ブログ

西日本紀行記 ~出雲・山口への旅~<3>古代の女神に導かれて20.02.29

2020年2月29日(土)

 

 気がつけば、もう2月も終わり…

 コロナウィルスの蔓延が深刻で、最近は、そんなニュースばかりが話題をさらっています。

 

 なんと、ウィルスのせいで、確定申告の期限も延長になったのですね。

 感染しないように、しっかりと免疫力をつけて、最後の寒さを乗り越えたいと思います。

 

 さてさて、もう3月になるというのに、まだ去年の11月の西日本旅行記は、始まったばかり…

 

 旅行初日の昼食は、宍道湖(しんじこ)の湖畔にある「ふじな亭」で、美味しい鯛めしを食べたのですが、この頃になると、藤尾美友先生の顔も、ILU開運ツアーに参加しているメンバーの顔も、少しずつわかるようになってきました。

 

 さて、ツアー一行が、次に向かう神社は、松江駅から南に1kmぐらい行った所にある、賣豆紀(めづき)神社…

 

 

 出雲参拝で松江と言えば、恋愛成就のパワースポットでもあり、素戔嗚(スサノオ)の「ヤマタノオロチ退治」の神話で有名な八重垣神社が、比較的この近くにあるのですが、今回は時間とスケジュールの関係で行きません。

 それ以上に、この賣豆紀神社という神社は、今回のツアーで外せないスポットだという事です。

 

 とはいえ、この時の僕は、賣豆紀神社に何の知識も持ち合わせてなくて、恥ずかしながら「賣豆紀」と漢字で書かれると、どう読んで良いのかさえも分かりませんでした(笑)

 

 これを「めづき」なんて、とても読めないです(^^;;

 

 この神社は、島根県の県庁所在地の駅である松江駅から、南に少し行った所にあります。

 ILU開運ツアーのツアーならではの、レアものの神社ですね。

 

 「人生最高の開運を手に入れる方法」の著者でもある藤尾美友先生は、日本全国にある霊験あらたかな神社を知り尽くされているのです。

 

 

 何というか、さわやかで清々しい場所です。

    ちなみに、本田圭佑効果で最近では、清々しいを「きよきよしい」と読みます♪

 

 神社の由来や由緒はわからなくても、何とも言えない心地よさを、肌で実感します。

 

 この神社の御祭神は、大国主命(オオクニヌシ)の娘神である、下照比売(シタテルヒメ)

 一般的には、安産の神様として知られているようです。

 

 古事記の国譲り(葦原中国平定)の話は、ご存知の方も多いのではないかと思うのですが、高天原(たかあまはら)の神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)が、地上の神である大国主命に、国を譲るように、三度も配下の神を派遣して説得するというストーリーで、やっと三度目にして国譲りが成功します。

 

 一度目は、天菩比(アメノホヒ)という神様を派遣するのですが、大国主神を説得している内に天菩比は、逆に大物主神の人柄(神柄?)に心服してしまって、ずっと地上に居ついてしまいます。

 

 いつまで経っても、天菩比が帰ってこないという事で、天照大御神から二度目に派遣されたのが、天若日子(アメノワカヒコ)でした。

 

 そして、この神様も大国主命に懐柔されて、この賣豆紀神社の主祭神・下照比売と結婚する事になるのです。

 こうなると、天若日子にとって、大国主命は義理のお父さんになってしまう訳で、当然、天には帰りません(笑)

 

 おそらく、天若日子にとって、下照比売があまりに魅力的だったという理由も、あったと思います。

   その後、絶対に融通が利かなそうな、建御雷(タケミカヅチ)が三番目に派遣され、国譲りは成就します

 

 でも、この先には悲しいストーリーがあるんですね。

 

 いつまで経っても天に戻ってこない天若日子に、連絡をよこすようにと、天から雉(きじ)が遣わされると、天若日子はその雉を、矢で射ってしまいます。

 

 その矢は、そのまま高天原まで飛んでいき、雉の血が付いた矢を見た高天原の神様が、「天若日子に邪心があるのなら、この矢に当たれ」と念じて地上に投げ返すと、天若日子の胸に当たり、そのまま絶命してしまうのです。

 

 夫の亡骸を目の前にした下照比売の泣き叫ぶ悲痛な声は、天にある高天原まで届いた… というお話です。

 

 古事記なんかに興味がある人にとっては、よく知られているストーリーですが、改めて、下照比売の側の気持ちになって読んでみると、以前に読んだ時とは、また別の感情がわいてくるから、何とも不思議です。

 

 

 石碑には「和歌の祖神 下照比売の御歌」と書いてあります。

 紀貫之は古今和歌集に、和歌の始祖として、下照比売命のこの和歌と、素盞嗚の和歌をあげています。

 

 この下照比売の和歌から、夫の天若日子にそっくりな兄神である、阿遅鉏高日子根(アヂスキタカヒコネ)が、高天原から、弟神の葬儀に来た事が分かります。

 

 拝殿を参拝する前に、この石碑の前に集まって、藤尾先生のお話を聞きました。

 

 今回の縁結大祭の神在祭(かみありさい)は、神在月(全国的には「神無月」)に、日本全国の神様が出雲の地に集まって来る事にちなんで行われるのですが、神在月の神議り(かむはかり)が終わると、全国からやって来たほとんどの神様は、新年に間に合うように、国元へとお帰りになるのですが、中には、そうではない神様がいらっしゃるとの事…

 

 初めて聞くレアな神話のストーリーに、興味津々となって、思わず藤尾先生のお話を聞き入りました。

 

 国元に帰らないで、この神様達は何をやっているかというと、何と、絶世の美女である下照比売と遊興する為に、お忍びで、七日間もここに滞在するのだとか…

 

 詳しくは、藤尾先生のブログにありますが、神様なのに微笑ましいというか、ほっこりとします。

 

 

 そして、賣豆紀神社の拝殿へ…

 

 言葉にできない心地よい波動に、背筋がピンとなります。

 

 賣豆紀神社は、非常に古い神社で、本殿はこの拝殿の奥にあって、樹齢350年の御神木のたぶの樹もあります。

 

 下照比売は安産の神様なので、賣豆紀神社は、子供を授かりたい女性や夫婦に、大変人気があります。

 境内には「子宝いぬ」という親子の犬の像があるのですが、これをなでると、子宝に恵まれるという言い伝えがあるのだとか…

 

 そして、この境内に、さっきからず~っと、一匹の猫がいます。

 

 

 すっかり、人になついていて、みんながそばに寄っても、逃げようとしません(^^)

 

 ここは、凛とした清らかな空気が漂っているのに、ほんわかとした、とても温かい場所です。

 

 絶世の美女だと言われた、古代の女神・下照比売に導かれて、何て言ったらいいか、まるで時が止まってしまったかのような、不思議な感覚になりました。

 

 この後は、ここからさらに6kmほど南西にある、玉作湯(たまつくりゆ)神社へと向かいます。

 

 旅はまだ、始まったばかり…

 とっても、ワクワクします!!

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)

西日本紀行記 ~出雲・山口への旅~<2>美保神社は雨のち晴れ20.02.18

2020年2月18日(火)

 

 月日が経つのは、本当に早いものです。

 いつしか、バレンタインデーも終わって、もう2月も、半ばを過ぎてしまっています。

 

 という事は、もうしばらくすれば、やっと、暖かい春がやってくるという事ですね。

 

 出雲の旅の記憶が鮮明な内に、しっかりと記憶しておかなくては…

    というより、このブログ、タイムラグがあり過ぎですね(^^;;

 

 羽田空港から、早朝6:55発のANA381便に乗って、米子鬼太郎空港へ到着したのは、8:20でした。

 

 

 これから、6日間の長い旅の始まり…

 

 今日は一日、美保神社を始めとした、松江にある神社仏閣を思う存分堪能し、明日からいよいよ、出雲大社に繰り出す予定です。

 

 KさんとYさんに誘われて、藤尾美友先生の開運研究所のツアーに参加したのですが、僕はまだ、藤尾先生の顔も知らないし、一緒にツアーに参加している人も、Kさんが紹介してくださった方以外は、全員が初対面…

 

 という事は、もしも万一、はぐれてしまったら、ごった返す見知らぬ人ごみの中で、完全に迷子になってしまいます。

 

 米子鬼太郎空港に到着してからは、とにかく気を引き締めて、KさんとYさんを見失わないように、気をつけていました。

 

 何で、この空港の事を「米子鬼太郎空港」と呼ぶかというと、言わずと知れた、鳥取出身の漫画家・水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」の影響ですね(^^)

 

 名前は、米子鬼太郎空港ですが、実際にこの空港がある場所は、水木しげる先生の出身地の境港市です。

    ちなみに、「鳥取砂丘コナン空港」というのもあります♪

 

 米子鬼太郎空港の中のいたる所にいる「目玉のおやじ」に思わず感動して、つい見とれていたら…

 

 あれほど気をつけていたのに、本当に、KさんとYさんを見失ってしまいました。

 

 というよりも、どうやら僕は、手荷物のスーツケースを受け取らないまま、間違って空港の出口から外に出てしまったようなのです。

 慌てて元の出口に戻ろうとしたら、警備員の人に止めらました。

 

 これはまずい事になってしまったと思い、KさんとYさんの携帯に電話してみたのですが、つながりません。

 いきなり、旅行開始早々から、やってしまいました(苦笑)

 

 とはいえ、ANAの人に事情を話したりしている内に、ツアーの一行もその場所にたどり着いて、無事に合流する事ができました。

 

 そして、スーツケースをANAの係の人に取って来て頂いて、何とか事なきを得ました。

 いやあ、到着早々、焦りました。

    先が思いやられる(^^;;

 

 気を取り直して、さあ、いよいよ待ちに待ったツアーの始まりです!!

 

 荷物は、海外旅行に行く時に使っている、いつもの大きな緑色のスーツケースに詰め込んでいます。

 出雲ツアーの後に、山口にも行くので、洋服とか仕事道具なんかで、かなりの量になってしまい、この大きさのスーツケースでピッタリでした。

 

 ツアーバスの運転手さんは、僕のスーツケースを荷台に入れてくださる時「こんなたくさん荷物を持って、海外旅行の帰りかい」と、おっしゃいました(笑)

 

 無理もありません。このスーツケースは、ノートパソコンや講座の準備に使う資料などが入っていて、やたら重いのです。

    本当に、すみません…

 

 米子空港からバスに乗る事、1時間余り…

 最初の目的地である美保神社に、到着しました。

 

 

 気がついたら、いつの間にか、あの境港の有名テーマパーク「水木しげる記念館」の脇を通り過ぎていたのですね…

 

 いつか、鬼太郎ロードにも行ってみたいと思っていたので、旅行の計画を立てる時に、出雲ツアーが終わった後、山口へ出発するのを1日遅らせて、米子に一泊し、ここへ立ち寄ろうかとも考えたのですが、やっぱり時間的に厳しいので、断念しました。

 

 まあ、観光をしに来たのではないし、遊んでいる暇はありませんね…

 

 

 という事で、最初の目的地である美保神社へ到着です。

 

 この美保神社こそが、出雲大社に参拝する際には、一緒に詣でるべき神社…

 美保神社と出雲大社の両方を参拝する事を、「両参り」と言って、縁結びの願いが、叶いやすくなるそうです。

 

 前に、京都の下鴨神社の言社の事を書いた時に、少しだけ、出雲大社の主祭神の大国主神(オオクニヌシノカミ)の事を書いたのですが…

(2019/11/2ブログ 「京都はんなり日記 その10 ~下鴨神社と緑のシャワー~」 参照)

 

 この大国主神は「因幡の白うさぎ」のお話に出てくる「うさぎを助けた優しい神様」としても有名ですが、国津神(くにつかみ)という種類の神様の中の代表のような存在です。

 

 美保神社の御祭神は、この大国主神の妃の神である三穂津姫命(ミホツヒメ)と、大国主神の長男の神である事代主神(コトシロヌシノカミ)

    ちなみに、三穂津姫と事代主神は、義理の母子の関係です

 

 つまり、美保神社には、出雲大社の神様の妻と子の神様が、祀られているという事なのですね。

 

 そして、神仏習合でいうと、大国主神が大黒天に当たり、事代主神は恵比寿に当たります。

 だから、出雲大社と美保神社の両方を詣でると、大黒様と恵比寿様という、縁起の良い福の神のセットの御利益にあずかれる事にも、なるのですね。

 

 

 美保神社の神門には、巨大しめ縄が祀られていました。

 

 巨大しめ縄と言えば、出雲大社の事と勝手に思っていたので、いきなりこの場所で、こんな巨大しめ縄を見られるとは思っていませんでした。

 

 神社の境内に入ったら、さっきまで良い天気だったのに、パラパラと雨が降り出しました。

 

 

 藤尾美友先生から、美保神社の由来や神社の構造など、詳しいお話をお聞きして、みんなで社殿に参拝しました。

 

 しっとりとした感じの、本当に気持ち良い神社です。

 

 参拝した後、全員で社殿の後ろ側に行ったのですが、急に雨が振ってきたので、思わずみんなで、軒先の下に隠れました。

 

 しばし、雨宿りをしていたのですが、雨が小降りになったのを見計らって、急いで、バスの中へ折り畳み傘を取りに行きました。

 

 ところが、またみんなで参拝していると、不思議な事に、あれほど強く降っていた雨がピタッと止みました。

 

 その後、境内にある、まんまるい御霊石なんかにも参拝したりして、美保神社の境内から出た時には、空は真っ青に晴れ渡っていました。

 

 まるで、美保神社の神様がイタズラして、雨を降らせたり、止ませたりしているみたいでした。

 

 僕の友人のご主人は、仕事で困った事があった時に、この美保神社に参拝したら、たちどころに問題が解決してしまったそうです。

 その事を感謝して、多額のお玉串を神社に奉納されたとの事…

 

 美保神社の御神徳のすごさもそうですが、「喉元過ぎれば、熱さを忘れる」というのが人の常の中、感謝の気持ちを忘れないで、ちゃんと行動に示された友人のご主人は、本当に素晴らしい方だと思いました。

 

 雨に濡れている青石畳通りをみんなで歩き、小さな路地を進んで行きました。

 

 向かった先は、美保神社の境外末社である地主社(じしゅしゃ)

 地主社の主祭神は、大国主神の娘神である御穂須須美(ミホススミ)です。

 

 地主社の社は、とても新しくて、まるで新築そのものだったのですが、なんと去年建て替えられたのだそうです。

 

 ちゃんと神社の方や地元にお住まいの方なんかが、社をきれいにしてくださっているのですね。

 

 地主社に参拝した後、さらにその奥の方へと向かって、歩いていきます。

 そして、そこにある階段を、みんなで上がっていきました。

 

 階段を登りきった場所には、幸魂(さきたま)神社という祠(ほこら)がありました。

 

 

 ここは、さっきの御穂須須美の神様の御神陵(ごしんりょう=お墓の事)とも言われている祠です。

 

 ものすごく、すがすがしい気にあふれた、澄み切った場所でした。

 

 もしも、この開運塾のツアーに参加していなかったら、ここに来る事は絶対にできなかったと思います。

 

 まるで、探検家になったような気分で、次に向かった先は、やはり美保神社の境外末社である客人(まろうど)神社…

 

 

 この場所は、大国主神が「客人(きゃくじん)」という形で祀られている場所です。

 みんなで、ゆっくりと参拝しました。

 

 さらに、林の中の小道を前へ前へと進んでいくと…

 

 

 そこにも、小さな祠がありました。

 

 ここは、美保神社の御祭神でもある三穂津姫が祀られている天王社(てんのうしゃ)

 

 客人神社、天王社、地主社、幸魂神社の4つのお社で「神の小径(こみち)」と、呼ばれているのだとか…

 

 この後、またツアーバスに乗り込んで、今度は美保関(みほのせき)に行きました。

 

 

 着いた場所は、美保関灯台…

 海に向かって建てられているこの鳥居には「沖之御前 地之御前」と記されています。

 

 どうやら、沖之御前(おきのごぜん)、 地之御前(ちのごぜん)とは、海上に浮かぶ、小さな島の事のようです。

 この二つの島は、事代主神が魚釣りをする島と伝えられていて、この場所はその遥拝所という訳です。

 

 

 これが灯台ですね。

 

 灯台の白が、真っ青な空と相まって、とても美しいです。

 さっきまで、どんよりとしていた天気が、まるで嘘のようです。

 

 さらに、沖の方へと歩いていきました。

 

 

 ここは、地蔵崎(じぞうがさき)

 

 ここから南側の方向を見渡せば、運が良ければ、海の先に大山まで見えるそうです。

 

 この後、昼食に、和食処「ふじな亭」のとっても美味しい「鯛めし」を頂きました。

 午後からも、出雲大社にゆかりがある神社を参拝します。

 

 旅は、まだまだこれから… とっても、楽しみです!!

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)

西日本紀行記 ~出雲・山口への旅~<1>プロローグ20.02.07

2020年2月7日(金)

 

 2月の立春も過ぎて、いよいよ「庚子」も始まりました。

 僕は、まるで何か沸き立つような、いてもたってもいられないような、気持ちの高揚感を感じています。

 この感覚は、あのパリに旅をした2012年以来ですね。

 

 去年一年の間、本当にあちこち、いろいろな場所を旅してきました。

 ブログを読んだ人の中には、「この人は、ずいぶん遊びまわっているなあ…」と思われている人もいるかも知れませんが、それもこれも、今年から始まる僕の人生の一大プロジェクトの為のもの…

 

 僕にとっては、おそらく今年の庚子ほどに、これからの一生の中で、ピンポイントで大運と年運のエネルギーが強くなるのは、二度とないですから、前もって準備をしていたつもりです。

 

 まあ、そんな事を偉そうに言っても、何も結果が出なかったら、意味がないですから、言葉ではなく、今年と来年の実際の自分自身の成果で、語りたいと思います。

    結局、2年間終わっても、何にも変わっていなかったりして(笑)

 

 庚子に入ったこれからは、極力、時間を無駄にしないようにして、全力で頑張ります!!

 

 さてさて、ずいぶんと時間差が出来てしまいましたが、今日から、去年の11月に西日本の中国地方に旅立った旅行記を、書き連ねていこうと思います。

 

 今回の西日本の旅の目的は、大きく2つありました。

 一つは出雲大社に参拝して、神在月の縁結び大祭に参加する事、そして、もう一つは、山口の五気調整術の水木杏香先生を訪ねて、山口の観光がてら、漢方や薬膳の見地からの「五行と人の健康法」についての教えを乞うという事です。

 

 出雲のある島根県と山口県は隣り合っていますから、今回の旅で、この2つの目的を同時に果たす事ができます。

 

 漢方や薬膳から見た五行の健康法を、水木先生にお聞きして、もっと深めたいと思ったのは、四柱推命講座・上級編の「健康運の見方」を、さらにブラッシュアップする必要があると、感じていたからです。

 この頃は常に、上級編の講座の準備に、追われっぱなしでした。

    まあ、今もそれは、大して変わらないのですが(^^;;

 

 出雲大社は、国津神の神の代表の神社でもあり、人と人の縁を結んでくださる神様と言われています。

 僕はまだ、生まれてこの方、一度も出雲大社に参拝した事がありません。

 

 もちろん「困った時の神頼み」の為ではありませんが、今の僕が目指している事は、おそらく、ある程度大きな志と器がなければ実現できない事だと思うし、その為にも、出雲の神様に、自分のありのままの気持ちで、決意を込めて、誓約しておきたいというのがありました。

 

 上級編に参加してくださっているKさんに、そんな事を話したら、出雲大社に参拝するのであれば、一緒に美保神社やその他の神社も参拝した方が良いですよ… とアドバイスをくれました。

 美保神社に参拝しないで、出雲大社だけに参拝するのは、片参りになってしまうとの事…

 

 とはいえ、美保神社も出雲神社も遠く離れていますし、車の運転ができない僕には、島根県でレンタカーを借りて、あちこちの神社を回るというような事はできません。

 

 すると、Kさんが、まさに僕にとって、この上なく素敵なツアーを紹介してくださったのです。

 

 それは「人生最高の開運を手に入れる方法」の著者でもある、藤尾美友先生の「神在月の出雲開運ツアー」でした。

 

 そして、今回のツアーに参加する為の条件も、Kさんが全部フォローしてくださって、心強い事に、Kさんと、そして同じく上級編を受講してくださっているYさんも、一緒に参加してくださる事になりました。

 

 という事で、安心して出雲開運ツアーに申し込んだのですが、能天気な僕は、出雲に行く交通手段を何一つ調べる事もなく、「まあ、前日ぐらいから、のんびりと出雲に出掛けて、現地でツアーに合流すればいいや…」ぐらいに考えていました。

 

 すると、藤尾先生からKさんを通じて、出雲大祭の時には交通機関がごった返すので、何も交通機関の予約をしていないのであれば、ツアーの飛行機で行った方がいいですよ… というアドバイスを頂き、行きの飛行機も申し込む事になったのです。

 

 今回は、11月9日から11月14日までの6日間の旅…

 

 

 大雑把に旅のスケジュールを言うと、まず、11月9日に米子空港に向けて出発し、そこから美保神社を始めとしたいくつかの神社に参拝します。

 そして、その翌日の10日に出雲大社に参拝し、さらにその翌日の11日に「出雲大社縁結大祭」に参加、その夜、電車で新山口に向かい、14日まで過ごすという予定です。

 

 ただし、いつもの僕の旅行のくせで、細かい事は何も決めていません(笑)

 

 という事で、迎えた9日当日の朝…

 

 搭乗する飛行機は、羽田空港発6:55離陸の国内線です。

 前日に「京都はんなり日記」を更新した後、旅行の準備を始めた事もあって、荷物を準備し終えると、当日の朝でした。

 

 結局、一睡もする事なく羽田空港に向かったのですが、新宿まで行った所で、自分がコートを着ていないという事に気づきました。

 この日の東京は、早朝にもかかわらず、比較的暖かかったこともあって、ボーッとしていたのですね。

 

 このままコートなしで、羽田空港へ向かう電車に乗ってしまおうかとも思ったのですが、出雲の神在月は相当に寒いと聞いていましたし、かといって途中でコートを買う時間の余裕もなさそうなので、思い切って、家にコートを取りに帰る事にしました。

 まあ、タクシーで飛ばせば、何とか飛行機のチェックインには間に合うだろうと思ったのですが、やはり甘かったです…

 

 また、例によって、パリに向かう飛行機に乗った時の、あの悪夢を思い出しました(笑)

(2013/2/26パリブログ 「あの日起こった奇跡」 参照)

 

 本当、僕は何回同じ事をやっても、懲りないですね。

 

 羽田空港の駅にかろうじて着いた時、僕の到着が遅い事を心配したYさんから、電話が掛かってきました。

 そして、すでに、飛行機のチェックインの搭乗手続きは、ほとんど済ませてあるとの事でした。

 

 空港のロビーに着くと、KさんとYさんが待っていてくださって、あとはスーツケースを預かり所に預けるだけで良いように、してくださっていました。

 

 国際便なら、チェックインにパスポートが必要な所ですが、国内便だからそれもなく、かなり時間に遅れてしまったのですが、無事に予定の飛行機に搭乗できる事となりました!!

 

 

 もしも、KさんとYさんがその場にいらっしゃらなかったら、完全にアウトでしたね。

 

 四柱推命講座の中でも、至らない事だらけで迷惑を掛けていますが、こんな所にまで来て、また迷惑を掛けてしまうとは、本当にどうしようもないダメ講師です。

 

 「昨夜は、一睡もしていない」という事を話したら、Kさんが窓際の席を譲ってくださって、飛行機の中でゆっくりと眠るように言われました。

 

 とはいえ、興奮が冷めきらなくて、とても眠れそうにありません(笑)

 

 それに、羽田から米子までは、驚くべき事に、たった1時間20分で着いてしまうのですね。

 

 

 飛行機の窓から見える富士山…

 

 これから一体、どんな素敵な旅が始まるのかと思うと、ワクワクして心臓が飛び出しそうです。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)