ブログ

幸せも不幸も、自分の心で作り出す18.01.25

2018年1月25日(木)

 

 今日は、パワーアップ女子会・番外編2018-転生記念日~の準備に、一日明け暮れていました。

 

 セミナーの出し物に関する事で、いろいろと取材をしようと、新宿NSビルの「サロン・デュ・ショコラ」を見てきたり、新宿をあちこち動き回っていました。

 

 これは日々思う事なのですが…

 

 僕も含めてみんな誰でもそうだと思うのですが、日々のコンディションは微妙に違うし、何をやってもついているという日もあれば、中には、やる事なす事全てが空回りで、ムシャクシャするような日もあると思います。

 

 「今日はムシャクシャするなあ… 」と思っていると、どういう訳か、電車の乗り継ぎの間が悪かったり、信号を渡ろうとする度に、決まって赤信号になったり… と、本当にタイミングが悪い事が続くものです。

 

 こういう日は、本来だったらすんなりいくような事も、忘れ物をしたり、うっかり道に迷ったりとかで、うまくいかなかったりと、とにかく散々な結果になります。

 

 それにしても、こういう日は、タイミングの悪い偶然が立て続けに起こるから、本当に不思議です。

 

 でも、ここで少し立ち止まって、ネガティブな感情にどっぷり浸かっている自分を、遠くから冷静に見つめてみると、案外、そのタイミングの悪い偶然というのは、単なる思い込みに過ぎないという事がわかります。

 

 調子が悪い時には、たまたま電車の乗り継ぎが悪かったり、歩いていて赤信号に出くわしたりすると、「なんで、こんなにツイてないんだ…」 と嘆くのですが、仮にこういう時に、電車がすんなり来たりしても、あんまり気にとまらなかったりします。

 

 ツイてない日というのは、まるで心がアトピーに罹ったみたいに、ちょっとした事が起こっただけでも、ものすごく過敏になったり、いつもなら腹を立てるような事の無い些細な事にも、どういう訳か腹を立ててしまいます。

 

 こういう時は、体中から不機嫌オーラが出ているので、思わぬ所で、人とトラブルになる事もあるでしょう。

 

 こうなってくると、もう「単なる気のせい」などという問題ではなく、本当に最悪の一日になってしまいます。

 

 ちなみに、コンディションの良い日は、本当に何をやってもツイているのかというと、冷静に考えると、そんな事はありません。

 

 調子の良い日だって、電車の乗り合わせが悪い時もあるし、信号を渡ろうとした途端に、タイミング悪く、赤信号になる事もあるのですが、そんな事は気にもならないので、意識に残る事もなく、忘れさられてしまいます。

 

 こういう日には、どんな些細な事でも、ちょっとラッキーな事が起こると、すごく嬉しくなるし、心から感謝の気持ちがわいてきます。

 

 そういう時は、体中から幸せオーラが出ているので、明るい人たちが集まってきて、自然と良くしてもらえたり、素敵な異性から声を掛けられるといった事があったとしても、不思議ではありません。

 

 結局の所、幸せも不幸も、自分の心で作り出しているに過ぎないという事がわかります。

 

 まれに、ただコンディションが良いという理由ではなく、何か大きなものに守られているように、何もかもがタイミングが合うという日も、人生の中にはあったりしますが…

 

(2013/2/26 パリ・ブログ 「あの日起こった奇跡」 参照)

 

 コンディションが悪くて、何をやってもタイミングが悪いという時、冷静に自分を顧みると、自らドツボにハマるような行動を取っているという事があります。

 

 どう考えても、一番時間が無駄になりそうな要領の悪い方法を試してみたり、普通ならまずしないような、失敗しそうな危なっかしい行動をとってみたりとか、わざと自分が不幸になりそうな事を好んでやりがちです。

 

 これは、自分の中に存在している破壊願望なのかも知れません。

 

 そんな時でも、冷静に自分に立ち返って、自分の事を見つめなおすと、そのコンディションが悪い状態から抜け出す事ができます。

 

 こういう時には、焦ったり、負けを取り戻そうとしない事ですね。

 

 ツイていない事が続いても、冷静になって、わざと呼吸をゆっくりしながら、落ち着いて行動してみる…

 

 そして、忘れかけていた感謝の気持ちを呼び覚まして、ニッコリと微笑む事ができた時には、すでに悪いコンディションから脱する事ができているはずです。

 

1 / 812345...最後 »