ブログ

どんな状況であっても、感謝を忘れない人は、無敵18.08.26

2018年8月26日(日)

 

 夏の暑さがおさまったかと思いきや、昨日今日と、また暑い日が続いています。

 

 今日の東京なんて、37度…

 さっき、ほんの少し外を歩いただけなのに、すっかり汗ばんでしまいました。

 

 とはいえ、季節は確実に秋に近づいている事は確かで、夜な夜な大きくなっていく虫の鳴き声が、それを感じさせてくれます。

 

 学童時代の僕は、よくこの位になると、夏休みの宿題が気になりだして、いつもそわそわしていました。( …それでも結局、8月31日になるまで、宿題を始めなかった(笑)

 

 ここの所、身の回りにいろいろと変化は起きているのですが、毎日、穏やかな気持ちで、感謝しながら暮らしています。

 

 別に、感謝する事を意識している訳でもないのですが、自然にそういう気持ちになってしまう、と言いますか…

 

 こう書くと、「よっぽど、仕事や家庭生活がうまくいっていて、幸せなんだ…」などと、うらやましがられそうですけど、取り立てて、そういう訳でもないんですね。

 

 多分、今の僕の置かれているシチュエーション、2年前の僕だったら、感謝できていなかったと思います。

 

 おそらくは、目の前の思い通りにならない事に、意識をクローズアップさせて、悶々と悩んでいたかも知れません。

 

 僕にとって、2年前の2016年というのは、ここ最近ではないくらい、トラブル続きの年だったのですが、今思えば、そのトラブルの半分くらいは、自分の感謝のなさが、引き起こしたものだった気がします。

 

 もしも、今のように、穏やかな精神状態で、もう一度2016年に戻ってやり直せたなら、あのトラブルは半分ぐらいになっていたと思いますね。

 

 もちろん、残りの半分のトラブルは、絶対に避けられなかったような気もしますけど、それでも、最小限度のトラブルに食い止める事ができたと思います。

 

 よく「泣きっ面に蜂」などと言いますけど、あれはどうしてそんな事になるかと言えば、何か思い通りにならないような事が起こった時に、それに心が囚われてしまって、感謝を忘れてパニックになったり、ヤケを起こしたりするからじゃないかと思うんですね。

 

 そんな時に、ついやってしまうイライラした仕草が、周りの人から反感を買ったり、不注意によるミスや事故につながったりして、次のトラブルを呼び込むといった具合です。

 

 だから、目の前で、自分にとって思わしくない出来事が起こったとしても、それに心を囚われて怒りに心を満たされないで、クールダウンして、それでも周囲に感謝する事ができたなら、それ以上トラブルは広がっていく事もないし、そこから、また良い運気の循環が始まります。

 

 理屈ではそうかも知れないけど、これは感情の問題なのだから、そんな風になれる訳がない… と、言われる人もいるかも知れません。

 

 確かにその通りなのですが、人間の感情というのは不思議なもので、同じ体験を繰り返すと、だんだん免疫がついて来て、それと同じような事が起こっても、心が取り乱さなくなってくるものです。

 

 逆のパターンですと、どんな素晴らしい体験でも、初めて体験した時には、すごく感動した事も、何度も繰り返して体験すると、だんだん当初の感動もなくなってきます。

 

 それこそが、人の心のメカニズムです。

 

 だから、現実の世界で起こった事柄の大小というのは、心の世界において、それほど重要ではありません。

 全ては、心がどう感じるかによって、決まってしまう事になります。

 

 もちろん、だからと言って、現実から目をそむけたっていい… という意味ではなく、現実世界の出来事は、ちゃんと理性的に現実世界で処理していかなければなりませんし、周りの人に対する配慮も忘れてはいけないのですが、それを不必要に自分の心の中にまで、持ち込む必要はありません。

 

 自分の心というのは、本来、自分の思いによって、どのようにでも操れるものですから、なるべく感謝の気持ちや、幸せな気持ちに満たして、快適に過ごすのが理想です。

 

 感謝は良い事だとは思うけれど、別に今、感謝するほど幸せでもないし、感謝できるような事もない…

 

 ついつい、そんな風に考えてしまいがちですけど、感謝する事柄なんて、無尽蔵にあったりします。

 

 随分前に、感謝の達人のMさんの話を書いた事がありますが、「青空の下を歩く」とか「人との出会い」とか、そんな何気ない事でさえ、感謝の対象にもなりえます。

(2012/4/16ブログ 「感謝の達人」参照)

 

 そんな風に、ちょっと自分の心持ちを切り替えるだけで、目の前の現実そのものは変わらなくても、人生は天国と地獄ほどの差ができます。

 

 そして、その心持ちが、新たな現実を呼び込む事になります。

 

 もしも、自分自身が、少しでも周りの人を幸せにしたり、周りの人に良い影響を与える人間になりたいと願うなら、まずは自分自身が幸せな状態でなければならない…

 

 ちっぽけな現実の事柄に、落ち込んでいるような暇なんてないから、さっさと気持ちを切り替えて、今の自分が恵まれている状況に置かれている事に気づく。

 

 どんな状況であっても、感謝を忘れない人は、無敵…

 

 それができる人は、自分の人生も周りの人の人生も、この世界さえも、幸せに満ちたものに変えていく事ができるはずです。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)