ブログ

ただ、この今を淡々と生きる18.03.27

2018年3月27日(火)

 

 外はすっかりと、春らしくなりました。

 

 今日、3月27日は、村野大衡先生の誕生日なのですが、毎年、このくらいになると、すっかり冬の寒さも影をひそめて、さわやかに吹く風が気持ちいいです(^^)

 

 今年は、例年以上に花粉が飛びかっているという情報を聞いて、僕は、花粉症ではなかったのですが、今後、花粉症にならない為にも、用心の為に、外出する時はマスクをして出掛けようと、中野坂上のスーパーライフでマスクを買い込みました。

 

 

 これをつけていれば、もう花粉症に掛かる事はないだろう… と、自信満々でいたのですが、たまたま昨日、お花見に行った時、マスクをつけるのを忘れてしまいました。

 

 昨日の夕方あたりから、くしゃみや鼻水が出たり、喉か痛かったり、目がかゆかったりと、体の調子が悪くなって、最初は、昼にワインを飲み過ぎたからかなあ… とか、また風邪ひいちゃったのかなあ… と思っていたのですが、今現在も、その症状が続いております。

 

 もしかすると、もしかすると… 花粉症デビューをしてしまったかもしれません(涙)

 

 いや、数日中に症状がおさまる可能性もあるので、花粉症デビューというのは、まだ、確定という訳ではないと思うのですが…

 

 それにしても「花粉症になりたくない」と、意識をした直後にこうなるとは…

 

 本当、人生というものは、皮肉なものです(笑)

 

 ここの所、自分のホームページを手直しする為に、ずっとコンピューターの画面とにらめっこしていたのですが、昨日は久しぶりに、外に出て息抜きをしました。

 

 作業をしている時は気づかなかったのですが、大自然の中で背伸びしてみると、肩や背中が、ガチガチになっていたのが分かりました。

 

 でも、ホームページの手直しの作業をする時は、この前の反省点も含めて、淡々と無心でやっています。

 

 愚痴が出そうになった時、カウンターパンチで「こんな素敵なホームページを持っている人なんて、滅多にいないぞ。それを自分で好きなように改良できるなんて、なんて幸せなんだ」と自分に言い聞かせると、自然に、感謝の気持ちがわいてきます。

 

 確かに本当の所、どれだけ感謝してもしたらないくらいに恵まれているのに、愚痴が出ている時というのは、それを、ただ、忘れてしまっているに過ぎないんですね。

 

 その事に気づくと、もう愚痴は出てこなくなるから、ちゃんと仕事に集中できる様になるし、そういう時は、体は疲れていても、作業が楽しくなってきます。

 

 まるで、何かのスポーツ競技をやっているような感覚でしょうか…

 体は、それなりに疲れているのに、何とも言えない開放感を感じるような感じです。

 

 そして、ある程度作業が進んだ時に、そこには、仕事をやり遂げたという達成感も生まれてきます。

 

 本当、ありがたい事です。

 

 でもこの事は、仕事だけに限らず、何でもそうなのかも知れません。

 

 目前の事を、ただ淡々と虚心坦懐に行う… もっと言えば、ただ、この今を淡々と生きる…

 

 よく、禅なんかで言われる言葉ですが、このコツをつかめたなら、人生は、本当に安らかなものになります。

 

 その場その場で、本来、自分が取るべき行動も、自然と分かるようになるし、無駄に多かった人間関係のトラブルからも解放されて、物事がスムーズにいくようになります。

 

 よく、幸せというのは、自分の願い事が叶う事によって得られるものだと、考えられがちです。

 

 確かに、そういう面もあるとは思うのですが、そうやって自分の願いが叶った事によって得られた幸せは、その事が、当たり前に思えてしまった時点で、終わってしまいます。

 

 僕も、40歳の時に、これまでの長いお勤め人生が終わって、パリに旅立った時には、まるで天国に上ったように絶頂の幸福感に満たされました。日本に戻ってきた時もずっと、自分の生活があまりに自由な事に、毎日が幸せの真っ只中だったのを覚えています。

 

 でも、それがやがて、当たり前に感じるようになってしまった時には、普通になってしまいました。

 

 逆に言うと、あの幸せは、それまでの辛かったお勤めの下積み人生があったからこそ、感じられたとも言えます。

 

 自分の願いを叶える事によって、確かに、一時的に幸せになる事はできたとしても、その幸せが当たり前の事に感じるようになってしまったら、幸せはそこで終わってしまうんですね。

 

 例えばそれが、念願だった自分のなりたい職業につけたとしても、理想の異性と結婚できたとしても、憧れのマイホームを持てたとしても、そこの部分は、同じなのかも知れません。

 

 もちろん、自分の決めた目標に向かって頑張る事は、とても良い事だと思うし、そこを否定する気は、全くありません。

 

 でも、「これさえ手に入れれば、人生は変わるんだ」と、その願いが叶った後の人生に過剰に期待してみても、もしも、自分自身の考え方や価値観が変わらなければ、願いが叶った事で得られる幸福感は、一時的なものに終わってしまうでしょう。

 

 僕も、パリに旅立ったのを機に、やりたかった占い師という仕事で、オフィスを持って自立できたり、目標だった本を出版できたり、結婚をしたり、まあ、マイホームに関しては、もう少し先の話だと思いますが… 確かに、夢は次々と叶っています。

 

 それでも、毎日の日常生活が劇的に変わったのかと言えば、そういう訳でもなくて、以前と何も変わらない平凡な毎日です。

 

 でも、この淡々と過ごす、さりげない毎日の中にこそ、極上の幸せがあるという事を、やっと少し感じられるようになりました。

 

 それは、目の前で起こる事によって一喜一憂するような、軽い幸せではなくて、多少の事が起こっても揺るいだりしないような、本物の幸せとでも言ったら良いでしょうか…

 

 この幸せは、例え今の自分の状況が思わしくないものであっても、究極的には、自分の思い次第で、感じる事ができるものです。

 

 もちろん劣悪な状況でいるよりも、ある程度幸せな生活環境でいる方が、それを感じやすいのは確かですし、その為にも、自分が置かれた生活環境を幸せにする事も、大切です。

 

 その上で、この淡々とした、さりげない幸せを味わってみるのも、また人生の醍醐味です。

 

 ただ、この今を淡々と生きる…

 

 僕も偉そうな事を言えるほど、分かっている訳ではありませんし、こういうものは、そう簡単に悟れるようなものでもありませんが、その簡単にいかないのを楽しみながら、ありのままに今を生きられたらな… と思っています。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)