ブログ

2月26日の記憶18.02.26

2018年2月26日(月)

 

 いつも、2月26日になると、パリに旅立った時の記憶が鮮明によみがえります。

 

 毎年毎年、2月26日のブログのネタは、そんな事ばっかり書いているので、いつもブログを読んでくださっている皆さまも、「またかよ」って、うんざりしているに違いありません。

 

 それにしても、あの日は本当、今思い出しても冷や汗が出てくるほどに、ハラハラドキドキの一日でした。

 

 (2013/2/26 パリ・ブログ 「あの日起こった奇跡」 参照)

 

 あれから、もう6年…

 

 どうして、2月26日という日にちだけが、いつまでも記憶に残っているかと言うと、歴史の授業で習った「二・二六事件」のせいですね。

 

 毎年、2月26日のブログは、いつもいつもパリの思い出話で終わってしまっているので、今回は、この82年前に起こった「二・二六事件」の事でも、少し掘り下げてみようかと思います。

 

 僕が、中学校で初めて、二・二六事件の事を教わった時は、「なんて、血なまぐさい事件なんだ」という印象しか、残っていないです。

 それと同時に、「軍隊や戦争というものは、なんという恐ろしいものなんだ」という、ごくありふれた感想を持った事を覚えています。

 

 この「二・二六事件」によって命を奪われたのは、殉職した警察官5名を含む9名の人達でしたが、その中には、元首相で蔵相の高橋是清や、前首相の斉藤実という、その時の日本を支えていた才能のある重鎮が含まれていました。

 

 4年前の五・一五事件で、当時首相だった犬養毅が暗殺されているので、「五・一五」と「二・二六」の2つの事件により、当時の日本にとって、国の事を冷静に考える事ができ、かつ国際社会ともパイプがあった、なくてはならない人物を失ってしまった事になります。

 

 ところが意外な事に、戦時中や、戦後しばらくの間なんかは、二・二六事件のクーデター未遂事件を起こした青年将校たちが、英雄視される事もあったんです。

 

 「何の私心もなく、天皇と日本の為を思って、勇敢な行動をしたのに、反乱軍の汚名を着せられ、処刑された悲劇のヒーローたち…」 と言った所でしょうか…

 

 三島由紀夫は、優れた文学作品を多く残した作家でもありますが、そういう考え方を持った代表的な人物でした。

 

 特に、三島自身が「二・二六事件三部作」と呼んでいた作品が収められた「英霊の声」には、それが示されていますし、三島由紀夫のあの独特な死に方も、二・二六事件の影響下にあると言って良いでしょう。

 

 二・二六事件は、現代から見れば、テロリストが起こした襲撃事件であり、その行為自体は、許されるべきものではありませんが、彼らには彼らなりの正義がある訳で、今の現代の我々が、現代の画一的な価値観だけで、彼らの事を裁くのも、あまり良い事ではないのかも知れません。

 

 もちろん、だからと言って、彼らのやり方を認めるつもりは毛頭ありませんが…

 

 これは、当時の日本において、かなり根の深い事情から起こった事件であり、背景には、軍部内の「皇道派」と「統帥派」との対立、さらに、社会主義でかつ帝国主義を持つ北一輝という思想家の影響、そして、最も根底の部分には、当時の日本の農村の困窮があります。

 

 そもそも、二・二六事件を起こした青年将校たちの思いは、「政治の腐敗による激しい貧富の格差を、いち早く是正しなくてはならない」といったもので、彼らに言わせれば、天皇の側近である奸臣達を駆逐して、政治を天皇陛下の元に取り戻し、日本を良くしようとした… という事になるのかも知れません。

 

 青年将校たちが軍部の「皇道派」であったと聞くと、ついつい右翼的思想が暴走した結果起きた事件だと思ってしまいますが、実際には、天皇を担ぎ上げているだけで、彼らの思想そのものは左翼的思想であって、それが、この二・二六事件の奇妙な所でもあります。

 

 これは、二・二六事件が終息してから、昭和天皇が側近に「日本もロシアの様になりましたね」と語った、という記録がある事からもわかります。

 

そもそも、青年将校達に影響を与えた、北一輝自身が、社会主義であり帝国主義という変わった思想家だった訳ですが、彼らにしてみれば、当時の日本は「重臣と財閥の独裁国家」であり、それに風穴を開ける為の武力行使だった、という事になるでしょう。

 

 当然ながら、昭和天皇が、これまでの日本に多大な功績を残した、高橋是清や斉藤実らの命を奪った青年将校たちの所業を許すはずもなく、彼らの行為は即反乱とみなされて、4日間で鎮圧され、青年将校たちは捉えられて、首謀者は全員銃殺刑となりました。

 

 本当に、不毛な物悲しさがだけが残る事件です。

 

 首謀者の中でも、磯部浅一という人は、母思いで学業優秀な苦労人だったと記録にありますが、処刑が行われるまでの獄中の日記に「成仏する事は譲歩する事だ、死ぬものか、成仏するものか…」と何度も書き綴り、軍部首脳に対してだけではなく、天皇陛下に対してまでも、怒りと恨みの手記を残しています。

 

 ちなみに、三島由紀夫は、いつも自分が書き上げた小説の原稿を、真っ先に母親に見せるという習慣があるのですが、書き上がった「英霊の声」の原稿を読んで、母親の倭文重(しずえ)さんは、「一度読んで、これは息子の書いたものではないと思った」と、述懐しています。

 

 三島由紀夫に、その事を問いただした所、「書斎で原稿を書いていると、どこからか声が聞こえてきて、手が自然に動き出してペンが勝手に紙の上をすべった。自分の意思でそれを止める事もできなかったし、後で手直ししようかと思ったが、それもできなかった」と、答えたという事です。

 

 ちょっとトリビアな話題になってしまいますが、三島由紀夫と大変親しかった、歌手の美輪明宏さんが、三島由紀夫と一緒にいる時に「三島さんの後ろに、二・二六の関係者の誰かが憑いている」と叫ぶと、三島由紀夫は「ほう、それは誰なんだい」と、青年将校の名前を一人ずつあげていったとか…

 

 それで、「磯部…」という名前が上がると、「それに間違いない」とピンときたとか…

 

 にわかには信じられない話ですが、例え肉体は滅んでも、目に見えないエネルギーが残るという事は十分考えらますし、そういう事もあるのかも知れません。

 

 なんだか、訳のわからない話になってしまいましたが、そんな悲しい事件も、もう80年以上も前の出来事…

 

 日本も、人と人とが殺し合う事によって、恨みや無念の思いが絶える事のなかった時代も終わり、少なくともそういった意味では、平和を取り戻しました。

 

 過去の先人たちは、誰もが、みんなが理想の世の中で暮らしていける事を夢見ていて、それを実現させる為の手段としては、まずいものもあったとは思うのですが、その純粋な気持ちだけは、変わらないと思います。

 

 もちろん、問題はまだまだ残されていますが、そんな先人たちの思いに感謝しつつ、今を生きていけたらと思います。

 

もし良かったら、クリックしてください(^^)


1 / 712345...最後 »