ブログ

人生は、一回限りの珠玉のロードショー18.03.11

2018年3月11日(日)

 

 「東日本大震災」という、被災された方にとって、人生を変えてしまう大災害のあった日から、今日でまる7年が経ちました。

 

 7年たった今でも、東北地方では、まだ完全に復興がなされている訳ではありません。

 

 地震と津波によって、かえがえのない家族や大切な財産を奪われた方々にとって、あの災害は、人生の中に、ぬぐい切れないような大きな爪痕を残した出来事だったはずです。

 

 改めまして、被災地と被災された皆さまの一日も早いご復興を、お祈り申し上げます。

 

 それにしても、人生の中で一回失ったものというのは、もう二度と取り戻す事ができないというのが、この世のおきてと言いますか、それを思うと、人生とは本当に非情なものだと思います。

 

 今回のような災害は、その最もたるものですが、これまである程度の長さの人生を生きて、何も失ったものがないという人は、おそらくいないでしょう。

 

 失恋や裏切りや拒絶による別れ、事故や病気による体の障害、事業の失敗…

 

 失ったものは、目に見える形あるものだったり、目に見えない形のないものだったり…

 

 その中でも、特に近しい人の死は、その両方の要素を持ち合わせるから、最も辛いもののはずです。

 

 そして、失ったものはもう二度と、戻って来ることはない…

 

 この心が張り裂けそうな喪失感は、今ここで生きている我々だけではなく、人類が始まって以来、この世に生を受けた全ての人が、多かれ少なかれ体験した思いだと思います。

 

 いや、人間だけではなく、例え動物であっても、家族を失う悲しみはきっと同じでしょうから、この悲しみは、人類が誕生するはるかな昔から、この地球に存在していたのかも知れません。

 

 もちろん、そこにあるのは悲しみの感情だけではなく、喜びや感動、それぞれの思い、時には怒りや恐れなんかも、混ぜ合わさっているのでしょうが…

 

 ただ、どんな生物でも、寿命というものがあるから、どんなに長かったとしても、せいぜい数百年でその思いも消える…

 

 よく「鶴は千年、亀は万年」なんて言いますが、本当の所は、鶴の寿命は20~30年、亀は種類によって寿命に差があるそうですが、おおよそ20年~150年といった所だそうです。

 

 どんなに長くても、150年もすれば、喜びや悲しみを感じ取る被写体である、その生命自身が消えていく…

 

 我々、人間の場合も、例外ではありません。

 

 僕は、人生というのは、一回限りの映画のロードショーみたいなものだと思うんですね。

 

 喜びも悲しみも、怒りも恐れも、その物語の中にはいろいろなものが入り混じっていて、中には、復讐劇のようなロードショーだったり、ホラー映画みたいなロードショーも、あるかも知れませんけど…

 

 どっちにしても、人の場合でしたら、その映画は長くてせいぜい100年ぐらいで終わる…

 

 名作と言われるロードショーには、うきうきするような楽しい場面もあれば、悲しみの場面も、怒りを誘うような場面も、いっぱい組み込まれています。

 

 でも、それらの場面が、エンディング間際になると、見事に感動に結びつくような筋書きに、できているんですね。

 

 人生もこれと同じで、シーンの一場面で、何かを大切なものを失ってしまったその時には、思い切り悲しんだらいいと思うんです。

 

 とはいえ、その失ったものをもう一度取り戻そうとした所で、元には戻らないのが、おきてですし、その事に悔やんでばかりで、ずっと自分に閉じこもっているのは、気持ちはわかるのですが、本当にもったいない事です。

 

 人生のロードショーは、たえず次のシーンが始まっていますから、その場面で見るのをやめて心を閉ざしてしまったなら、感動のエンディングに結びつかなくなってしまいます。

 

 よく、「人生から、全ての悲しみや苦しみがなくなればいいのに…」なんて言う人がいるけど、もしも本当にそうなってしまったら、きっと人生は、味気ないものになってしまうでしょう。

 

 悲しみや苦しみが、まるで料理のスパイスのように、人生を味わい深いものにしているのも事実です。

 

 人生は、一回限りの珠玉のロードショー…

 

 まだまだ、幕は上がったばかりです。

 

 死ぬ瞬間のエンディングまでの長い時間、思いっきりショーを楽しみましょう。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)


人は、二度見たものに導かれる18.03.06

2018年3月6日(火)

 

 3月に入って、だいぶ外も暖かくなってまいりました。

 

 もう、2週間ほどたてば、あちこちで桜の花が咲き始めるはず…

 

 本当に待ち遠しいです。

 

 先日、新宿で買い物をしようと、西口を歩いていたら、長野県の信州・松本の物産展をやっていました。

 

 

 なんと、草間彌生さんの展覧会も、この地で開催されているようです。

 

 僕は、長野県の隣りの岐阜県出身なのですが、松本市にはまだ行った事がありません。

 

 半年ぐらい前に、松本にお住いのお母様とお嬢様が、特別コースを申し込んでくださって、サロン ド シルフィーユで鑑定させて頂いたのを覚えているのですが、それ以外は、松本になじみもないし、結局、物産展に立ち寄る事もなく、素通りしていきました。

 

 それで、その翌日だったと思うのですが、サロン ド シルフィーユに行って、飾ってあるカレンダーを3月にしようと、1月・2月のページをめくってみたのです。

 

 すると…

 

 

 そこに出てきたのは、鮮やかな桜の花に彩られた、松本城の写真…

 

 これを見た時、思わず、「松本へ、旅行に行きたい」という気持ちになっていました。

 

 人間の心理の中で、同じキーワードを、全く関連のない所で、もう一度目にしたり耳に入れたりすると、引き寄せられるという法則があります。

 

 こんな事があると、まるで、松本に行くように、運命から導かれているような気持ちになりますね。

 

 もちろん、本当にそうなのかも知れませんが、ただの偶然かも知れませんし、今の段階では何とも言えません。

 

 これで、ポチっとテレビのスイッチを入れたら、松本人志さんや、松本伊代さんあたりが出てきて「やっぱり、松本のお花見は最高です」とか、しゃべったなら、間違いなく運命を感じてしまうでしょう(笑)

 

 逆に、この心理を逆手にとって、広告をうったり、マーケティングを活用したりする手法も存在します。

 

 もっとも、同じ人に、全く別の場所で、違ったアプローチでを用いて、同じ商品を紹介するという事は、そんなに容易な事ではありません。

 

 広告だけで、そのシチュエーションを作り出す為には、あちこちの媒体に大量に広告をうつしか方法がありませんから、莫大な費用を捻出できる大企業にしかできない方法です。

 

 それに、その2回のアプローチが同じものだったり(例えば、別の場所でたまたま、同じ松本城の写真のカレンダーを見つけるとか…)、いかにも広告という感じの作為的な印象のアプローチだったりした場合には、あまり効果は期待できません。

 

 だから、方法としては、ピンポイントで地域を限定して、質の良い営業をするしかないでしょう。

 

 ちなみに、最近のパソコンのインターネット機能は、広告に関しての機能も優秀で、「行動ターゲティング広告」と言って、過去に閲覧したページや検索したキーワードから、その人の興味や関心がありそうな広告を表示するという機能があります。

 

 また、過去にクリックした事があるバナー広告に、関連する広告が表示されたりします。

 

 だから、ある時から、インターネットのバナー広告が、毎回毎回「口臭予防のバナー」になったりとかします。

 

 もしも頻繁に、恥ずかしいものがバナー広告に表示されるとしたら、きっと、その人は過去に、恥ずかしいページやキーワードを検索してしまったに、違いありません(笑)

 

 こんな時、個人情報が誰かに知られてしまったような、何となく不安な気持ちにさせられますが、自分のパソコンやスマホの中に埋め込まれたクッキー(食べるクッキーではない)を消せば、この現象は消えます。

 

 ちなみに、クッキーを消したい人は、下記のリンクをどうぞ(^^)

 

 パソコンを見ている方は、こちら…

 https://faq.club-t.com/app/answers/detail/a_id/754/kw/

 Cookie/related/

 

 スマホを見ている方はこちら…

 https://help.amebame.com/ameba-help/amebame-qa-register-setting/amebame-qa-setting/2604/

 

 少し話がそれてしまいましたが、どんな形であれ、自分が興味を持っている同じキーワードを2回3回と見せられると、人というのは、何となくその事に気持ちが向いてしまいますから、確かにこの方法は、効果的な広告になるのかも知れません。

 

 とはいえ、広告として意識していなくても、自然に、こういった形での情報発信が、できてしまっている事もあります。

 

 サロン ド シルフィーユにいらっしゃたお客様の中でも、たまたま僕の事を本で知って、その後、たまたまインターネットネットを見ていたら「浅野太志」の情報が出てきたので、気になって来てみた… というお客様が多くいらっしゃいます。

 

 そう思うと、やっぱり、こういった形でできる人の縁というのも、例え故意に心理学を利用したつもりであっても、本当は、もっと深い縁があって、運命に導かれているのかも知れませんね。

 

 人は、二度見たものに導かれる…

 

 さっき、たまたまネットを見ていたら、元関脇の貴闘力が経営する飲食店で、松本さんという人から40人分の貸切予約のドタキャン被害に遭った… というニュースを見つけました。

 

 まあ、単なる偶然ですね(笑)

 

 もしも松本へ旅行が決まって、宿泊先の予約をした時には、決してドタキャンする事の無いように、くれぐれも気をつけたいと思います(^^)

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)


人生の主役は自分18.03.01

2018年3月1日(木)

 

 月日がたつのも早いもので、今日からもう3月です。

 

 長かった寒い冬も終わり、これからいよいよ暖かくなってきます。

 

 僕は、春が大好きなので、これからの季節が楽しみです。

 

 もう3週間もすれば、たくさんのお花が咲き誇る、暖かい陽気がやってくる…

 

 ブログもあんまり更新しなくなったので、何をやっているのだろう… と思われているかもしれませんが、メールの返信をしたり、業者の人が作ってくれた、新しいホームページを、訳のわからないワードプレスやスタイルシートを解読しながら、改良を加えたりと、いろいろと忙しく過ごしています。

 

 気がついたら、僕も、パリに行って独立してから6年目です。

 

 あの頃はやみくもに突っ走っていましたが、今では、だいぶ落ち着いてきました。

 

 昔から僕は、好きな事に関しては、脇目もふらずに取り組むのに、興味のない事や嫌いな事は、全く見向きもしないような、かなり変わった人間でした。

 

> だから、普通ならできるような事が、今でもできなかったり、普通の人なら当然経験しているような事も、経験していなかったりするんですね。

 

 考えてみれば、いい年して、車の免許はもちろん、原付免許すら持っていません(笑)

 

 今となっては、うちの奥さんが車の運転ができるから、まあ、自分は運転免許は取らなくてもいいか… と思っている始末です。

 

 考えてみたら、ゴルフとか、スキーとかスノーボートとかも、やった事が無いですね。

 

 やってみたら、案外楽しいのかも知れないけど、興味がわかないというか、そもそも体を動かす事が、あんまり好きではないんです。

 

 そうかと思うと、自分の興味のある事に関しては、無我夢中になるといいますか、一旦その世界に入ると、どれだけ時間が過ぎているのかが、自分でも、わからなくなってしまいます。

 

 よく「寝食を忘れる」などと言いますが、本当にそんな感じで、朝から晩までご飯も食べなくても平気ですし、昔は、そのまま寝ないで明くる日の昼まで、夢中になって、何かを続けているという事もありました。

    その後は、着替えもせずに、そのまま気を失うように眠っていました(笑)

 

 さすがに、今では、奥さんが心配するので、まる一日食事を抜くようなマネは、しなくなりましたが…

 

 思えば、これまでの人生、「定職につく」とか「正社員になる」というようなものに、憧れを持った事もありません。

 

 アルバイトをしている時に、バイト先の社員さんから、よく「正社員にならないか」と声を掛けてもらうような事もあったのですが、全部、即、断っていました。

 

 これまでの人生で一度だけ、正社員を希望したつもりはなかったのですが、いつの間にか、正社員扱いになっていた… という事は、あったのですが、それを除いては、会社に所属した事は全くありません。

 

 僕は、典型的な日主「壬」の性質のせいか、人や組織に縛られるのが大嫌いだったんです。

 

 僕の生き方は、かなり極端ですから、本当は、こんな風に好きな事ばっかりやるのではなくて、意識して、自分の苦手な事も、しっかりと取り組むようにした方が、良いのかも知れません。

 

 僕がこんな事を言うと、まるで説得力がありませんが(笑)

 

 いや、もしかすると「必ずこうしなければいけない」というものでもなくて、それぞれの人生なのだから、その人なりのやり方で、過ごせばいいのかもしれません。

 

 人生の主役は自分なんですから…

 

 好きな事も苦手な事も、バランス良くやるのが良いと思う人は、それがいいし、極端な生き方の方が性に合っていると思うのなら、それもいいでしょう。

 

 現に、こんなメチャクチャな生き方をしてきた僕でも、今では、ものすごく幸せな人生を過ごしています。

 

 結局の所、好きな事しかやるつもりがなくても、その好きな事をやる為に、どうしても、嫌いな事や苦手な事に取り組まざるをえなくなるし、そういった時でも、「好きな事をやりたい」という気持ちが本物なら、大して苦と思わずに、苦手な事を、さらりとやってしまっている事があるんです。

 

 とはいえ、生活の安定を求める人には、この生き方は、決しておすすめできるものではありませんが(笑)

 

 ただ、これだけは言えるのは、好きな事だけをやっていたいという人生を望む人も、生活の安定を求める人も、何かに依存しきって、自分が人生の主役であるという事を忘れてしまうと、途端に物事がうまくいかなくなってしまうという事です。

 

 人に依存したりとか、運命に依存したりとか、どこかの宗教の神様に依存したりとか…

 

 なにかに依存して、もたれかかって楽をすると、人は途端に弱くなります。

 

 「人生の主役は自分」などと言うと、「自己本意で、個人主義的生き方を推奨している」と、中には思われる人もいるかも知れませんが、そういう意味ではなく、主役が自分なのだから、主役としてふさわしい、この世の中にとっても、望まれるべき人物となる意志を持つ… というイメージでしょうか。

 

 もちろん、人生は、自分の力だけでどうにでもなる… というような単純なものではありませんし、天の恩恵や周りの人の恩恵があるから、今があるのは言うまでもありません。

 

 でも、自分が人生の主役である事を忘れて、自分の人生がうまくいかないのを、人のせいや、周りの環境のせいにしたりするようになったら、そこで永遠に行き詰ってしまいます。

 

 人生には、思い通りにならない事も、腹の立つ事もあるし、時には、悲しみに打ちひしがれる事もあるでしょう。

 

 そういう時は、思いっきり、怒ればいいし、思いっきり悲しめばいいと思います。

 

 でも、いつまでたっても、その怒りがおさまらなくて、腹を立てているとか、いつまでたっても、悲しみから立ち上がれないままでいるというのは、その時に、大事な事を忘れてしまっているのかも知れません。

 

 逆に、「人生の主役は自分である」という事さえ、忘れる事がなければ、メンタルも強く持てるし、どんなに打ちひしがれたとしても、また、立ち上がる事もできる…

 

 人生の主役は自分…

 

 その気持ちを持ち続けている限り、たとえ紆余曲折はあっても、おのずと素敵な未来へと導かれるはずです。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)