

 

 もちろん、どこか探す当てがある訳でもなく、運を天に任せて、プラハの街を草さんと二人で気の向くままに歩き回りながら、タロットのありそうなお店に片っ端から入ってみよう、というだけです。

 

 さあ、この後、何が待っているかは分かりませんが、プラハの街を、思い切り大冒険してみたいと思います。

 

 <旅の教訓30>

 素敵な街を歩くと、心が豊かになる。

 

※「2019年ヨーロッパ紀行」のアーカイブは、こちら

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)